« 騙されてはいけない1563―今起こっている福島原発事故・「住民の被ばく量、精査不足はあるが不正行為には当たらない、東京大学の調査委員会・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「ロシアの素敵? ・・で、変な乗り物ZIL-29061・・!?」 »

2019年7月24日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ニューヨーク州で爪の除去術を法的に禁止・・のネコ!?」

 ネットのAFPの記事から、「ニューヨーク州で22日、同国初となるネコの爪を除去する手術の禁止法が施行・・」という話ですが、ネコに「爪の除去術をする」ということ知りませんでした。

 ネコは“爪”があってのネコだと思うので、ネズミを捕ったり、少し引っ掻いたりするのも愛嬌で、何か、リストカットのような引っ掻き傷は、チビがくれる勲章と思っているのです。

米バージニア州の植物園でねずみ駆除係として働くネコ(2019620日撮影、資料写真)。(c)Photo by Eva HAMBACH / AFP

01_20190724094501

 このネコは、『私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「活殺処分を免れた元野良猫たちがネズミ退治大活躍・・アメリカの首都ワシントンのネコ!?」』で紹介した園芸センターでネズミ退治の任務を担う元野良猫のルーです。

http://masaki-knz.cocolog-nifty.com/blog/2019/06/post-e6b8b5.html

 ただ、家具はチビのおかげでかなり酷いものがあり、私の古い洋服箪笥は駆け上るための引っ掻き傷だらけです。

 不思議というか、幸いなことに隣の仏壇は無傷です。

02_20190724094501

 障子も和紙のときは酷かったのですが、次男がネコ用?の破れ難いものにしてくれたので、今は大丈夫です。

03_20190724094501

『米NY、ネコの爪の除去術禁止法を施行 州では米国初

2019723 14:05 発信地:ニューヨーク/米国)

723 AFP】米ニューヨーク州で22日、同国初となるネコの爪を除去する手術の禁止法が施行された。違法とされている国もある抜爪(ばっそう)と呼ばれるこの習慣について、動物虐待であると糾弾してきた動物愛護運動家らは、今回の動きを歓迎している。

 ニューヨークのアンドルー・クオモ(Andrew Cuomo)州知事はこの日、6月に州議会で可決されていた整形を目的とした抜爪術を禁止する法案に署名。同法は即日施行された。

クオモ氏は声明で、「抜爪は無力な動物たちにとって、身体的にも行動的にも問題を生じうる残酷で痛みを伴う施術」だったが、「今日でそれは終わる」と述べた。

 正式には爪切除術と呼ばれる抜爪は、ネコの前足の骨の一部または全体を切除する手術で、米国では飼いネコが人間や家具を引っかかないようにするために広く習慣として行われている。

 だが、ニューヨーク州の新法は、この手術は激しい痛みを伴い、心理的障害をもたらすことがあり、また早発型の関節炎を招くこともあると指摘している。

 抜爪は英国やスイスをはじめとする欧州のほとんどの国では禁止されている。米国ではカリフォルニア州の数市ですでに禁止されているが、州法で禁止するのはニューヨーク州が初めてとなる。ただし、治療目的の抜爪は引き続き認められるという。(c)AFP

|

« 騙されてはいけない1563―今起こっている福島原発事故・「住民の被ばく量、精査不足はあるが不正行為には当たらない、東京大学の調査委員会・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「ロシアの素敵? ・・で、変な乗り物ZIL-29061・・!?」 »

ペット」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 騙されてはいけない1563―今起こっている福島原発事故・「住民の被ばく量、精査不足はあるが不正行為には当たらない、東京大学の調査委員会・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「ロシアの素敵? ・・で、変な乗り物ZIL-29061・・!?」 »