« 私の世界・面白い話のネタ―『「子供だったら、きっと気に入る!」、ウファの遊園地、ロシア・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1611―今起こっている福島原発事故・「福島第一原子力発電所 Eエリアタンク(フランジ型タンク)の残水から検出されたアルファ核種への対応(続報2)・・のEタンク以外のエリア!?」 »

2021年10月29日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―『イギリス、電動高速列車「ルモ(Lumo)」・・!?』

 ネットのAFPの動画記事から「英国で首都ロンドンとスコットランドのエディンバラを結ぶ格安高速列車「ルモ(Lumo)」の運行・・」という話ですが、見出しの"電動高速列車”が私には新幹線を言うに及ばず、列車は「電車に決まっているやん・・!」とチョット変な?感じがしました。。

電動高速列車「ルモ(Lumo)」(AFPの動画より)

01_20211029102801

 動画を見ると、関空に行く南海電鉄の特急ラピートを思い出しました。

03_20211029102801

 ロンドンとスコットランドのエディンバラ間は500km以上とおもわれるので短距離の特急ラピートよりも新幹線に近いコンセプトのようです。

02_20211029102801

 いいかどうかは別に、鉄道電化は日本では昔の話なのです。

 それと自動車の電化問題は別の話で、私的には全ての車のEV化には無理があると考えています

『電動高速列車「ルモ」 COP26開幕前に運行開始 英国

20211027 15:55 発信地:ロンドン/英国)

1027 AFP】英国で首都ロンドンとスコットランドのエディンバラを結ぶ格安高速列車「ルモ(Lumo)」の運行が始まった。電気のみを動力とする列車で、航空機に代わる環境にやさしい移動手段として披露された。

 運行企業のファースト・グループ(First Group)は21日、報道機関向け発表会で列車の初運行を行った。営業運行は25日に始まった。

ファースト・グループのマシュー・リー(Matthew Lee)氏は、「列車は航空機より6倍も環境に良く、これまで航空機で移動していた人たちに、ロンドン・エディンバラ間で最も環境に優しい移動手段であるルモを利用してほしい」と語った。

 また、スタッフの制服はすべてリサイクル可能で、車内で提供する食品も植物由来の材料を50%以上使用しているという。

 スコットランドのグラスゴーでは今月末、国連(UN)気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)が開幕する。リー氏は、「環境への意識はますます高まっている。COP26の開幕直前に運行が始まったのは素晴らしいタイミングだった」と述べた。』 映像は21日撮影。(c)AFP

|

« 私の世界・面白い話のネタ―『「子供だったら、きっと気に入る!」、ウファの遊園地、ロシア・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1611―今起こっている福島原発事故・「福島第一原子力発電所 Eエリアタンク(フランジ型タンク)の残水から検出されたアルファ核種への対応(続報2)・・のEタンク以外のエリア!?」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の世界・面白い話のネタ―『「子供だったら、きっと気に入る!」、ウファの遊園地、ロシア・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1611―今起こっている福島原発事故・「福島第一原子力発電所 Eエリアタンク(フランジ型タンク)の残水から検出されたアルファ核種への対応(続報2)・・のEタンク以外のエリア!?」 »