« 私の世界・面白い話のネタ―「地面効果を利用した新しい乗り物、ホバーバイクとシーグライダー・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1612―今起こっている福島原発事故・「福島第一原子力発電所 ガレキ類収納容器下部からの水の滴下について(続報2)・・!?」 »

2021年11月 1日 (月)

私の世界・知らない世界―「太陽で28日、大規模なフレアが発生・・!?」

 ネットのCNNのニュースから、「太陽で28日、大規模なフレアが発生し、30日にもその影響が地球に及びそう・・!」という話ですが、「各地でオーロラを観測できるようになる・・」程度のようで安心です。

ノルウェー北部ロフォーテン諸島で観測されたオーロラ=2018年3月9日/OLIVIER MORIN/AFP/AFP via Getty Images

01_20211101104001

 人類が電気をまともに使い始めたのは、まだ100年少し、本当に大規模な太陽フレアを近代都市は経験していません。

(発電、送電、変電、通信機器などニコラス・テスラがした交流電気は1900年ごろから普及)、

 強大な太陽フレアは発電や変電所に火災を起し大規模な停電が発生、停電だけでなく通信機器や設備の電子回路に不具合・ダメージを発生させます。

 核爆弾を高高度で破裂さすど強力な電磁波の影響下にある電子機器の兵器は使用不可になるのですが、太陽フレアと同じ状況です。

 私の場合、スマホなどの電子マネーやポイント、仮想通貨に手を出さない、信用しない理由は貧乏でお金がないからではありません?全てが"パー”というか、使えなくなる可能性があるのです。

 以下は、宇宙天気予報センター(https://swc.nict.go.jp/)の太陽フレア予報、心配なので時々見ることにしています。

00_20211101104001

・太陽の黒点が多くなるのは、太陽の活動が活発化しているのです。(図の赤丸部分)

OLIVIER MORIN/AFP/AFP via Getty Images

02_20211101104001

『米国や欧州の広い範囲でオーロラ観測の可能性、大規模な太陽フレアで

2021.10.30 Sat posted at 13:26 JST

(CNN) 太陽で28日、大規模なフレアが発生し、30日にもその影響が地球に及びそうだ。強力な磁気嵐を引き起こして、米国や欧州の各地でオーロラを観測できるようになる可能性がある。

米海洋大気局(NOAA)はフレアの地球到達を前に、30~31日にG3の「強い」磁気嵐があるとの警告を出した。このスケールにはG1の「軽微な」磁気嵐からG5の「極めて強い」磁気嵐までの5段階がある。

NOAAによると、こうした磁気嵐は電圧の乱れや、一部の保護装置の警報誤作動を引き起こす可能性がある。地球の太陽に照らされた側では、短波通信の障害や無線通信の途絶も起きる可能性があるという。

目に見える影響としては、オーロラの活動が活発となり、米国や欧州の広い範囲で観測できるようになる公算が大きい。

アラスカ大学フェアバンクス校地球物理学研究所のオーロラ予報によると、天気が良ければ、米国ではオレゴン州ポートランドからニューヨーク市にかけての地域でオーロラを観測できる可能性がある。

欧州でも天気が良ければ、ノルウェーやスウェーデン、フィンランドに加え、英スコットランドやロシアのサンクトペテルブルクでもオーロラを観測できる可能性があるという。

南半球でも、オーストラリアのメルボルンからニュージーランドのクライストチャーチに至る地域で地平線上にオーロラを観測できる可能性がある。』

|

« 私の世界・面白い話のネタ―「地面効果を利用した新しい乗り物、ホバーバイクとシーグライダー・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1612―今起こっている福島原発事故・「福島第一原子力発電所 ガレキ類収納容器下部からの水の滴下について(続報2)・・!?」 »

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

終焉の始まり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の世界・面白い話のネタ―「地面効果を利用した新しい乗り物、ホバーバイクとシーグライダー・・!?」 | トップページ | 騙されてはいけない1612―今起こっている福島原発事故・「福島第一原子力発電所 ガレキ類収納容器下部からの水の滴下について(続報2)・・!?」 »