« 私の世界・面白い話のネタ―『金と紫水晶からできた指輪、古代の「二日酔い対策」・・!?』 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「ケンタッキー州のモアヘッドにある米国最大級の温室・・!?」 »

2021年11月16日 (火)

私の世界・知らない世界― 『インドの首都ニューデリーで大気汚染が悪化・・・で“FIRMS”!?』

 ネットのCNNのニュースから、「インドの首都ニューデリーで大気汚染が悪化したことを受け、市内の学校への通学が15日から1週間、停止・・」という話です。

・視界が悪い中走る車=11月7日、ニューデリー/Money Sharma/AFP/Getty Images

02_20211116093301

 以前に、私の世界・面白い話のネタ―『インド、「アンチスモッグ砲」のトンデモ・・!?』で、インドの大気汚染の酷さをAFPが報じていることを紹介していますが、その時はNASAの“FIRMS”(Fire Map)を紹介していなかったので機械があればと思っていました。

 “FIRMS”を見ると世界中の火事の状況(その多く?は、「野焼き」と呼ばれる人為的なもの)が一目でわかります。

・インドのニューデリー北西部の火事(=野焼き)(図中に張り付けたニューデリーの位置は大体、正確では在りません)

01_20211116093301

『ニューデリーで大気汚染が悪化、通学を1週間停止

2021.11.15 Mon posted at 11:39 JST

ニューデリー(CNN) インドの首都ニューデリーで大気汚染が悪化したことを受け、市内の学校への通学が15日から1週間、停止となった。

デリー首都圏政府のケジリワル首相は大気汚染対策に関する緊急会合後の記者会見で13日、「子どもたちが外出して汚染された空気を吸わなくて済むように、オンラインで授業を継続する」と語った。

ケジリワル首相はまた、デリー首都圏政府の業務も1週間は在宅勤務で行い、民間企業にもできる限り在宅勤務を促すとした。14~17日の間は市内での建設活動を禁止する。

インドの中央汚染管理局(CPCB)によると、ニューデリー上空は何日も前から厚いスモッグに覆われていて、汚染物質が拡散しにくい気象条件や、農家の野焼きなど地域的要因のために状況が悪化した。

ケジリワル首相は「天気予報によると、14~17日にかけては風のない日が続き、デリー上空は引き続き野焼きの煙に覆われるだろう」と述べ、「状況が一時的に悪化する可能性もある」と付け加えた。

CPCBの国家大気質指数によれば、14日早朝のニューデリー周辺の大気質は非常に悪い状態にある。長期間にわたってこうした状況にさらされれば、呼吸器系疾患を引き起こす可能性がある。』

|

« 私の世界・面白い話のネタ―『金と紫水晶からできた指輪、古代の「二日酔い対策」・・!?』 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「ケンタッキー州のモアヘッドにある米国最大級の温室・・!?」 »

知らない世界」カテゴリの記事

終焉の始まり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の世界・面白い話のネタ―『金と紫水晶からできた指輪、古代の「二日酔い対策」・・!?』 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「ケンタッキー州のモアヘッドにある米国最大級の温室・・!?」 »