« 私の世界・面白い話のネタ―「ミスユニバース2021においてロシアを代表する少女、Ralina(ラリーナ)・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「コロンビアのエルドラド空港、タランチュラや昆虫数の密輸が・・!?」 »

2021年12月 3日 (金)

私の世界・知らない世界―「チリで、特異な形状の尾を武器にしていた新種の恐竜の化石・・のマガジャネス州!?」

 ネットのCNNのニュースから、「 南米チリで、特異な形状の尾を武器にしていた新種の恐竜の化石が見つかった・・』という話ですが、その発見場所のチリ南端パタゴニアのマガジャネス州、州名はマゼラン(Magallanes、マガジャーネス)から来たものです。

 マガジャネス州は。正確にはマガジャーネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州(Región de Magallanes y de la Antártica Chilena)、世界で最も長い州名かも知れません。

・装甲に覆われた恐竜の新種「ステゴウロス・エレンガッセン」/Mauricio Alvarez

02_20211203105501

・「ステゴウロス・エレンガッセン」の化石はチリ南端パタゴニアのマガジャネス州で出土した/Courtesy Sergio Soto

03_20211203105501

<マガジャーネス・イ・デ・ラ・アンタルティカ・チレーナ州>

Región de Magallanes y de la Antártica Chilena

01_20211203105501

XII州(第十二州)は、南アメリカ大陸チリ共和国最南部にある州である。州都は、プンタ・アレーナス(Punta Arenas、スペイン語で「砂の岬」を意味する)。

州名はマゼラン(Magallanes、マガジャーネス)海峡地域とチリ領南極の意味。

『風変わりな尻尾が武器、装甲恐竜の新種発見 チリ

2021.12.02 Thu posted at 12:56 JST

(CNN) 南米チリで、特異な形状の尾を武器にしていた新種の恐竜の化石が見つかった。チリ大学の研究チームが1日の英科学誌ネイチャーに発表した。

この恐竜の体長は約2メートル。装甲に覆われたアンキロサウルスと呼ばれる恐竜の仲間で、7170万~7490万年前ごろの白亜紀後期に生息していた。発見されたのは2018年で、チリ南端パタゴニアのマガジャネス州で、化石化したほぼ完全な骨格が出土し、「ステゴウロス・エレンガッセン」と命名された。

特異なのは、ほかのどの装甲恐竜とも違う大きな尾だった。2対のとげがあるステゴサウルスの尾や、こん棒のようなアンキロサウルスの尾とも異なり、ステゴウロス・エレンガッセンの尾は7対の平たい骨が重なり合って融合し、シダの葉のような構造を形成していた。

「この尾は極端に変わっていて、恐竜にしては短く、後ろ半分は皮骨(皮膚に生える骨)に包まれて、独特の(尾の)武器を形成していた」。論文筆頭筆者でチリ大学の博士課程に在籍するセルヒオ・ソト・アクーニャ氏は電子メールでそう解説している。

同氏によると、この恐竜の尾は、ガラガラヘビや、トゲオアガマと呼ばれるトカゲの仲間の尾に似ているが、うろこの下に本物の骨があるところが違っていた。最もよく似ているのは、絶滅した巨大アルマジロの尾だという。

恐竜の名の「ステゴウロス」はギリシャ語で「屋根付きの尾」の意味があり、「エレンガッセン」はパタゴニア地域の先住民アオニケンクの神話に登場する鎧(よろい)獣に由来する。』

|

« 私の世界・面白い話のネタ―「ミスユニバース2021においてロシアを代表する少女、Ralina(ラリーナ)・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「コロンビアのエルドラド空港、タランチュラや昆虫数の密輸が・・!?」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の世界・面白い話のネタ―「ミスユニバース2021においてロシアを代表する少女、Ralina(ラリーナ)・・!?」 | トップページ | 私の世界・面白い話のネタ―「コロンビアのエルドラド空港、タランチュラや昆虫数の密輸が・・!?」 »