« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『ネコの名、PhilとPusya、Vasya!って・・のネコ!?』 | トップページ | 騙されてはいけない1630―今起こっている福島原発事故・「1号機原子炉格納容器内部調査(ROV-A2)、3月16日までの作業状況・・!?」 »

2022年3月24日 (木)

私の世界・知らない世界―「ロシア富豪、2隻の豪華ヨットを制裁逃れでトルコへ・・のオリガルヒ達!?」

 ネットのAFPの記事から、ロシア富豪が「エクリプス」と「ソラリス」という2隻の豪華ヨットを制裁逃れ?でトルコへ・・」という話です。

・トルコ・マルマリスに入港したロシア人富豪ロマン・アブラモビッチ氏のヨット「エクリプス」(2022322日撮影)。(c)fatih Cetin / AFP

01_20220324091101

・トルコ・ボドルムに入港したロシア人富豪ロマン・アブラモビッチ氏のヨット「ソラリス」(2022321日撮影)。(c)IHLAS NEWS AGENCY

02_20220324091101

 ・・で、その・トルコのマルマリス(○印)とボドルムの場所とハーバーです。全長160メートルというヨットはもの凄く大きいのです。

04_20220324091101

<ロマン・アルカディエヴィッチ・アブラモヴィッチ>

Роман Арка́диевич Абрамо́вич19661024-

03_20220324091101

ユダヤ系ロシア人の実業家(石油王)。個人的な投資会社ミルハウス・キャピタルのオーナーであり、寡頭資本家(オリガルヒ)の一人。また、チュクチ自治管区知事を務めた政治家でもある。『フォーブス』によれば、187億ドルの純資産を持っている。また、プレミアリーグのチェルシーFCのオーナーを務めていた。しかし、英国政府からウラジミール・プーチン大統領との関係において制裁を受けておりチェルシーFC運営に厳しい制約をかけられている。・・・(=ウィキペディア)

オリガルヒ(Олига́рх,: oligarch

ロシアやウクライナ等旧ソ連諸国の資本主義化(主に国有企業の民営化)の過程で形成された政治的影響力を有する新興財閥。名称は寡頭制を意味するギリシャ語 λιγάρχης (oligárkhēs) にちなむ。(=ウィキペディア)

  • 主なロシアのオリガルヒ(現在も活動中のもの)(ウィキのリスト)

・ガスプロムグループ: ヴィクトル・チェルノムイルジン、レム・ヴャヒレフ、アレクセイ・ミレル

・ルクオイルグループ: ヴァギト・アレクペロフ

・シブネフチグループ: ロマン・アブラモヴィッチ、ロスネフチ: セルゲイ・ボグダンチコフ

・統一エネルギーシステム: アナトリー・チュバイス

・ロシア・アルミニウム(ルサール): オレグ・デリパスカ(オレグ・ジェリパスカ)

・アルファ・グループ(アリファ・グループ): ミハイル・フリードマン、ピョートル・アベン(ピョートル・アーヴェン)

・インターロス・グループ(ノリリスク・ニッケル): ウラジーミル・ポターニン、ミハイル・プロホロフ

・ノボリペツク製鉄所: ウラジーミル・リシン

・レノヴァ: ヴィクトル・ヴェクセリベルク

・システマ: ウラジーミル・イェフトゥシェンコフ

・セヴェルスターリ: アレクセイ・モルダショフ

・ロステック: セルゲイ・チェメゾフ

・メトロポールグループ: ミハイル・スリペンチュク

・ストロイガスモンタージュ:ボリス・ロマノヴィチ・ローテンベルク、アルカディ・ローテンベルク

 

『アブラモビッチ氏の豪華ヨット2隻、トルコに入港

202232219:57 発信地:イスタンブール/トルコ)

322 AFP】サッカーイングランド・プレミアリーグのチェルシー(Chelsea)のオーナーであるロシア人富豪ロマン・アブラモビッチ(Roman Abramovich)氏が所有する豪華ヨット2隻がトルコの港に入った。現地メディアが22日、報じた。ロシアのウクライナ侵攻を受け、欧州各国はロシアの政府や新興財閥(オリガルヒ)に制裁を科しているが、トルコは行っていない。

 海上交通追跡ウェブサイトの情報を引用した現地紙によると、全長160メートルのヨット「エクリプス(Eclipse)」が22日早朝に南西部のマルマリス(Marmaris)に入港した。

 21日には、同じく南西部のリゾート地ボドルム(Bodrum)の港で、全長140メートルの「ソラリス(Solaris)」が撮影されていた。同船は1週間余り前には、EUに加盟していないモンテネグロに寄港していた。

 ロシアの富豪が所有するヨットは、制裁の一環として複数の国で差し押さえられている。トルコは北大西洋条約機構(NATO)の加盟国である一方、ロシア、ウクライナ両国と強いつながりがあり、対ロ制裁は発動していない。』(c)AFP

|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『ネコの名、PhilとPusya、Vasya!って・・のネコ!?』 | トップページ | 騙されてはいけない1630―今起こっている福島原発事故・「1号機原子炉格納容器内部調査(ROV-A2)、3月16日までの作業状況・・!?」 »

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

終焉の始まり」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『ネコの名、PhilとPusya、Vasya!って・・のネコ!?』 | トップページ | 騙されてはいけない1630―今起こっている福島原発事故・「1号機原子炉格納容器内部調査(ROV-A2)、3月16日までの作業状況・・!?」 »