« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »

2023年3月

2023年3月30日 (木)

騙されてはいけない1647―今起こっている福島原発事故・「1号機原子炉格納容器内部調査ROV-A2調査 1日目の状況 ぺデスタルのコンクリが溶け鉄筋が剥き出しに・・!?」

 東電のHPにあるニュースリリースの参考資料2023329日「福島第一原子力発電所 1号機原子炉格納容器内部調査ROV-A2調査 1日目の状況について」からです。

101

 以下は東北電力の資料からぺデスタルの構造の説明と、ぺデスタルのコンクリが溶け落ち鉄筋が剥き出しになっている画像(写真1)を拡大加工したものです。

100

| | コメント (0)

2023年3月25日 (土)

騙されてはいけない1646―今起こっている福島原発事故・「ノッチタンクの濃縮廃液移送・・全β濃度が3.4×10**8ベクレル/㍑を約65トン!?」

 東電のHPにあるニュースリリースの参考資料2023323日「福島第一原子力発電所 蒸発濃縮装置ノッチタンクの濃縮廃液移送について」からです。

 東電は、「震災当初、汲み上げた建屋滞留水を原子炉注水として再使用するため、淡水化装置及び蒸発濃縮装置を使用していました。具体的な運用としては、蒸発濃縮装置にて、蒸留された水を原子炉注水として使用し、濃縮した水を濃縮廃液として貯留していました。(蒸発濃縮装置は201212月に運用停止済み)」と今頃!、濃縮水タンク(ノッチタンク5基)に保管している濃縮廃液(約65m3、全β濃度:3.4×10**8ベクレル/))をノッチタンクから濃縮廃液貯槽のブルータンクへの移送を言い出したました。

 基本的にノッチタンクは仮貯蔵用で、「何を今さら・・!」という感じです。

01_20230325085501

 全β濃度が3.4×10**8ベクレル/㍑を約65トンで、余りにも高濃度で移送のトラックの被爆低減対策(=遮蔽等)や濃縮廃液を薄めて処理しなければならない程?なのです。

| | コメント (0)

2023年3月22日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―「スイスが安全な投資先でなくなる・・!?」

ネットのBBCの解説記事から、今回のクレディ・スイス銀行の問題で「スイスが安全な投資先でなくなった・・?」という話です。

つまり、「167年の歴史を持つ銀行が数日のうちに壊れ、多くの雇用を奪い、株価を大幅に下落させるシステムになり、スイスが安全な投資先であるという評判を落とすことになった・・」ということで、みんなが享受しているネット情報社会の『負の恩恵の始まり!』かもしれません。

ただし、「安全な投資先がなくなる」ということは良いこともあります。

世界の大金持ち、特に独裁者やマフィアが安閑としてスイスの銀行に秘密口座を持てなくなったということは、何か?少し愉快な気がします。

 

『【解説】クレディ・スイス買収、最大の損失は「安全な投資先」スイスの評判

2023320日:イモーゲン・フォークス(ジュネーヴ)】

 

・スイス金融大手クレディ・スイスとの別れの時がやってきた。同行は1856年の創業以来、スイスの金融セクターの柱であり続けてきた。2008年の金融危機では、ライバルのUBSのように政府の救済を受けることなく、嵐を乗り越えた。そのUBSが今回、クレディ・スイスの救済者となった。

近年では、スイス・テニス界の神といえるロジャー・フェデラー氏が、クレディ・スイスのマーケティングの顔になっていた。こちらに微笑みかけるフェデラー氏のポスターが、スイス各地の空港に貼られていた。それは、強さや卓越性、持続力、そして信頼性の象徴だった。

しかし、この華やかなプロモーションの裏には、いくつかの大きな問題があった。経営陣の分裂や、2021年に破綻した金融会社グリーンシル・キャピタルへの高額投資、マネーロンダリング(資金洗浄)をめぐる有罪判決、そしてここ数カ月の顧客の信頼低下により、クレディ・スイスからは数十億ドルが引き出された。

クレディ・スイスの株式の10%近くを保有する、筆頭株主のサウジ国立銀行が、追加出資しない方針を示唆したことで、信頼性への疑念は一気に高まった。

クレディ・スイスの株価は暴落。スイス国立銀行(SNB、中央銀行)が「銀行市場の混乱による、スイスの金融機関への直接的な伝染のリスクがあることを示す兆候はない」と表明し、最大500億スイスフラン(約71000億円)の金融支援も申し出たものの、事態を安定させることはできなかった。

・居眠りしていた?

では一体、どうしてこんなことが起きたのだろうか。

15年前の金融危機の後、スイスは自国の大手銀行に対して、厳格な「大きすぎてつぶせない」法を導入した。UBSがそうだったように、自国の納税者が自国の銀行を救済するようなことは二度とあってはならない、という考えからだった。

しかし、今回UBSが買収することで合意したクレディ・スイスは、まさに「大きすぎてつぶせない」銀行だ。理論上、クレディ・スイスには今週起きた大惨事を防ぐための資本があった。

それに理論上は、スイスの金融規制当局とSNBはシステム上重要な銀行を監視しており、大惨事が起こる前に介入することができる。

先週クレディ・スイスの株価が急落し、世界中が懸念の声を上げているのに、スイスからは何も聞こえてこなかったのは奇妙だった。

スイスメディアでさえ、英紙フィナンシャル・タイムズの見出しに気が付かず、永世中立の立場を取るスイスがロシアの侵攻を受けるウクライナにどれだけの支援を行うべきかという議論に関心を寄せているようだった。

気付いた時には、クレディ・スイスは救いようがないほどのダメージを受けていた。その影響はスイスだけでなく、欧州の金融セクターを脅かしつつあった。

政府が緊急会合を開いて解決策を模索する中、首都ベルンにはパニックのにおいが漂い出していた。

スイスのアラン・ベルセ大統領は、「クレディ・スイスの制御不能な崩壊は、この国や国際金融システムに計り知れない影響を与えるだろう」と述べ、同行の買収を発表した。

クレディ・スイスのメルトダウンを防ぐために行動すべき人が居眠りをしていたという結論は避けられないと、一部のスイス国民は指摘している。

・スイスの評判を落とす

この注意不足が、大きな代償を招くことになった。UBSによる、約30億ドルという比較的少額での買収は、クレディ・スイスにとって屈辱的であるだけでなく、同行の株主を相当貧しくさせることになりそうだ。

また、おそらく数千人規模の雇用が失われることになる。クレディ・スイスとUBSの支店は、スイスのほぼすべての町に置かれており、買収が完了すれば、UBSがそれら全ての営業を続ける意味はほとんどないだろう。

しかし、この一連の動きによる最大の損失はたぶん、スイスが安全な投資先であるという評判を落とすことだ。

フィリピンのフェルディナンド・マルコス元大統領やコンゴ民主共和国(旧ザイール)のモブツ・セセ・セコ元大統領などの独裁者の秘密口座や、麻薬密輸のボスや脱税者のマネーロンダリングをめぐるスキャンダルにもかかわらず、スイスの銀行はフェデラー氏に象徴される「強くて、信頼できる」という評価をどうにか維持してきた。

しかし、いまではどうだろうか。167年の歴史を持つ銀行が数日のうちに壊れ、多くの雇用を奪い、株価を大幅に下落させるシステムになってしまったのではないだろうか。

今回の出来事は、大きな風評被害をもたらす可能性がある。スイスの銀行セクターも金融規制当局も、そして政府も、買収が最善の解決策だと主張してはいるが。

結局は土壇場になって、それしか解決策がなかったわけだ。政府や金融当局は今後、いくつかの厳しい問いを突き付けられることになるだろう。

| | コメント (0)

2023年3月10日 (金)

騙されてはいけない1645―今起こっている福島原発事故・「1号機原子炉建屋内の環境改善 原子炉補機冷却系熱交換器の内包水の水抜き・・セシウム137で1.34×10**10ベクレル/㍑!?」

東電のHPにあるニュースリリースの参考資料202337日「福島第一原子力発電所 1号機原子炉建屋内の環境改善 原子炉補機冷却系熱交換器の内包水の水抜き(熱交換器(C)入口配管内包水の分析結果)」からです。

東電は「・・抜いた水を希釈したうえで原子炉建屋地下階へ排水し、滞留水として処理・・」としていますが、抜いた水を希釈せずタンクに貯留すればよいことです。

もう汚染水貯留タンクが満杯ということか、滞留水として処理するというのがアルプス(多核種除去設備(ALPS))での処理のことを意味するなら希釈は二度手間となります。

<アルプス処理>

・多核種除去設備(ALPS)などを使って「汚染水」からトリチウム以外の放射性物質を規制基準以下まで取り除いたものが「ALPS処理水」

01_20230310101901

03_20230310101901

02_20230310101901

 

| | コメント (0)

2023年3月 9日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『“ネコ火曜日”の意味をチャットGPTで調べたら?・・のネコ!?』

ロシアの生活情報サイト“yaplakal”(“Яплакал”)に“Котовторниковское”:「ネコ火曜日 」という投稿がよく出て来ます。

 “Котовторниковское”はそのままだと訳せないのですがネコのКотоと火曜日のвторниковскоеを合成したもの、「ネコ火曜日」又は「火曜日ネコ」です。何故ネコが火曜日なのか意味不明です。

 試しに、CHATGPTで聞いてみました。

<質問>

ロシア語のКотовторникはネコ火曜日と訳せますが、ロシアでは猫と火曜日はどのような関係、もしくは意味ですか

<回答>

ロシア語の「Котовторник (Kotovtornik)」という単語は、「ネコ火曜日」という意味があります。しかし、この言葉には明確な文化的な背景があります。

ロシアの民間伝承には、猫が火曜日に特別な役割を持っているという信念があります。火曜日は一般的に不吉な日とされており、猫はその不吉な日を避けることができるとされています。また、猫は病気や災難を回避する力を持っていると信じられています。

そのため、ロシアでは火曜日に猫を特別扱いするようになりました。猫にはご馳走を与えたり、特別なケアを施したりすることがあります。また、「Котовторник (Kotovtornik)」という言葉は、猫を祝う火曜日として広く知られています。

総じて、ロシアでは「Котовторник (Kotovtornik)」は、猫を祝う火曜日として特別な意味を持っています。

 

 何か凄い!というか、これまでの“喉のつっかえ”が取れた感じです。

CHATGPTの公式サイトは、検索してウィキの後ろにあるものを使うと良いと思います。

グーグルなどのアカウントを持っていればそのメールアドレスとパスワード入力でOKです。

| | コメント (0)

« 2023年2月 | トップページ | 2023年4月 »