« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『イランの猫博物館・・のネコ!?』 | トップページ | 『「性交同意年齢」、16歳に引き上げ・・と、J-POPの捕食者問題・・!?』 »

2023年6月 6日 (火)

私の世界・面白い話のネタ―「インド、バハナガで列車三重衝突事故・・!?」

 ネットのCNNの記事から、「インド東部オディシャ州のバハナガで2日に起きた列車衝突事故・・」ですが、「確認された死者は275人に上り、負傷者は1000人を超え・・」で、“史上最悪級”は何時ものように信号が故障のようです。

・壊れた車両で捜索を行う作業員/Dibyangshu Sarkar/AFP/Getty Images

Aa_20230606075201

・同じくBBCの写真(ロイターより)

  Bb_20230606075201 BBCの写真で見ると、「よくそれで済んだなあ・・!?」と思うような事故で、「コルカタからチェンナイに向かっていた特急列車がループ線に誘導され、バハナガ・バザール駅に停車していた大型貨物列車に衝突。車両が脱線して反対側の線路にはみ出したところへ、進入してきた別の特急列車が衝突・・」という三重衝突です。

 ・・でその場所です。

01_20230606075201

 事故現場は駅のコルカタ側(北側)の引き込み線(=ループ線)で起きたものが始まりです。

03_20230606075201

『死者275人、目撃者が語る列車事故の惨状 信号故障が原因か インド

2023.06.05 Mon posted at 14:36 JST

インド・バハナガ(CNN) インド東部オディシャ州で2日に起きた史上最悪級の列車衝突事故で、当局は信号故障が惨事を引き起こした可能性があるとみて捜査に乗り出した。生存者の捜索は終了し、4日には横転した車両が線路上から撤去された。

4日までに確認された死者は275人に上り、負傷者は1000人を超えている。

当局が列車の運行再開を急ぐ中、現場では猛暑の中で線路の修復作業が続けられている。列車は運休が続いており、被害者の家族は現場まで行く手段を自力で見つけなければならない状況にある。

地面には乗客の荷物が散乱し、スーツケースやかばん、くつなどが線路上に並べられている。つぶれて側溝にはまった車両や、横倒しになった車両もある。

現場近くのバハナガの町でサッカーをしていたという37歳の男性は事故発生時の様子を「地震だと思った」と振り返る。

現場に駆け付けたところ、横転した車両の中に何百人もの乗客が閉じ込められて、真っ暗闇の中で出口を探そうとしていたという。男性たちは携帯電話のライトを使い、捜索救助活動を開始した。

「たくさんの叫び声や鳴き声が聞こえた。車両が横転してつぶれていたので、誰も脱出できなかった」。そう語る男性は車両から28人を救出。運び出した遺体は数えきれないと話した。

犠牲者の多くは4日の時点でまだ身元が確認できていない。死者の数は当初288人とされていたが、二重計上があったとして275人に訂正された。

一等客車に乗っていたという乗客は、衝突の惨状について、車両が互いに折り重なり、乗客は車両の残骸に押しつぶされ、至る所に血が流れていたと振り返った。

インド国民は憤りを募らせ、1日に1300万人以上が利用する鉄道の安全問題に向き合うよう、当局に求める声が改めて強まった。

インド鉄道相は4日、今回の事故について「電子連動装置の変更」が原因で発生したと語り、捜査を通じて「この過ちの責任の所在」を追及すると語った。

鉄道相は現地の通信社に「原因が特定され、誰に責任があるのかも特定された」と話しているが、政府が報告書を公表するまで詳細は控えるとした。

鉄道関係者によると、コルカタからチェンナイに向かっていた特急列車がループ線に誘導され、バハナガ・バザール駅に停車していた大型貨物列車に衝突。車両が脱線して反対側の線路にはみ出したところへ、進入してきた別の特急列車が衝突した。

鉄道省高官は4日、列車が128キロで走行していたことや、特急が衝突した貨物列車が鉄鉱石を積んでいたことが、大勢の死傷者が出る事態につながったと指摘。もう一つの特急も126キロの速度で、脱線した列車に衝突したと説明した。

インドの鉄道網は160年以上前、英国の植民地時代に建設された。老朽化したインフラのために運行の遅れや事故は後を絶たず、過去にも大勢の犠牲者を出す事故が発生。140人以上が死亡した2016年の脱線事故を受けてモディ首相は、多額を投じて安全性と接続性の向上を目指すと発表していた。

|

« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『イランの猫博物館・・のネコ!?』 | トップページ | 『「性交同意年齢」、16歳に引き上げ・・と、J-POPの捕食者問題・・!?』 »

面白話・話のネタ」カテゴリの記事

知らない世界」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『イランの猫博物館・・のネコ!?』 | トップページ | 『「性交同意年齢」、16歳に引き上げ・・と、J-POPの捕食者問題・・!?』 »