ペット

2017年6月27日 (火)

私の世界・知らない世界―「ドイツのノイビート(Neuwied)動物園、バーバリライオンの家族・・!?」

ネットのAFPの記事から、「ドイツ西部ノイビート(Neuwied)にある動物園で26日、バーバリライオンの家族の姿が・・」という話で、何はともあれそのAFPの写真ですが、何でこんなにネコ族は魅力的なんでしょう?

ドイツ西部ノイビートにある動物園で飼育される、バーバリライオンの赤ちゃんと父親シュレーダー(2017626日撮影)。(c)AFP/dpa/Thomas Frey

01

02

03

『赤ちゃん5頭の姿も、バーバリライオンの家族 独動物園

20170627 09:42) 

627 AFP】ドイツ西部ノイビート(Neuwied)にある動物園で26日、バーバリライオンの家族の姿が見られた。419日に同動物園で、雄のシュレーダー(Schroeder)と雌のザル(Zar)のもとに5頭の赤ちゃんライオンが誕生した。(c)AFP

以前にバーバリライオンを調べたときは、「絶滅後混血種の飼育下繁殖は現在でも行われており、フランスの動物園で50頭ほど飼育・・」ということでした。

 ウィキを見直すと、「その後、原産地のモロッコのムハンマド5世の私的動物園で、かつて献上品として捕獲されたバーバリライオン達が飼育され続けており、全世界で確認されている個体数の半数にあたる32頭もの純血種の個体群がまだ生き残っていた事実が判明。2012年に首都ラバトに開園したラバト動物園にて、繁殖の取り組みが行われている。また動物園開業直後には3頭の子ライオンが誕生するという明るいニュースが・・」という話、その子達がドイツのノイビートの動物園(Förderverein Zoo Neuwied)に贈られたのかも知れません。

なお、バーバリライオンの記事は以下です。

http://masaki-knz.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-1458.html

 ウィキよりノイビートの動物園(Förderverein Zoo Neuwied)の様子が分かる写真です。

動物園の入り口と野外のブラックバック、室内展示場

04


猿の家や屋外エリアとペンギンプール

05


動物園の敷地からエンガー(Engers)集落とミュールハイム=ケルリヒの街を見る(Engers:ライン川の右岸に最古のローマの集落)

06

動物たち

07

 ・・で、そのノイビートの動物園(Förderverein Zoo Neuwied)の場所とストリートビューですが、バーバリライオンの子供の写真もあります。

イビートの動物園(Förderverein Zoo Neuwied)の場所

09

ストリートビューの写真で・・

 

08_2




 ストリートビューの写真のほうが新しそうでで、若干営業妨害(見に行かなくてもよくなりそう?)なので少しだけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月26日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“犬を仕事に連れて行く日”を邪魔・・のネコ!?」

ネットのBBCのネコ関連記事の「“犬を仕事に連れて行く日”を邪魔のネコ」:“Cats invade 'bring your dog to work day'”という写真と動画集からです。

注)そのネタ元の“Take Your Dog to Work Day”はPSI(Pet Sitters International)というアメリカのノースカロライナ州キングにあるペットシッター専門の教育協会? の623日に行なうイべント、それは「Pet Sitters InternationalInc.の登録商標」なんだそうです。

BBCの「“犬を仕事に連れて行く日”をネコが邪魔」は少し変? という、茶化している感じもあります。

マウスも使い

06

キーも打てる・・

05

ただ、寝るだけも・・

04

「何で、“Take Your Cat to Work Day”はないの・・?」

03

「入ってくんなよ・・!」

02

「出て行って!」・・のネコ

01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月25日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「人のようにネコにも望みがある・・のネコ!?」

ネットの“funnycatpix.com”から、最初のこの子たち仕草や表情が面白く、素敵な良い感じなので、「人のようにネコにも望みがある・・のネコ!?」に相応しいと思える「いろいろな表情のネコたちの写真」を適当に選択・編集です。

「ねえ、何処行くの? 僕、連れてってくれへんの・・!?」

03

遠くへ行きたい!

01

ライオンみたい、強くなりたい!

02

貰って欲しいの・・

05

やさしい飼い主

07

それと、友達が居て

08

たまには豪華な・・

04

安穏で、少し怠惰な生活

09

凄いジャーン! と、爽やかな目覚め・・(あれ? 夢かも・・)

06

話の続き;いつも、「“願いや望み”は叶えられる」という話、「昔から生物(人に限らない)の脳は、そのような機能を持つように作られている」を言ってるのですが、この間の緊急入院は「療養生活を少し・・」と思った所為だし、最近「前に入院したときお世話になった看護師さんに会ってみたい・・」感が募っていたところ、緊急入院の翌日に目が覚めると一番会いたいKさんが覗き込んでいて、「覚めましたか、おはようございます・・」、「えぇ、Kさん!」となりました。

ただし、入院した夜は「眩暈が何時起こるかも? 状態」が続くと、「自転車も乗れへんし、何も、出来ひんことになる・・」という不安と物理的眩暈で夕食も喉を通らず、ほとんど眠れない状態でした。(別に、トイレの不安も?)

つまり、「“願いや望み”は叶えられる・・けど、良いことばかりは続かない」が大原則です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月23日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「イギリスのネコは昔、中近東やエジプト、リビアからやって来た・・のネコ!?」

ネットのBBCのネコの記事の「ネコはどのように古代の世界を席巻し、生き抜いて来たのか?」:“How cats conquered the ancient world”からですが、前回のネコ物語・「石器時代から飼われ、飼いネコの祖先リビアヤマネコ・・のネコ!?」の続き、ネコ物語・「イギリスのネコは昔、中近東やエジプト、リビアからやって来た・・のネコ!?」という話、内容は同じようなものですが、「今起こっている難民みたい・・」なのとタビー(tabby)君のいい顔にご容赦下さい。(ついでに、適当な翻訳なので間違いもご容赦・・)

とらネコ(タビー:tabby)は賞賛される美しさ

01

tabby:縞(しま)模様のとら猫

イギリスの国内のネコは、もともと、野生の猫から飼われた

02

 

その種の主な研究によるとイギリス国内のネコは、最初は中近東、もう一回はエジプトの2つの時代に飼われた野生のネコの子孫です。

中近東の農民は、おそらく約9000年前に野生のネコの飼いならした最初の人々で、その数千年後、海上の貿易ルートに沿って古代エジプトからネコが広がって行きました。今日、ネコは南極大陸を除くすべての大陸に住人です。

科学者たちは、穀物庫に引き寄せられたネズミを狙って農場の周りに居ついた野生のネコが人間との長い関係を始めたと考えています。

そして、ネコはシップ・キャット(船のネコ)として古代の世界全体に非常に効率的に広がり、現在でもその両方の系統のネコが存在しています。

ラットキャッチャーからペットまで

ネコはいつも家の周りにいる怠惰な生き物ではなく、彼らは完全に家畜になる前から、何千年もの間、船や農場でラットキャッチャーとして働きました。

「私は“ネコが人間の会社を選んだ”と言いたいのですが、それは両立していました。両者にとって有益だったのです」とパリにあるジャック・モンド研究所のゲイグル(Geigl)博士は説明します。

この研究では、バイキング墓地、エジプトミイラ、石器時代の遺跡などから採取された200種以上の古代の猫遺跡から、ミトコンドリアDNA(母系に引き継がれる)を抽出しました。

DNAの証拠は、農業が始まった中近東で約9000年前にネコの家畜化が始まったことを示しています。農夫は恐らく野生のネコを飼いならし、そして偶然にまたは意図的に彼らを旅行に連れて行く最初の人々でした。

古代エジプトでは、ネコの飼育の第二の波が起こった。ネコはローマ時代にヨーロッパに広がり、バイキング時代にさらに進んだ。エジプトのネコのDNAはバイキングが屯した港でさえ発見され、ネコは北ヨーロッパへ海上の貿易ルートで運ばれたことが示唆されました。

意外にも、タブビー(tabby:トラネコ)は中世にしか現れず、DNAの証拠によると、14世紀のトルコの西部のネコに、斑点を生じる遺伝子突然変異が出現しました。

数百年にわたり、ネコは実用的なスキル(ネズミ取り)ではなく美しさで賞賛されたので、世界中にタブビー(tabby)が広がりました。

「犬とは対照的に、19世紀になってからはネコの繁殖や選抜がほとんど行われていなかった」とゲイグル博士は語った。 「猫は当初から役立ちました。変更する必要はありませんでした」

今日、さまざまな模様や変わった毛皮を持つ多くの品種のネコ、バンビーノ(Bambino:毛のない短い猫)からコーニッシュレックス(Cornish Rex:羽毛のコートとWhippetのようなボディ)のエキゾチックな品種が含まれています。

バンビーノ(Bambino:毛のない短い猫)

03

コーニッシュレックス(Cornish Rex:羽毛のコートとWhippetのようなボディ)

04

私的な感想ですが、「まざまな模様や変わった毛皮を持つ多くの品種のネコ」にバンビーノとコーニッシュレックスを取り上げるのは、ゲイグル博士は“ネコ好き”でも、“かなりの変わりもの”好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月21日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「石器時代から飼われ、飼いネコの祖先リビアヤマネコ・・のネコ!?」

ネットのAFPの記事から、「ネコは古代エジプトを「征服」するはるか以前、石器時代に飼われていたとする研究論文が発表・・」と言う話、それも「原産地を出て世界に拡散した最初の野生ネコで、今日の飼いネコの祖先となったのは、リビアヤマネコ(学名:Felis silvestris lybica)」ということで、今回はネコ物語・「石器時代から飼われ、飼いネコの祖先リビアヤマネコ・・のネコ!?」です。

 ウィキよりそのリビアヤマネコの解説と写真です。

リビアヤマネコ:ヤマネコの一亜種。体長約50-70センチメートル、今日では愛玩用として世界で広く飼育されているイエネコの先祖であると考えられる。アフリカヤマネコとも。リビアヤマネコは131,000年前に、他の亜種から分化されたとされ、アフリカ北部、中近東、アラル海までの西アジアに生息し、げっ歯類などの小型の哺乳類のほか鳥類、爬虫類、昆虫、果実などを捕食対象とする。(=ウィキペディア)

Photo


 リビアヤマネコ(Felis silvestris lybics)はアフリカ北部、中近東、アラル海までの西アジアに生息域(図のピンクのエリア)としています。

2007年のDNA解析によるヤマネコ Felis silvestris 5亜種の分布(ウィキより)

01

 図の赤の中国付近の小さなエリアに生息するのはハイイロネコ(別名中国山猫、学名:Felis silvestris bieti)です。

ハイイロネコ(学名:Felis silvestris bieti

中国西部に自生する小型の野生の猫である。ネコ属では最も知られていない種である。2007年に発表された研究によると、ハイイロネコはヤマネコの亜種に近いことが分かり、もしそうであれば学名はFelis silvestris bietiとなる。毛の色を除いて、身体的な特徴はヨーロッパヤマネコと良く似ている。29-40cmの尾を除いた体長は68.5-84cmであり、成獣の重さは4.5-9kgである。毛皮は砂色で、下部は白く、脚と尾には黒い輪の模様がある。チベット自治区、青海省、甘粛省、四川省に点在する森や低木地に分布し、時には砂漠にも現れる。また標高3000mの高さでも生活することができる。ハイイロネコは夜行性でネズミや鳥などを食べる。中国政府に保護されているが、ネズミ捕り用の毒を飲んでしまったり食糧が減ったりしてその存在は脅かされている。

02


 蛇足ながらハイイロネコは縞(しま)模様、まだらのぶち模様は以下の良く見るやつです。

03


『ネコ家畜化、新石器時代に拡大か DNA研究

20170620 17:17 

620AFP】ネコは古代エジプトを「征服」するはるか以前に、石器時代の農耕民を魅了していたとする研究論文が19日、発表された。DNA分析で明らかになったところによると、これ以降にネコの家畜化と愛玩動物化が世界中に広まっていったのだという。

 原産地を出て世界に拡散した最初の野生ネコで、今日の飼いネコの祖先となったのは、リビアヤマネコ(学名:Felis silvestris lybica)であることが今回、研究で明らかになった。小型で縞模様のある中東産の亜種は全世界に生息地を拡大させるまでに上り詰めた。

 リビアヤマネコは約6000年前、現代のトルコ周辺のアナトリア(Anatolia)地域から船で欧州に渡った可能性が高い。「リビアヤマネコの世界征服は新石器時代に始まった」と、論文の執筆者らは記している。

 石器時代の最終章に当たる新石器時代には、それまで狩猟採集民として各地を放浪していた先史時代の人類が作物の栽培と恒久的な村の構築に初めて着手した時期だ。そして、農耕の始まりとともに収穫物を食い荒らすネズミが現れ、これにネコが引きつけられた。

 米科学誌「ネイチャー・エコロジー・アンド・エボリューション(Nature Ecology and Evolution)」に掲載の論文では、「納屋や村、船上などのネコは古代社会に対して、害獣、特に経済的損失や病気の原因となるげっ歯類の有害動物を駆除する極めて重要な防御手段を提供した」とある。

 研究チームは今回、野生のネコ科動物が現在知られているような、ソファで寝そべるかわいらしい飼いネコに姿を変えた背景にあるものについての論争に終止符を打つべく、埋葬やミイラ化された古代のネコ230匹のDNAを分析した。

 古代エジプトで、像や絵、死骸のミイラなどによって「不滅化」されたネコ科動物が明白な崇拝の対象となっていたことを根拠に、ネコを初めて家畜化したのは紀元前数世紀ごろの古代エジプト人と考える人は多い。しかしその一方で、地中海の島国キプロスにある紀元前7500年の子どもの墓で発見されたネコの骨を、「肥沃な三日月地帯(Fertile Crescent)」の古代文明がエジプトより早くネコを家畜化した証拠として指摘する説もある。

■古代の「ネコブーム」

 今回の詳細なDNA分析の結果によると、家畜化はその両方のおかげであると考えられるようだ。

 論文の共同執筆者で、フランス国立科学研究センター(CNRS)のエバ・マリア・ガイグル(Eva-Maria Geigl)氏はAFPの取材に、リビアヤマネコは紀元前4400年頃に「最初の農耕民が欧州に移住し始めた時期に広まり始めた」と語った。「これは(恐らく古代の交易路をたどると思われる)海路か陸路で、リビアヤマネコが人によって移動していったことを示していると考えられる」

 それから数千年後、今度は古代エジプトのファラオ王朝時代に、リビアヤマネコのエジプト変種が第2の波で欧州とその先へ拡大して「熱狂的流行」を巻き起こしたと、論文の執筆者らは指摘する。そして「エジプト種のネコの熱狂的流行は、古代のギリシャとローマの世界全体からさらにそのずっと先へと、非常に速いペースで拡大した」とした。

 エジプト種のネコはアナトリア原産の近縁種と外見が非常によく似ていたと思われることを考えると、その成功は、性格の「社交性と従順さにおける変化」が後押しした可能性が高いと推察できる。野生ネコは縄張りを単独で行動する狩猟動物で、階層的な社会構造を持たないため、家畜化の対象には適さないと考えられるのだ。

 また、イヌやウマの場合と異なり、外見目的の交配が少なくとも最初の数千年間は行われていなかったことも今回分かった。今日に至るまで、飼いネコは体の構造や機能、動きなどに関して野生の近縁種と酷似している。

 品種改良が開始された当初は、ネコの毛並みが主な対象となっていた。ぶち模様の色合いが初めて遺伝子に記録されるのは西暦5001300年の中世だったことも明らかになっている。

 まだらのぶち模様は今日の飼いネコに多くみられるが、野生ネコには存在せずすべて縞模様だ。ガイグル氏は「ネコの『装飾的な品種』を作るための繁殖計画が始まったのはごく最近の19世紀のことだ」と指摘。そして、それらでさえも「野生ネコとそれほど違っていない」ことを説明した。(c)AFP/Mariëtte Le Roux

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月16日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「Russian Blueが最高の11の理由・・のネコ!?」

ネットのメトロ(metro.co.uk)の「Russian Blueというネコが最も良い、11の理由」:“11 reasons why Russian Blue cats are the best”という写真集からです。

気をつけて! あなたを見つめてる・・

Russianblue01_2

以下が、その11の理由です。

1. They’re blessed with good looks(美貌に恵まれている)

Russianblue02_2

 2.Their size is deceptive(ウソのサイズ=嵩だかく見える)

Russianblue03_2

3.They have unusual colouring(変わった色)

Russianblue04_2

4.Their eyes are captivating(目が魅力的)

Russianblue05_2

5.They’re naturally well behaved(普通にしつけの良い子)

Russianblue06_2

 6.They’re curious and playful(好奇心と遊び心がる)

Russianblue07_2

7.They love sunshine(陽の光が好き)

Russianblue08_2

8.They make adoring companions(愛する仲間を作る)

Russianblue09_2

9.They’re low maintenance and like to stay clean(世話がかからず、いつも清潔)

Russianblue10_2

10.They’re the cutest kittens(可愛い子ネコ)

Russianblue11_2

11. They have gentle temperaments(穏やかな気質)

Russianblue12

・・でも、よく考えてみると、ほとんどの“飼いネコ”に当てはまるもの、家のチップもそうでした。チビはお転婆が過ぎるのと、トイレの問題(猫用トイレを使用しないで座布団でする)が欠点ですが後は同じです。

話は別に:Russian Blue”に限りませんがロシアのネコをイングリッシュ・ロシア(“englishrussia.com”)の「ロシアのネコは賢い」:“Russian Cat is a Smart Cat”から動画を適当に編集です。

「水が嫌い!」・・で、橋の端を渡る・・のネコ!?

Russianblueaa

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月10日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「もう15歳のお婆さんなのに、クエンサネラ(Quinceañera)のお祝い・・のネコ!?」

ネットのメトロ(metro.co.uk)の「愛する家族は彼らのネコの15回目の誕生日に驚きのクエンサネラ(Quinceañera)のお祝い」:“Loving family celebrate their cat’s 15th birthday with an amazing quinceañera”という写真から、今回のネコ物語は「もう15歳のお婆さんなのに、クエンサネラ(Quinceañera)のお祝い・・のネコ!?」です。

01

実は、最初のこの写真が、何とも? “ノホホン”として、感じ良い感じなので採用、それとクエンサネラ(Quinceañera)を知りませんでした。

1)“ノホホン”=何もしないで、または気を使わないでのんきにしているさま。

2)クエンサネラ(Quinceañera):女の子の15歳の誕生日を祝うもので、 中南米の文化的なルーツを持つが、アメリカ全土で祝われている。誕生日を祝う女の子はクエンサネラです。・・・(=ウィキペディア)

余りにゴージャスで、少しの戸惑い・・で、「あたいに食べられるものあるんやろか・・?」

02

後ろで、引っ張ってるけど、何もしなくても直ぐには食べられないにゃん・・

03

お腹はイッパイで、ごろにゃんこ・・

04

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 4日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―「紛れ込み、人と動物みんな仲間・・!?」

前々回にデイリー・メール(“dailymail.co.uk”)の「奇妙な紛れ込みを見つけて! これらのグループ写真は、ネコを真似る幼児や全然似つかわしくないバスの乗客など、思わぬでしゃばり? を捕らえています」:“Spot the odd one out! Group shots capture unexpected interlopers including a toddler who copies her cats' every move and a VERY unlikely bus passenger”からネコ物語・「素敵な仲間のいる・・のネコ!?」に相応しいと思えるネコ関連を選択しましたが、その残りにネコ以外の素敵? というか、面白い写真があります。

人へ紛れ込みの犬・・など

06_2

02_2

01_3

他の仲間への紛れ込み・・

04_2

03_2

人も同じです。

05_4

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 2日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「恋に落ち、そして素敵な関係を保つ・・のネコ!?」

ネットのメトロ(metro.co.uk)の「スコッティ(Scottie)というネコは隣の女の子と恋に落ち、そして彼らは素敵な関係を保っています」:“Scottie the cat fell in love with the ‘girl next door’ and now they have a beautiful relationship いう写真集と動画から、今回はネコ物語・「恋に落ち、そして素敵な関係を保つ・・のネコ!?」です。

最近、何かウザい話が多すぎるので、若干のお口直し? というか、少しホッとします。

01

スコッティ(Scottie)という名前のオスのネコは近所に引っ越して来た日にソフィーを見て恋に落ち、1週間ほど遠くから彼女をあこがれ過ごし、その後ようやく彼の人生の愛を勝ち取りました。

04

ソフィーはボストンの保護施設のネコで3年前に新しい飼い主に貰い受けられました。新しいお家に着いた数ヶ月後に、ママに連れられて近所を散歩、それがスコティが彼女を見た最初の場所でした。

02

 赤いチャンチャンコみたいなのを背負っているのが“ソフィー”とは思うのですが、人(私)から見るとネコは外見では性別がはっきりしません。ただ、よく“ちょっかい”を出すのは白とジンジャーのぶちの子、スコッティ? です。

03

05

ちょっかい(俗語):猫などが(じゃれて)前足をちょっと出して動かし、物をかき寄せる(ようにする)こと。 「―を出す」(転じて、横合いから、よけいな手出しをする意にも)

話は別に:「最近のチビ」ですが、ベッドの端で一人ぼっちの昼寝です。何か? 心なし、淋しそうです。

01_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月25日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「素敵な仲間のいる・・のネコ!?」

ネットのAFPの写真特集「種を超え触れ合う動物たち」から、ネコ関連を適当に前から選択(写真特集は全体で30枚ある)して、今回はネコ物語・「素敵な仲間のいる・・のネコ!?」です。

アルバニアの首都ティラナ近郊で、子犬に授乳する猫。猫は子猫を失い、子犬も交通事故で母犬を亡くしている(2007524日撮影)。(c)AFP/GENT SHKULLAKU

Aa

『【特集】種を超え触れ合う動物たち

20170525 09:14

525 AFPBB News】(写真追加)犬にお乳をやる猫、ヤギとの友情を育むトラ、犬に抱きつくサル、ワニとレスリングをする人──理由は多々あれ、種を超えて触れ合う動物や人の写真をAFPの収蔵写真の中から紹介する。(c)AFPBB News

モロッコの首都ラバトで、生後10日の子猫の世話をするマルチーズ。ごみ箱に捨てられていた子猫を、出産経験のない犬が世話している(2001424日撮影)。(c)AFP/A DA

Bb

ロシア極東・沿海地方のプリモーリエ・サファリパークでくつろいだ様子を見せるトラのアムールとヤギのチムール。チムールはもともと、生き餌としてアムールに与えられた(20151130日撮影、提供)。(c)AFP/PRIMORYE SAFARI-PARK/DMITRY MEZENTSEV

Cc

ドイツ東部ライプチヒで、互いのにおい嗅ぐジャイアント・シュナウザーと猫(2010818日撮影)。(c)AFP/DPA/PETER ENDIG

Dd

バングラデシュの首都ダッカのアパートでじゃれ合う犬と猫。犬3匹、猫6匹が共に暮らす(2011820日撮影)。(c)AFP/MUNIR UZ ZAMAN

Ee

英ロンドンの首相官邸前で、あたかも警察犬のベイリーのセキュリティーチェックをするかのようなデービッド・キャメロン英首相の飼い猫ラリー(左、2015330日撮影)。(c)AFP/JUSTIN TALLIS

Ff

首相官邸の「ラリー」が出たところで、止めますが「子猫を、出産経験のない犬が世話・・」や「生き餌のヤギと友達のアムール・・」は、思わず「凄い・・!」と叫んでしまいます。

注)「ラリー」は『私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ダウニング街10番地に住む・・ネコ職員!?」で紹介しています。(以下のURL)

http://masaki-knz.cocolog-nifty.com/blog/2014/06/10-8fb6.html

AFPは世界中の「種を超え触れ合う動物たち」を特集、多分ですが「何故に、人は互いに諍うのか!」という意味ではないでしょうか?

 ・・で、少しAFPの写真特集で緊張? したので、いつもの“funnycatpix.com”とデイリー・メール(“dailymail.co.uk”)からネコ物語・「素敵な仲間のいる・・のネコ!?」に相応しいと思える「いろいろな表情のネコたちとその仲間の写真」を適当に選択・編集です。

ジンジャー:「なあ、聞いてんの・・?」で、突然「わぁー!」 クロ:「ビックリ・・!?」

02x

お手て繋いで、お寝ね・・で、「ラッコみたい・・!?」

02y

二人は同じ方向を見つめる・・

01

同じことをして隔たりが無い

03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧