ペット

2018年1月16日 (火)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「独り身の寂しさ、不安を安らげるために子ネコを与えられた、犬・・のネコ!?」

 ネットのメトロ(metro.co.uk)の「独り身の寂しさ、不安を安らげるために子ネコを与えられた、犬」:“Anxious dog hated being left alone so her human got her a kitten”という記事から、ネコ物語・「独り身の寂しさや不安を安らげるため、子ネコを与えられた、犬・・のネコ!?」です。

Aa

 少し、大袈裟ですが、「この世界には、子ネコによって癒されないものははない・・!?」という話です。

Bb

 子ネコはみてるまに大きくなっちゃいました。

Cc

Dd

Ee

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2018年1月 1日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ネコが一番!(“top dog”)、愛され大切にされているトルコ!・・のネコ!?」

 ネットの“theguardian”(theguardian.com)のネコ関連記事、「ネコが一番愛され、大切にされているトルコ!」:“Turkey: where pampered cats are top dog”という記事の写真からですが、top dogは「その分野で成功しているか支配的な人」という意味だそうです。

注)“top dog”:例えば、「Trump was a top dog in the City」は「トランプは街のボス(支配者)」。

 既に、「イスタンブールはネコが大切にされている!」ことや、その理由は『イスラム教の教祖ムハンマドが“ネコ好き”で、「預言者ムハンマドに近づいた毒蛇から聖者を守るネコや別の物語では、預言者はネコが自分のベストの端に寝ているのを見て、ネコを退ける代わりにベストの一部を切り取った・・」というイスラムの伝説を紹介しています。

注)私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ネコ天国、イスタンブール・・のネコ!?」

http://masaki-knz.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/post-9442.html

 多くの民族やそのアイデンティティ(地域などの帰属意識)、宗教の違いによって分裂した国は、「ネコが好き!」という、ひとつのことで結ばれています。

01

トゥアナ・エキン・サヒン(Tuana Ekin Şahi0n)という少女はイスタンブールで野良ネコのためのお金を稼ぐのにバイオリンを弾きます。

02

大抵のひとは、ネコが居ると和む。

03

イスタンブールのサクラクール・スタジアムで行われている2009UEFAヨーロッパリーグの決勝で、ネコがピッチに飛び込んだことがある。

04

イスタンブールの街角で、ネコに餌をあげる。

05

話の続き:調べてみると、トゥアナ・エキン・サヒン(Tuana Ekin Şahi0n)という少女は「11歳の少女“Tuana Ekin Şahin”はヴァイオリンを演奏し、街角にネコの家を建てました」という記事や動画に紹介されています。

06

07

演奏は決して上手くありません、志に免じて許してあげげましょう。

08

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月25日 (月)

私の世界・知らない世界―「ガザの動物園、子ライオン3頭を売り出し 経済疲弊で餌代負担できず・・!?」

ネットのAFPの記事から、「パレスチナ自治区・ガザ地区(Gaza Strip)にある私設動物園の経営者が、経済の疲弊した同地区ではこれ以上餌代を負担できないとして、ライオンの子ども3頭を売りに出すと発表・・」という話です。

パレスチナ自治区・ガザ地区南部ラファの動物園で、3頭の子ライオンを抱える男性(20171222日撮影)。(c)AFP PHOTO / SAID KHATIB

00

パレスチナ自治区・ガザ地区南部ラファの動物園にいる子ライオンと、母ライオン(20171222日撮影)。(c)AFP PHOTO / SAID KHATIB

00a

パレスチナ自治区・ガザ地区南部ラファの動物園にいる子ライオン(20171222日撮影)。(c)AFP PHOTO / SAID KHATIB

00b

00c

パレスチナ自治区・ガザ地区南部ラファの動物園で、3頭の子ライオンの世話をする男性(左)と子供(20171222日撮影)。(c)AFP PHOTO / SAID KHATIB

01

 ・・で、パレスチナ自治区・ガザ地区(Gaza Strip)のラファ(Rafah)の場所です。

周辺全体の位置関係

01_2

ガザ地区の南端にあるラファ(Rafah)の場所

02

 ついでながら、パレスチナがどんどんイスラエルに侵食? された状況の図で、もう残り僅かなのです。

03

『ガザの動物園、子ライオン3頭を売り出し 経済疲弊で餌代負担できず

20171225 16:00 発信地:ガザ/パレスチナ自治区)

1225 AFP】パレスチナ自治区・ガザ地区(Gaza Strip)にある私設動物園の経営者が、経済の疲弊した同地区ではこれ以上餌代を負担できないとして、ライオンの子ども3頭を売りに出すと発表した。

 ガザ地区南部のラファ(Rafah)で動物園を経営するムハンマド・アフマド・ジュマー(Mohammad Ahmad Jumaa)さんは、ライオンの子ども13500ディナール(約55万円)で売り出すという内容の広告をフェイスブック(Facebook)に掲載した。

 ジュマーさんは「悪化した経済状態に加えて餌と飲み物の確保の困難さから、約1か月前に生まれたライオンの子ども3頭を売らざるを得なくなった」と述べた。さらに現在動物園で暮らす雄ライオン2頭と雌ライオン3頭を育てる費用も工面しなければならないと明らかにした。

 ジュマーさんはエジプトとの国境近くのラファで動物園を23年間経営してきた。1か月の餌代は約345ドル(約39000円)。これまでに何件かの問い合わせがあったが、まだ1頭も売却に至っていないという。

 2016年には荒廃したガザ地区の動物園からトラ1頭、カメ2匹、ワシ2羽、ヤマアラシ2匹、ペリカン1羽、シカ1頭などが南アフリカ、ヨルダン、イスラエルの動物園に移送されている。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月13日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『思わず、「いいね!」・・のネコ!?』

 ネットの“funnycatpix.com”の最近の写真から、この子を見て『思わず、「いいね!」・・のネコ!?』を思い付きました。以下は、それに相応しいと思える「いろいろな表情のネコたちの写真」を適当に選択・編集です。

「君を見ると、何か? 胸がときめくの・・!?」

202

「スーパー・キャットだって、・・何が面白いの・・?」

01

「ご飯、まだでっか・・!?」

203

「狭いところが好き・・!」:その①

20

その②:「本当は、しもたねん」(=しまったことをした)

200

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年12月 6日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「人のようにネコにも個性がある・・のネコ!?」

 ネットの“funnycatpix.com”から、最初のこの子たち仕草や表情が面白く、素敵な良い感じなので、「人のようにネコにも個性がある・・のネコ!?」に相応しいと思える「いろいろな表情のネコたちの写真」を適当に選択・編集です。

「僕・・、マジ(=Serious)なんだから・・!」

20



愛の賛歌

01



「いやなこった・・、べぇー!」

202


「少し、ひがんでるの・・!」

203

「ファンレーター、こんなにあるぞ・・!」

204

「不安になると、耳がしぼむの・・」

205

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月26日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「犬と一緒の旅が好き!・・のネコ!?」

 ネットのメトロ(metro.co.uk)の「ネコと犬は一緒の旅を愛し、彼らの写真は絶対的な叙事詩です!」:“Cat and dog love travelling together and their photo are absolutely epic”という記事の写真集から、ネコ物語・「犬と一緒の旅が好き!・・のネコ!?」ですが、今回も、何とも言えない良い表情をする子なので採用しました。

「何しろ、楽チンなん・・!」

01

03

寝るときも一緒

04

02

 ただし、当然な話ですが、飼い主のハイカー(hikers)、シンシア・ベネット(Cynthia Bennet)さんとボーイフレンドの2人に連れてもらっての旅行、3年前年からだそうです。

Aa

05

「邪魔しんといてんか・・!」

06

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月23日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「魅力的なポーズをとる?・・のネコ!?」

 ネットの“Mail Online”(dailymail.co.0uk)の「動物の魅力!愛らしいネコや犬、コアラ達がカメラのために魅力的なポーズをとる? 写真・・」:“Animal attraction! Photos capture apparently amorous cats, dogs and even KOALAS striking some seductive poses for the camera”からです。残念なことにネコは2枚です。

ディバはウエストエンドのダンサーのように、妖艶ポーズ

00

ベッドルームの目:「ねぇー、あなたー・・!」

01

後は、付け足しで犬とコアラです。

02

03

話の続き:「ウエストエンドのダンサー」が出ましたが、ウエスト・エンド (West End)地区とは、イギリスのロンドンの金融街シティを中心として、その西側がウエスト・エンド、劇場や歌劇場などが多くあります。

1891年建設されたロンドンのパレス・シアター

Zz

ディズニーのライオンキングが上演されているライシアム・シアター

Yy

04

世界最長のロングラン記録を持つ『ねずみとり』の本拠地、セント・マーティンズ・シアター

Xx

オールド・ヴィック・シアター外観

Ww

ウエスト・エンド (West End)

イギリスの首都ロンドンにおける地区。行政、商業、文化施設などが集中している。劇場や歌劇場なども多く、ニューヨークのブロードウェイと対照させ、ロンドンのミュージカルをウエスト・エンドと称することもある。ロンドンにおける代表的な地区は一般につぎのように対照づけられることが多い。

・政治のウェストミンスター

・経済のシティ

・娯楽のウエスト・エンド

定義としては、金融街であるシティを中心として、その西側がウエスト・エンド、東側がイースト・エンドとなる。この地区には非常に多くのアトラクションが集中しているため、単に"ウエスト・エンド"と言った場合、何を目的にするかで幅が出てくる。たとえば、映画館や劇場の場所を示している場合、主にレスター・スクエアやコヴェント・ガーデンのあたりを指す事が多い。ショッピング・エリアとしてはオックスフォード・ストリート、リージェント・ストリート、ボンド・ストリートなどが中心になってくる。また、トラファルガー・スクエア (ナショナル・ギャラリーの向かい) 、トッテナム・コートロード (大英博物館への最寄駅) 、ソーホーも含まれているので美術館やギャラリーも多い。(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月12日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「とりわけ、良い顔?・・のネコ!?」

 ネットの“funnycatpix.com”の最近のネコ写真から、最初この子を見て今回のネコ物語・「とりわけ、良い顔?・・のネコ!?」に相応しいと思える「いろいろな表情のネコたちの写真」を適当に選択・編集です。

反論はあろうかと思いますが、最近、何かと憂鬱なことが多いので、この子達を見て元気になるように!・・です。

まず、最初の子!

01

後は、適当に・・

02

04

片目で、何か? 塞いでるとこ・・

03_2

06

最後も・・

05

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月 8日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ガイ・フォークス・ナイトで迷惑な・・のネコ!?」

 ネットのメトロ(metro.co.uk)の「花火が鳴っているとき、飼っているネコをどのように見守るか・・」:“How to look after your cat when fireworks are going off”という記事の写真からですが、“花火”とは、イギリスで115日に行われる「ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night)」の「かんしゃく玉花火のことです。

ガイ・フォークス・ナイト(Guy Fawkes Night

Aa

イギリスの風習。115日に行われる。子供たちが花火をならし、かがり火をたく風習がある。

1605115日、ガイ・フォークスとその一味のカトリック教徒が、時の国王ジェームズ1世と議員たちを殺すために、上院議場の下まで坑道を掘り、開会式の行われる115日(グレゴリオ暦1115日)に爆破しようとしたが、寸前で発覚し、主謀者はロンドン塔に送られ、翌年131日(210日)に処刑された。この事件を記念するため、ガイ・フォークスと呼ぶ人形を作って、町中を一日中引き回し、夜になって焼きすてる風習が生れた。今は人形の方はすたれたが、昼間からかんしゃく玉花火を盛んに爆発させて、日が暮れると大かがりに火をたく。(=ウィキペディア)

「何か、不穏な感じ・・!?」

01

「エッ、エッ・・ビックリしたなあ・・」

02

「“騒がしい”は嫌いやし・・!」

03

「何じゃー・・!}

04

「隠れとこ・・」

05

「此処に居たら、安全?」

06

 

07_2

「“うるさい!”はこれや・・!」

 

08


「なでなでして、慰めて・・!」

09

10

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年11月 3日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「舌を突き出すのが大好き・・で、可愛い!・・のネコ!?」

 ネットのメトロ(metro.co.uk)の「レクシーという3才の障害(後ろ足)を持つネコが舌を突き出すのが大好き・・で、可愛い!」:“Rexie the three-year-old disabled cat loves to stick out his tongue and it’s adorable”という記事の写真からです。

01

 レクシーは足に障害を持つけれど、舌を突き出すのが大好き・・で、人の心を和ませ、楽しませます。

02

03

 彼ほどではないにしても、足の悪い自分には勇気をくれるものです。

04

 05


 友人の仕事を手伝っているのですが、足を引きずっての通い道、「彼のように、少しでも役に立てればいいのだけど・・!?」という感じです。

06

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧