旅行・地域

2017年5月18日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―「英国、サウスウェールズのペンディン・サンズの砂浜でどれだけ速く走れるかを目指すイベント・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「英国のサウスウェールズのペンディン・サンズで開催された砂浜の上でどれだけ速く走れるかを目指すイベント・・」の話です。

ケビン・ニックスさんの「走る小屋」(CNNより)

Pendine_sands02

ネットのスピード・ハンターズ(“SPEEDHUNTERS”)というサイトに改造クラシックカー?の砂上の“HOT ROD RACES”(ドラッグ・レース)として紹介され、以下はその中から一部を選択したものです。

Pendine_sandsaa

Pendine_sandsbb

ドラッグレース(Drag race

アメリカを発祥とする、直線コース上で停止状態から発進し、ゴールまでの時間を競うモータースポーツ。このスポーツに挑戦する者はドラッグレーサー(Drag racer)と呼ばれる。引っ張られているように見えるほど速いことからDrag raceと呼ばれるようになった。・・・(=ウィキペディア)

SPEEDHUNTERS”のペンディン・サンズ(“Pendine Sands”)の“HOT ROD RACES”URLhttp://www.speedhunters.com/2013/09/pendine-pounders-speed-trials-on-sand/

・・で、その英国のサウスウェールズのペンディン・サンズの場所とストリートビューの写真です。

Pendine_sands01

『実写版チキチキマシン?、伝統の砂浜を「小屋」が疾走 英

2017.05.17 Wed posted at 17:44 JST

(CNN) 自動車の走行速度世界記録が樹立されたこともある英国の砂浜でこのほど、人気アニメ「チキチキマシン猛レース」をほうふつとさせるイベントが開催され、欧州から集まった参加者がバイクやバギー、はては「小屋」まで、それぞれ思い思いの乗り物を操って記録を目指した。

サウスウェールズのペンディン・サンズで開催された砂浜の上でどれだけ速く走れるかを目指すイベントで、「小屋」としての世界最高速度を記録したのが、英国人のケビン・ニックスさん(52)。速度は時速78.965マイル(約127キロ)に達したという。

ニックスさんはCNNの取材に対し、「素晴らしい経験だった。砂浜は自然のレーストラックだった」と語った。

ニックスさんによれば、同じ砂浜で1927年にマルコム・キャンベルが地上での最高速度である時速174.883マイルを記録したという。

重さ2トンを超える小屋の制作には7カ月かかった。さらに、路上で走行できるよう当局から許可を得るのに4カ月かかった。ニックスさんによれば、世界で唯一、道路交通法に認められた小屋だという。

記録更新を目指して砂浜を訪れたのはニックスさんだけではない。英国人のトム・アナブルさんは一輪バイクで世界記録を樹立。時速は44.646マイルと2015年の同43.486マイルを上回った。

同じく英国人のヘレン・リンカーン・スミスさんは砂の上で最も速い女性となった。ホンダの600ccのバイクで時速137.093マイルを記録した。

そのほかフランス、オランダなどからも参加があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月14日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―「フェラーリ、ローマ帝国時代の2頭立て馬車と競争・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「ローマ近郊のカステル・ロマーナで、古代ローマ帝国時代の2頭立て馬車と「フェラーリ」が競争する珍しいイベントが催され、フェラーリ458型モデルが数秒間の僅差で勝った・・」という、何とも平和? というか、馬鹿げた話です。

 ・・で、そのローマ近郊のカステル・ロマーナの競技場の場所をいつものようにマップで紹介します。

Photo


 ただ、「リメイク版となった昨年製作の映画撮影に使われた場所で実施・・」とあり、「ベン・ハー」の本物のローマ帝国競技場は別にチルコマッシモ(“Circo Massimo”)と呼ばれるところにあります。

02


チルコマッシモ(“Circo Massimo”)の現在と昔の競技場(模型?)

01


 以下は、競技風景をCNNの“写真特集:馬車対フェラーリ”からですが、ドライバーのファビオ・バローネさんが言うように、一歩間違うと大変なことになりかねず、人も馬も相当な技量と勇気のいる競技です。

・・で、「馬鹿げた話」と言ったのは、お詫びして撤回します。スミマセン!

03

チルコ・マッシモ(Circo Massimo

古代ローマ時代のキルクス(戦車競技場)跡である。

ラテン語で「キルクス」は「競技場」を意味し「マクシムス」は「最大の」という意味で、ハリカルナッソスのディオニュシオスはこの施設のことを『ローマで最も美しく壮大な施設だ』と称えた

チルコ・マッシモは、中央分離帯の柵が設けられただけのローマ帝国唯一の仮設木造競技場として古くから存在していた。カエサル以降の為政者達は壮大な常設競技場を作るために何度も改修や増築を行ってきた。その中でも特にトラヤヌスによって全面的に再開発された。・・・略

また、アヴェンティヌスの丘とパラティヌスの丘の間にあり、北隣は皇帝の官邸(パラティヌス)の施設群が、南東隣にはアッピア街道やラティーナ街道の起点であるカペーナ門があった。伝承によれば王政期ローマの王でエトルリア系とされるタルクィニウス・プリスクスによって建造されたとされる。その後、カエサルや後のローマ皇帝によって拡大されていった。チルコ・マッシモで最も有名なイベントは、映画『ベンハー』でもおなじみの戦車レースであった。現在は単なる野原となっている。

200679日に行われたサッカーのワールドカップで優勝したイタリア代表の祝勝会や、ロックバンドなどのコンサートが行われたり、現代でもイベント会場として利用されている。(=ウィキペディア)

『フェラーリ、2頭立て馬車とレース 僅差で競り勝つ

2017.05.13 Sat posted at 17:15 JST

(CNN) イタリアの首都ローマ近郊のカステル・ロマーナでこのほど、古代ローマ帝国時代の2頭立ての馬車と同国の高級車「フェラーリ」が競争する珍しいイベントが催され、フェラーリ458型モデルが数秒間の僅差で馬車に競り勝つ結果となった。

この競争は、1959年の米映画「ベン・ハー」のリメイク版となった昨年製作の映画撮影に使われた場所で実施された。レースは同映画の一場面を模したものともみられる。

レースではフェラーリに半周追加、外周走行やタイヤ空転制御なしの不利な条件が課された。また、フェラーリの走路には滑りやすさが増すという砂もまかれたという。

ドライバーのファビオ・バローネさんはAFP通信に「カーブに非常に苦労した。車体をまっすぐ保つのが大きな問題点だった。最初の1周目からブレーキがないような状態だった」と振り返った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年5月12日 (金)

私の世界・知らない世界―「モノリシェ・デ・サルディエール(“Monolithe de Sardières”)の300フィート高い岩の上で・・!?」

ネットの“Mail Online”(dailymail.co.uk)の「下を見ないで! 命知らずの登山者は300フィート高い岩の上で不安定なバランスを・・」:“Don't look down! Daredevil climber takes selfies on top of a 300ft-high rock”という記事から、「登山者は“Monolithe de Sardières”の頂上で不安定にバランスをとり、セルフ・スティックを出して彼女の写真を撮ったとき、カメラに微笑みかけました。その後、カメラはフランスの木々や山々のすばらしい背景を捉えています」という写真です。

04

 その場所はフランスアルプスのヴァノワーズ国立公園にあるモノリシェ・デ・サルディエール(“Monolithe de Sardières”)という、何とも愕くほど細長く高い岩です。

モノリシェ・デ・サルディエール(“Monolithe de Sardières”)の場所

01

モノリシェ・デ・サルディエール(“Monolithe de Sardières”)の外観

02

 かなり有名? なのか、以下のようなネットのHPもありました。

http://albert.dufour2.free.fr/2014/07_2014/14_07_14_MonoSardiere/MonoSardiere_topo.htm

03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月10日 (月)

私の世界・知らない世界―「アルメニア、世界で最初のキリスト教国・・!?」

ネットのBBC(bbc.com)のTRAVEL(旅行)部門の「世界で最初ののキリスト教国は・・?」:“The Wolrds First Christian Country?”という記事と写真からですが、「このアジアの国は、西暦301年にキリスト教を公式に国の宗教とし。その歴史を今日もなお見ることが出来ます」:“This Asian country made Christianity its official religion in 301 AD, and this history can still be seen today”ということで、答えはアルメニアです。

 ・・で、アジアのキリスト教国アルメニアの場所です。

世界で最初のキリスト教国アルメニアの場所

Photo


以下、翻訳ですが、何しろ専門外で間違い ごめんなさい!・・です。

<敬虔な歴史>

 アルメニアは、人口わずか300万人の南西アジアの小さな国で、それは霊的な歴史の中でかなりの場所を占めていて、ほとんどの歴史家はの、アルメニアが西暦301年にキリスト教を国教とした、世界で最初の国と信じています。今日、アルメニア人のおよそ95%がキリスト教徒であり、その国の敬虔な歴史は、古代の遺跡やモニュメントに見ることが出来ます。

<精神的リーダー>

Aa

 伝説によると、アルメニアの使徒教会の最初の首長はアルメニアのコスロフ2世を暗殺したアナグという貴族の息子のイルミネーター・グレゴリーでした。 グレゴリーの父親はそのために処刑されましたが、グレゴリーはカッパドキアに逃亡し、聖パウロリアン司教によって育てられました。大人になると、グレゴリーはアルメニアの王やアルメニアの人々をキリスト教に変えることを願望して故郷に帰りました。殺害されたキロスロフ2世の息子のティリダート3世はグレゴリーの帰郷を知り、彼を投獄しました。 王は、囚人のグレゴリーにキリスト教を放棄するように迫りましたが、グレゴリーは頑なに拒否しました。約13年間の懲役の後、グレゴリーはティリダテス3世に信仰の力を納得させ、王自身を改宗させました。 そして、西暦301年に、ティリダテス3世は、キリスト教をアルメニアの国教であると宣言しました。

<過去の足跡>

Bb

 ガルニの要塞は、アルメニア中部コタユク州のガルニ村近くの崖の端にあり、 紀元前1世紀にチリダテス1世“Tiridates I”によって建立され、城内の寺院はアルメニアへのキリスト教普及に先立ち、アルメニア神話の太陽神のために建てられたものと言われています。チリダテス3世がキリスト教を公式に国教と宣言したとき、異教徒の多くの寺院が破壊されましたが、ガルニは生き残った数少ない寺院の一つです。 今日、アルメニアのネオパガニズムの象徴として、毎年136,000人以上の観光客が訪れ、アルメニアで最も人気のある観光地の1つになっています。

・オペイ(パ)ガニズム(Neopaganism);復興異教主義は多種多様な現代の宗教的な運動、特にそれらがヨーロッパの前キリスト教的なペイガニズムの信条によって影響されたものを呼ぶのに用いられる包括的な用語である。ネオペイガニズム的な運動はきわめて多様で、多神教からアニミズムに、汎神論から他のパラダイムに広くわたる信条である。・・・(=ウィキペディア)

“ガルニの要塞”の場所をマップとストリートビューで・・

00

<使徒教会>

Cc_2

 アルメニア首都のイェレヴァンの西の「聖なる首都」として知られている古都市“Vagharshapat”には聖ガイネ教会(“St. Gayane Church”、写真)があります。 630年に建設され、現在ユネスコの世界遺産に登録されている聖ガイネ教会は、アビス・ガヤネの殉教の地に建てられ、ガヤネはアルメニア教会によって聖人に選ばれました。彼女の墓は聖ガイネ教会(“St. Gayane Church”)の下にある。

聖ガイネ教会(“St. Gayane Church”)の場所をマップとストリートビューで・・

01

<元は牢獄(=地下牢)>

Dd

 コル・ヴィラップ礼拝堂(“Khor Virap”)はアルメニア南東部のアララット平原にある修道院で、グレゴリーを称えるために地下牢の上に642年に建てられ、1662年に大きなチャペルと修道院が追加されました。今日、コル・ヴィラップ礼拝堂(“Khor Virap”)はアルメニアで最も訪問される場所の1つで、そのチャペルは結婚やバプテスマのための人気スポットです。

コル・ヴィラップ礼拝堂(“Khor Virap”)の場所をマップとストリートビューで・・

02


 今回は、ここまでです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年4月 7日 (金)

私の世界・知らない世界―「世界初、大型船舶が通れるトンネル建設へ ノルウェー・・!?」

ネットのAFPの記事から、「ノルウェー政府は5日、世界初となる山を貫通する大型船舶用トンネルを建設する計画を発表・・」という話です。

ノルウェーで建設が予定される大型船舶用トンネルのイメージ図(2013412日撮影)。(c)AFP/Stadskipstunnel.no/NORDWEST3D

Photo

 ・・で、そのスタッド半島(Stad Peninsula)の場所をマップで紹介ですが、ノルウェーはやたらと複雑に入り組んだフヨルドなのでトンネルの位置が分からないのですが、BBCの動画で分かりました。

フィヨルド(fjord):氷河による浸食作用によって形成された複雑な地形の湾・入り江のこと。ノルウェー語による通俗語を元とした地理学用語である。湾の入り口から奥まで、湾の幅があまり変わらず、非常に細長い形状の湾を形成する。

01_2

 ストリートビューで東側と西側の小さくなった湾を見ることが出来ます。

02_2

話は別に:記事の中にあるフランスのミディ運河(Canal du Midi)のトンネルはマルパスというところ、“Malpas tunnel”でマップ検索出来ます。

Malpas tunnel”の入り口の写真

03

Malpas tunnel”の場所とストリートビュー

04

『世界初、大型船舶が通れるトンネル建設へ ノルウェー

20170406 10:28

46 AFP】ノルウェー政府は5日、世界初となる山を貫通する大型船舶用トンネルを建設する計画を発表した。完成すれば、嵐が吹き荒れることで知られる水域を避けて航行できるようになる。

 建設地は南西部のスタッド半島(Stad Peninsula)の付け根に当たる部分。幅36メートル、全長1.7キロのこのトンネルが完成すれば、船舶は同半島を回り込まずに済む。

 ノルウェー南部が面する北海(North Sea)ではスラッド半島から吹き上げる激しい風で波が非常に高くなり、嵐になると静まるまで多くの船舶が待機を余儀なくされる。一帯の水域は有能な船乗りだったバイキング(Viking)ですら敬遠し、一度船を陸に揚げて移動していた。

 小型船舶が通れるトンネルはフランスのミディ運河(Canal du Midi)など世界に既に存在するが、16000トン級のタンカーや旅客船が通過できるトンネルは世界初となる見通し。ノルウェーの南北を結ぶ沿岸急行船も通り抜けられるという。

 ヒェティル・ソルビク・オルセン(Ketil Solvik-Olsen)運輸・通信相によると、トンネルは201829年の総合運輸整備計画の一環で建設される。ノルウェーで「最も危険で厳しい水域で、より安全で信頼できる経路」を確保するとしている。この期間の前半に着工し、工期は34年を見込む。総工費は27億クローネ(約350億円)と見積もられている。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月29日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―「オーストラリア北西部ダンピア半島、世界最大となる恐竜の足跡を発見・・!?」

ネットのCNNのニュースから「オーストラリア北西部のダンピア半島で、世界最大となる長さ1.75メートルの恐竜の足跡が発見・・」という話です。

1.75メートルの足跡の横に寝そべる男性と恐竜の大きさ(英語のCNNより)

Photo

今回の場所がダンピア半島のどの辺りか知りたくて色々調べると、ガーディアン(“theguardian.com”)の記事に、“World's largest dinosaur footprints discovered in Western Australia”という記事の中に以下の地図があり、その辺りをマップやストリートビューの写真で見ることが出来ました。

03

04

なお、地図にはジェームズ・プライス・ポイント(“James Price Point”)というものがありますが、環境保護のために廃止された“Browse LNG”プロジェクトの場所です。

 ガーディアン(“theguardian.com”)には「オーストラリアのジュラシック・パーク」と命名した21種類の恐竜の足跡が見つかった海岸の写真が載っていました。

海岸沿いにあるこの足跡は、約21種類の恐竜に属し、世界で最も多様な足跡

05

また、CNNは「恐竜の足跡は、南米ボリビアで昨年見つかった長さ1.15メートルの肉食恐竜の足跡がこれまで世界最大・・」としていますが、ガーディアンは「ゴビ砂漠で発見された最も大きな恐竜の足跡の一つ」として以下の写真を載せ、「7千万から9千万年前に形成された地質層で発見された足跡は、チタノサウルスに属していたと考えられている・・」ということです。

02

『世界最大、1.75mの恐竜の足跡を発見 豪北西部

2017.03.28 Tue posted at 10:40 JST

(CNN) オーストラリア北西部で、世界最大となる長さ1.75メートルの恐竜の足跡が発見された。同国クインズランド大学の研究チームが発表した。

この足跡は、長い首をもつ草食恐竜、竜脚類が残したもので、北部のダンピア半島でクインズランド大学のスティーブ・セイルスベリー教授のチームが発見した。竜脚類は体高およそ5.4メートルの巨大恐竜だった。

恐竜の足跡は、南米ボリビアで昨年見つかった長さ1.15メートルの肉食恐竜の足跡がこれまで世界最大とされてきた。

セイルスベリー教授は足跡が見つかったダンピア半島の一帯を「オーストラリアのジュラシック・パーク」と命名している。同半島では21種類の恐竜の足跡が見つかっているといい、約1億4000万年前の岩盤もあった。

同半島では足跡の形成や保全に最適な環境が整っていたことから、今回の発見につながったとセイルスベリー教授は解説。「これほど多様な恐竜の足跡が見つかったのは初めて」と述べ、「もし1億3000万年前にタイムスリップすれば、あらゆる種類の恐竜が海岸沿いを歩き回る壮大な光景が見られるだろう」と話している。

研究チームは5年以上かけて同地で調査を行い、オーストラリアで初めてステゴサウルスが生息していた痕跡も確認した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月18日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ロシアのサンクトペテルブルク、エルミタージュ美術館・・のネコ!?」(その①)

ネットのイングリッシュ・ロシア“englishrussia.com”の「エルミタージュ美術館のネコ」:“Cats of Hermitage”からです。

「エルミタージュ美術館は、ヨーロッパで最も大きく、最も古い博物館の一つ、サンクトペテルブルクにあり、1700年にロシア女王によって設立されました。 その数年の間に、近くの歴史的建造物を複合施設に追加するほど規模が大きくなり。1917年の革命時に襲われた有名なツァールの冬の宮殿さえも、現在はエルミタージュの一部です。そこには広大な地下複合施設があり、数多くのネコが住んでいますが、彼らは完全な合法的住人です。 彼らは施設職員の医薬品や食料、その他の物資を守っているのです。」

エルミタージュ美術館のネコ

17_2

16

 ・・で、写真が多いので今回は(その①)です。

ネコの飼育室

01_2

ネコ用品

02_2

この獣医ステーションでネコは獣医によって検査され、すべてのネコは予防接種を受けている

03_2

地下はかなり居心地が良い

04_2

エルミタージュの地下には百匹のネコがいますこの写真で何匹のネコが見えますか?

05

話の続き:エルミタージュ美術館(Hermitage Museum)の場所をマップとストリートビューで見たものです。

Bb

以下はウィキのエルミタージュ美術館(Hermitage Museum)の説明です。

Aa

エルミタージュ美術館(Hermitage Museum

サンクトペテルブルクにあるロシアの国立美術館。 1990年に世界遺産(サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群)に包括登録されている。

小エルミタージュ(Малый Эрмитаж)、旧エルミタージュ(Старый Эрмитаж)、新エルミタージュ(Новый Эрмитаж)、エルミタージュ劇場(Эрмитажный театр)、冬宮殿(Зимний дворец)の5つの建物が一体となって構成されており、現在本館となっている冬宮殿はロマノフ朝時代の王宮である。

ネヴァ川(観光客が列を作って並ぶ宮殿広場の反対側)から見たエルミタージュ美術館の建物群:左から、エルミタージュ劇場 – 旧エルミタージュ – 小エルミタージュ – 冬宮殿 (新エルミタージュは旧エルミタージュの背後にある)

Photo

1764年にエカチェリーナ2世がドイツから美術品を買い取ったのが、エルミタージュ・コレクションのはじまりである。エルミタージュ美術館の起源はエカチェリーナ2世が1775年に建てた自身専用の美術品展示室であり、一般公開はされていなかったが、1863年に初代館長となったゲデオーノフによって市民も観覧が可能となった。

1917年のロシア革命後は貴族から没収されたコレクションの集積所となった。1918年には冬宮に存在した全ての研究、管理組織を建物共々、エルミタージュ美術館として統合することが決定された。この統合作業は第二次世界大戦後に完了した。・・・(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月 9日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「人もネコも天国のハワイ、ラナイ・ネコ保護区(“Lanai Cat Sanctuary”)・・のネコ!?」

ネットのメトロ(metro.co.uk)とエリートダイアリー(elitedaily.com)にハワイのラナイ島にネコの保護区(“Lanai Cat Sanctuary”)のネコが紹介されていました。

「ハワイの小さな島、ラナイ島は、豪華な天気、美味しいパイナップル、美しい景色など、さまざまな理由でリラックスしてくつろいで過ごすのに最適な場所ですが、訪問する必要がある最初の理由はラナイネコ保護区の本拠地であり、あなたは495匹のネコと遊ぶことができる楽しい場所です。

当然、海と砂は素晴らしいのですが、“全てのネコ好き”は少なくとも1匹のネコがあなたの旅行中に友人となり、真剣にあなたと一緒に帰ることを検討する必要があり、休日が栄光に満ちたものとなります・・」(メトロより)

01

・・で、その「数百のネコと遊ぶことのできる・・」というラナイ・ネコ保護区(“Lanai Cat Sanctuary”)の場所です。

Aa

Bb

 ストリートビューで見た保護区とその添付された写真ですが、いろいろと愕くほど多くあります。

09

 以下は、エリートダイアリー(elitedaily.com)の写真からです。

06

08

07

05_2


 

 ラナイ・ネコ保護区(“Lanai Cat Sanctuary”)HPです。

 

Ko

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月 4日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「ドイツ、カフェハウス・アム動物園のホワイトライオンの赤ちゃん4頭・・のネコ!?」

ネットのAFPの記事から、「ドイツ東部マクデブルク(Magdeburg)の動物園で2日、生後6週目を迎えたホワイトライオンの赤ちゃん4頭がお披露目・・」という話です。

ドイツ東部マクデブルクの動物園で、母親のキアラの背中でほえようとする生後6週のホワイトライオンの赤ちゃん(201732日撮影)。(c)AFP/dpa/Peter Gercke

01

02

03

「あくびじゃないよ「がおー」だよ・・」という写真もあって、何か? 寝ぼけ眼の赤ちゃんですが、カフェハウス・アム動物園(マクデブルク(Magdeburg)の動物園)のHPのホワイトライオンの赤ちゃんの写真はパッチリしたオメメの凛々しい子ライオンです。

06

 赤ちゃんの体重が発表されていて、その内一人太チョがいます。写真を見直してどの子か当てるのも面白いと思いませんか?

体重:Kater 1: 6,8 kgKater 2: 6,8 kgKater 3: 8,2 kgKatze: 6,5 kg

カフェハウス・アム動物園の場所とそのストリートビューにある写真からです。

05

04

『あくびじゃないよ「がおー」だよ、ホワイトライオンの赤ちゃん 独

20170304 13:46

34 AFP】ドイツ東部マクデブルク(Magdeburg)の動物園で2日、生後6週目を迎えたホワイトライオンの赤ちゃん4頭がお披露目された。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年3月 2日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「世界を旅してセルフ? をするロシア人・・のネコ!?」

ネットのイングリッシュ・ロシア“englishrussia.com”の「世界を旅してネコとセルフをするロシア人の話」:“Story of a Russian Man Who Travels a World and Makes Selfies with Cats”から、

「あるロシアの男性は、世界各地で出会うさまざまなネコとのセルフを撮るという奇妙な趣味を持ち、人気を博しました。2014年に初めてカメラ付きのスマートフォンを手に入れたとき、自分の人生で出会ったさまざまなネコたちとセルフをすること以上に、何か良いことを思いつきませんでした。「カメラにネコの目を向けさせる・・」ということを必死にやった彼のコレクションから、いくつかの写真です」

ということです。

セルフ(Selfies):スマートフォンやウェブカメラで撮影してソーシャルメディアのウェブサイトにアップロードしたもの

ネコとのセルフ写真

01

 なお、セルフも知らない時代遅れなのです。写真は、当然ながら全部にロシア人のそれも同じ男性が写っているので削除しました。

 ただ、先に紹介しているジェーン・ボウン(Jane Bown)のネコ写真に比べるものではありませんが、出てくるネコの一瞬の表情は何か? 素朴(“飾らない”という意)でいい感じがするものがあります。

サンクトペテルブルク(旧レニングラード)は以前、ネコ物語・「ナチス・ドイツからレニングラードを救った・・のネコ!?」で出てきますが、それでなのかネコが多いようです。

サンクトペテルブルク(旧レニングラード)のネコ

04

その他

02

03

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧