面白話・話のネタ

2017年8月17日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「クリミアで生まれた珍しいホワイトタイガーの赤ちゃん4匹・・のネコ!?」

ネットのイングリッシュ・ロシア“englishrussia.com”の「クリミアで生まれた珍しいホワイトタイガーの赤ちゃん」:“Unique White Tiger Cubs Were Born in Crimea”からです。

4日前に4頭の白いトラが生まれましたが、野生の中では非常にまれなユニークなものです。その色のため、目立つので外敵から生き残るにも、狩りをするにも非常に難しいものとなります。白いトラは世界の動物園で300頭以下、そのうち6頭がクリミアのこのタイガー・ライオン・パーク(Tagan Lions Park)に住んでいます。

Aa

・赤ちゃんの名前はマチルダ(Matilda)、ディレクター(Director)、ツァー(Tsar)、ニャーシャ(Nyasha)です。

Bb

・この人は、1990年代からクリミアでユニークなタイガー・ライオン・パークを管理していて、新生児が生まれ非常にうれしそうです。

 タイガー・ライオン・パークの園長は少し出しゃばり? というか、目立ちたがり屋、赤ちゃんだけでよいのにどの写真にも載っているので、彼が載っていないものだけ1枚ですが、何か? 凄い顔(良い意味)をしています。

Cc

 タイガー・ライオン・パークのHPにも彼だけ大きく載っています。

Dd

 ・・で、クリミアのタイガー・ライオン・パークの場所とストリートビューですが、ストリートビューを見ると展示の仕方がかなりユニークで、もしかしたら彼の案かも知れません。

タイガー・ライオン・パークの場所

01

ストリートビューで見ると展示の仕方

02

 「ホワイトタイガーの赤ちゃん」や園長に興味がある人は、タイガー・ライオン・パークのHPをロシア語“Сафари-парк Тайган”で検索すると見ることが出来ます。ついでにイングリッシュ・ロシアのURLも・・

http://englishrussia.com/2017/08/14/unique-white-tiger-cubs-were-born-in-crimea/

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月14日 (月)

私の世界・知らない世界―「米政府、使わなくなった灯台6基を競売へ 165万円前後・・!?}

ネットのCNNのニュースから、「米国政府はこのほど、使用しなくなった国内の灯台6基をオークションに出品・・」でという話、「価格は1基1万5000ドル(165万円)前後とみられ、それぞれの灯台を見ると超お得な感じです。

米政府が使わなくなった国内の灯台6基をオークションに出品した

X_3


メリーランド州のチェサピーク湾沖合約3キロの地点に立つ灯台。建物上部の水面からの高さは約7.6メートル

Y_3


1928年に建てられた高さ約21メートルの灯台

Z_3


デトロイト川に立つ高さ約16.8メートルの灯台

Xy


五大湖の1つヒューロン湖に立つ灯台

Xx_3


ロケットを思わせる形状の灯台。土地部分はミシガン州の所有のため、落札者は施設の使用にあたり州から許可をもらう必要がある

Yy_2


 最初、「6基のうち5基はミシガン州の湖に設置」ということなので“State of Michigan Lighthouse”でマップを検索、直ぐに多くの灯台が出てきました。

Aa


 それぞれをクリックして確認して分かったことは、競売される灯台は載っていないということです。

 いろいろ調べて、それぞれの灯台は以下の文字で検索すれば場所や添付写真が確認出来ます。同じものを沢山載せても無意味なので、ミシガンとメリーランドの2つにしておきます。

 “Michigan Poe Reef Light

X01


 “Maryland Craighill Channel Lower Range Front Light

X02


 “Michigan Lansing Shoals Light Station

 “Michigan Detroit River Light

 “Michigan Fourteen Foot Shoal Light

 “Michigan Minneapolis Shoal Light Station

 何者にも煩わされない1人きりの孤独や2人だけで過ごすことがこの上なく好きで、改装費や小型ボートを買う程度のお金なら「小遣い程度」という人には、週末を過ごすのに向いていると思います。

 なお、日本からだとプライベートジェットを買い、維持・管理する費用も当然必要となります。

 それと今回、アメリカの灯台を見て、競売には出ていませんが住んでみたい魅力的なものが沢山あることに愕きました。

 日本にも、“用無し”となった素敵な掘り出し物があるかも知れません。

『米政府、使わなくなった灯台6基を競売へ 165万円前後

2017.08.09 Wed posted at 17:48 JST

(CNN) 米国政府はこのほど、使用しなくなった国内の灯台6基をオークションに出品した。歴史ある灯台を新たな所有者の下で保存することを念頭に置いた措置で、価格は1基1万5000ドル(165万円)前後とみている。

6基のうち5基はミシガン州の湖に設置された灯台。残りの1つはメリーランド州のチェサピーク湾に立つ。これらの灯台は政府が資産を競売にかける際に使用するウェブサイト「GSAオークションズ」で閲覧できる。

米国内の歴史的な灯台に関しては、保存の観点から2000年に法律が制定された。連邦政府所有の灯台が使用されなくなった場合は、この法律に基づいて新たな管理者への譲渡が行われる。GSAオークションズは、この時期に当該の灯台がオークションにかけられる理由について明らかにしていない。

出品された灯台はすべてコンクリートの小さな土台の上に建てられ、船を使わなくては行き来できない。監視員用の質素な部屋はあるが、寝泊りできるようにするには改装が必要だ。

8日の時点でそれぞれの灯台には、高いもので2万7000ドル、安いもので1万ドルの値が付いた。

自分だけの灯台を持ちたいと考える愛好家は、今回のような機会を利用して望みをかなえている。2011年にはオハイオ州に住む女性が、7万1010ドルを支払ってエリー湖に面した灯台を手に入れた。

今回出品された灯台は、今月15日と来月15日に入札が締め切られるものがそれぞれ1基ずつ。残りの4基については期限は設けられていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月13日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「“ネコの日”の投稿、あなたを圧倒する? 写真集、・・のネコ!?

ネットの The Guardian”の「あなたを圧倒する、ネコの写真集」:“Your underwhelming pictures of cats”からです。

 国際的な“ネコの日”(動物愛護団体・国際動物福祉基金が決めたInternational Cat Day World Cat Day) 88日、それを祝うために、投稿された普通のネコだそうで、適当に翻訳と選択(多いので、少し)です。

ネコの日:日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日であり、222日に定められている。猫の日は世界各国で制定されており、ロシアは31日、アメリカ合衆国は1029日である。動物愛護団体・国際動物福祉基金が決めたInternational Cat Day (World Cat Day) 88日。ヨーロッパの多くの国がWorld Cat Dayとしてる日は、217日である。(=ウィキペディア)

宝石みたいにキラキラ可愛い“Gem”は、拷問のように起こす習慣があります

01

カーテンの後ろに隠れるデリダ、いつもするので直ぐ見つけることができます

02

ブルメルの「いないいない」

03

舌の子:「何か用?」、伏せてる子:「止めとこ、こいつらウザいで・・」

04

随分、“不満げ・・”のパウジー

05

バイロンは写真を撮られることやそのフラッシュが嫌いで、ロクな写真がありません

06

これ以上のコメントはしたくありません、「ご主人は留守!」

07

不思議なネコの形ち(オブジェ?)

08

猛烈に草を攻撃、「何か? 気に入らんのよ、これ・・」

09

子猫にとって最初のお外の教訓は、まず水に濡れないこと

10

ご飯を待つ、グッチのいつものスタイル

11

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月11日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―「教会がパブを経営、イギリスのノリッジ(Norwich)で・・!?」

ネットのAFPの記事から、「英イングランド(England)東部ノリッジ(Norwich)の教会が、パブを経営する・・」という話です。

英ロンドン北部のパブ(2014116日撮影、資料写真)。(c)AFP/LEON NEAL

Norwich_mitre00_2

 30年ほど前の話ですがロンドンは2回行っていて、パブは何度も利用しました。本当に山高帽にステッキのイギリス紳士が昼間っからお酒を飲んで、ギャンブル(ゲーム機に頻りに小銭を賭けたり、掛け率表を見ていた?)をしているのを見て何か? 感動してしまったのを忘れられません。

 私の良くない習慣の一部をなす、「昼間っからお酒を飲む(飲むと直ぐ赤くなるのに・・)」や「ギャンブル好き(大穴を狙うのでまず当たらない・・)」はイギリス紳士、貴族(=お金持ちのセレブ)もしているのだから? というか、真似たものかも知れません。つまり、安直にセレブになりたかった? のです。

 そして多分、今の身をなす所業は、それが祟ったものと思うのですが、懲りずにノリッジ(Norwich)がロンドンの近くであれば? なんて、思ったりして場所を調べると意外に“外れ”の遠くでした。

教会が経営のパブ:ノリッジ(Norwich)の“Mitre”というお店の場所

Norwich_mitre01_2

ストリートビューでお店と教会

Norwich_mitre02


Norwich_mitre03


『教会がパブを経営へ 英イングランド

20170810 20:36

810 AFP】英イングランド(England)東部ノリッジ(Norwich)の教会が、パブを経営することが明らかとなった。教会がパブを経営するのは同国初だといい、教会側は地域の一体化と慈善活動への寄付に期待を寄せている。

「マイター(Mitre、司教冠の意)」と名付けられたこの店は1867年に開店し数年前に閉店に追い込まれ、その後は中華料理店となっていた時期もあった。

 しかし、店の隣に立つセント・トーマス教会(St. Thomas Church)が経営権を引き継ぎ、来週14日から再びパブとして新装開店するという。

 同教会の商業部門の責任者であるテリー・ハギンズ(Terry Huggins)氏はパブ再開のいきさつについて、「近隣住民やそれ以外の人々が利用できるような場所にしようと考えていた」と話した。店の購入資金50万ポンド(約7000万円)は信徒や慈善団体からの寄付で賄い、他にも改修に10万ポンド(約1400万円)を費やしたという。

 パブの売り上げは教会が行う慈善事業の資金に充てられる。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月10日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「山盛りのウン○のお家から救出・・のネコ!?」

 ネットのBBC(bbc.com)のネコ関連のニュース、「山盛り(=腰の高さ)のウン○のお家から救出されたネコ」:“Cats rescued from waist-height faeces home”からです。

 汚れたバンガローには腰の高さまで糞便が積もり、30匹のネコが閉じ込められていました。ウン○のお家は、余りに悍ましい(おぞましい)ので少しだけです。(悍ましい:身ぶるいするほど嫌な感じ)

03

 彼らはRSPCA(英国動物虐待防止協会)によって救助されましたが、ネコエイズやその他の健康上の問題を持っていたので、21匹はその管理下に置かれました。

01

 いくつかのネコは人との接触がなく、人間を知らなかったようです。

02

 多くのネコの中にフェレットも紛れ込んでいて、フェレットやネコの元気な子達は新しい飼い主を得ることが出来たそうです。

04

 写真のネコやフェレットは元気そうでいい顔なのが救いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 9日 (水)

私の世界・知らない世界―『中国の最も古い交易路の「茶馬古道」・・!?』

ネットのAFPの記事から「中国の最も古い交易路(茶馬古道)に関連する文物を展示する「茶馬古道──八省の文物合同展示」が、中国・河北省博物院(Hebei Museum)で行われ・・」という話ですが、高名なシルクロードは別に中国の最も古い交易路が「茶馬古道」というのを知りませんでした。

合金の宝生如来(201783日撮影)。(c)CNS/テキ羽佳

01_2

漢代の「銅の一角獣」(201783日撮影)。(c)CNS/テキ羽佳

02_2

「南伝木彫釈迦牟尼立像」(201783日撮影)。(c)CNS/テキ羽佳

03_2

展示品を楽しむ市民(201783日撮影)。(c)CNS/テキ羽佳

04_2

展示を写真に収める市民(201783日撮影)。(c)CNS/テキ羽佳

05_2

展示品を見る親子(201783日撮影)。(c)CNS/テキ羽佳

06_2

 中国はマップの航空写真と地図がズレていて煩わしいので場所は省きますが河北省博物院(Hebei Provincial Museum)の外観(ストリートビューの添付写真より)です。

08

 「茶馬古道」はウィキにおいても詳しい記述(下記のもの)がなく地図でルートを紹介していません。

茶馬古道(ちゃばこどう)

雲南省で取れた茶(磚茶)をチベットの馬と交換したことから名付けられた交易路である。7世紀の唐や吐蕃の時代にはすでに交易が始められ、20世紀中ごろが流通の絶頂期と言われている。雲南省南部からチベット 、ミャンマー 、ネパール 、インド などへ抜ける幾つかのコースがある。四川省を起点とするコースも含められる。主な交易品は雲南地域より塩、茶、銀製品、食料品、布製品、日用品など。チベット地域より毛織物、薬草、毛皮など。チベットを経由してインド・ネパールで生産されたの物資も雲南に届いたと言う。茶馬古道の要衝といわれる有名な都市にラサ、徳欽、迪慶、麗江、大理、思茅などがある。(=ウィキペディア】

 いろいろ検索して調べてみると以下の個人のサイトに「茶馬古道」が紹介されていました。

http://www.k2.dion.ne.jp/~bako/ChaMaKodo.html

07_3

 ウィキによるシルクロードの地図を見ると、その一部が「茶馬古道」と思えるのですが、「茶馬古道」は中国中央への道ではない、云わば“外れ(の道)”なので一番古くとも高名にならないようです。

09_2

『茶馬古道の文物が一堂に集結 河北省博物院

20170808 19:13

88CNS】中国の最も古い交易路(茶馬古道)に関連する文物を展示する「茶馬古道──八省の文物合同展示」が、中国・河北省博物院(Hebei Museum)で行われた。

 甘粛省(Gansu)、内モンゴル自治区(Inner Mongolia Autonomous Region)、広西(Guangxi)チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)、四川省(Sichuan)、雲南省(Yunnan)、チベット自治区(Tibet Autonomous Region)、陝西省(Shaanxi)、青海省(Qinghai)から340件の文物が集められた。各地に散らばっている茶器、馬具、石器、青銅器、貨幣、彫刻、シルク製品などたくさんの貴重な文物が並ぶ。(c)CNS/JCM/AFPBB News

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 8日 (火)

私の世界・面白いけど怖い話のネタ―「海に漬かって血だらけに、足に原因不明の無数の穴・・!?」

ネットのAFPの記事から、「オーストラリア・メルボルン(Melbourne)郊外で、10代の少年が夜間、海に30分ほど入っていたところ、足に無数の小さな穴が開き、血だらけに・・」というなんとも気色の悪い話、もしかして海にも寄生虫がいるのでは? と思ったのですが、海生動物の専門家は「傷はかすり傷のようなものなのでカニザイ君は海に入ることを怖がる必要はない・・」と、大した問題ではないようです。

豪メルボルンで、足から原因不明の出血があったサム・カニザイ君。カニザイ君の父親提供(201787日撮影)。(c)AFP/JARROD KANIZAY(写真は他にもありますが省きます)

04

 誰でも海に入ると経験すると思うのですが、小魚が体毛や皮膚片を食べようと「つんつん」と体を突っつくのは、小魚に限るとある意味うれしいものです。

 ただ、“こそばい”(“くすぐったい”の意)ので思わず体を動かしたり、払ったりしてしまい逃げられて後悔、又来てほしいのでジッと待ったりりします。

 海にもドクターフィッシュいて、余りにジッと動かな過ぎで、思い切り齧られたのかも知れません。

ドクターフィッシュ(Doctor fish)

コイ亜科の魚ガラ・ルファ(学名 Garra rufa)の通称である。

水中に人間が手足などを入れると、その表面の古い角質を食べるために集まって来るとされ、古い角質を安全に除去できるため美容に、それらを食べる刺激が神経を活性化するとして、健康に効果が有ると言われている。

 海にはアニサキスのように魚に寄生するものは多くいますが直接人の体に忍び込む寄生虫は皆無です。(なお、アニサキスは-20℃で保存(24時間以上)後や処理をきちんとして取り除いてあれば心配は入りません)

話の続き:人の寄生虫の話が出たので、ウィキによるそのリスト(主なもの)でその性質上“外部寄生虫”と“内部寄生虫”に分けられます。

【ヒトの寄生虫】

<外部寄生虫>

節足動物:ヒトノミ、アタマジラミ、コロモジラミ、ケジラミ、ニキビダニ、ヒゼンダニ

<内部寄生虫>

環形動物:ハナビル

節足動物:イヌシタムシ

線形動物:カイチュウ、ギョウチュウ、フィラリア

扁形動物:肝臓ジストマ、肺臓ジストマ、横川吸虫、日本住血吸虫、有鉤条虫、  無鉤条虫、エキノコックス、広節裂頭条虫

 普通に皆が罹っているかも知れないものに、「ニキビダニ」や「ハナビル」、「イヌシタムシ」、「トキソプラズマ」(原虫=単細胞で分類に入っていない)などがあります。

  一番恐ろしいと言われる「芽殖孤虫」は死亡率100%のまだ未解明の寄生虫で、例はもの凄く少ないのですが日本国内が主というのが気になります。

 誰もそんなことしないはず? ですが、カエルや蛇・トカゲ、カタツムリ(日本産)、ナメクジなど、「食べ慣れないものは食べない」が無難です。

<ニキビダニ>

ヒトでは特に顔面で皮脂腺が発達しており、顔における寄生密度が高いので「顔ダニ」とも俗称され、学名をかな書きしたデモデクスの名でも呼ばれることがある。人体では、毛包の皮脂腺の導管部が開口している部分か、それより浅い部分には体長約290μmのニキビダニ D. folliculorum がしばしば6 - 8個体の群を成して、皮脂腺内部には体長約200μmのコニキビダニ D. brevis が単独で寄生する。ニキビダニの餌は毛包上皮細胞で、コニキビダニの場合は皮脂腺の細胞であると考えられている。

01


<ハナビル>

人里には出ないものであり、山間渓流域で野生動物を宿主とするものである。したがって、そういう場所に入って渓流で顔を洗ったり、水を飲んだ際に幼生の寄生を受ける。幼生は上記のように細くて白っぽいため、見つけるのは困難である。寄生する部位は多くの場合に下・中鼻道である。感染初期には自覚症状はほとんどない。しかし虫体が成長し大きくなるにつれ、その運動を異物感や痒痛感として感じるようになり、また蛭が吸血部位を変える度にそこからの出血が見られるようになる。ヒル類は吸血のための傷口から血液凝固阻止剤を注入するので、出血は止まりにくく、極端な例ではそのために貧血が起きる。

03


<イヌシタムシ>

基本的には中間宿主は草食哺乳類、終宿主は肉食哺乳類なのだが、幅が広く、終宿主としては、イヌ、キツネ、オオカミなどの他に、ウマ、ヒツジ、ヤギなどの草食動物からも知られる。ヒトの感染も知られており、ヨーロッパではイヌを溺愛する人に多いとか、ベルリンでの調査結果で幼生の寄生率が10%を越えていた例も知られている。

02


<トキソプラズマ>

トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)による原虫感染症である。世界中で見られる感染症で、世界人口の3分の1が感染していると推測されているが、有病率には地域で大きな差がある。健康な成人の場合には、感染しても無徴候に留まるか、せいぜい数週間のあいだ軽い風邪のような症状が出る程度である。

05


<芽殖孤虫>

ヒトに寄生する人体寄生虫の1種。条虫綱擬葉目裂頭条虫科に属する扁形動物。成虫は同定されていないため、孤虫の名が付けられている。ヒトの体内に入ると、急速に分裂して全身に転移しながら増殖し、宿主を確実に死に至らしめるという、非常に危険な性質を持つ。

発症者には両生類、爬虫類の喫食経験者が多い事から両生類、爬虫類が原因となっている可能性を示唆している。

世界的に感染報告が少なく、明確なことはわかっていないが、日本での感染報告例が多い。2000年の時点で14例の症例が報告されている。そのいずれもが死亡例であり、内訳は日本が6例、台湾3例、アメリカ2例、カナダ、パラグアイ、ベネズエラが各1例である。

寄生した幼虫は皮下で増殖し、やがて全身の皮膚に膨隆が見られるようになり、内臓や脳へ至り慢性化する。臓器や脳の破壊により、喀血、嘔吐、下痢、腹痛、胸痛、脳障害などさまざまな症状を呈する。

治療法は確立していない。幼虫移行症を起こす寄生虫は手術で幼虫を摘出するしかないが、芽殖孤虫は体内に残った幼虫が分裂して再び増殖するため困難である。現在までに、芽殖孤虫に寄生された患者の救命に成功したという報告はない。つまり、現段階での致死率は100%である。(=ウィキペディア)

 少し寒気がして涼しくなりませんでしたか、夏の怪談話なら怖い寄生虫の話です。

『海に漬かって血だらけに、足に原因不明の無数の穴 オーストラリア

20170807 22:00) 

87 AFP】オーストラリア・メルボルン(Melbourne)郊外で、10代の少年が夜間、海に30分ほど入っていたところ、足に無数の小さな穴が開き、血だらけになっていた。少年を診察した医師らは原因が何か説明できていない。

 サム・カニザイ(Sam Kanizay)君(16)は5日夜、腰までの深さしかないメルボルン郊外のブライトンビーチ(Brighton Beach)で、海に入って30分ほどじっと立っていた。だが、海から上がると、ふくらはぎから下にかけて大量に出血していた。カニザイ君は7日、地元ラジオ3AWに対して「水が冷たくて脚の感覚がなかった。ピンや針でもあるのかなと思っていたけれど、単なるピンや針じゃなかったみたいだ」と語った。

 家族は海に生息する虫によるものではないかと疑う一方、シャワーで脚を洗っても出血は続いた。「足首や足の甲のあちこちにピンで刺したような小さな穴というか、かみ痕みたいなものが何百とあった」という。

 駆け込んだ病院の医師らも何が原因か特定できなかった。エイやクラゲの仕業ではないかという専門家の推測を引用した報道もあったが、イルカ調査研究所(Dolphin Research Institute)のジェフ・ウィアー(Jeff Weir)氏は、腐りかけの植物や動物性の物体に付着して分解を促進する極小の甲殻類ではないかとみている。

 ウィアー氏はAFPに対し、そうした甲殻類は「人を食べる恐れはないが、時々、蚊やヒルなどのようにかむことがある。カニザイ君は冷え切ってしまっていたため、感じることができなかったのではないか」と語った。ウィアー氏も40年前、夜中にダイビングをした際、額に似た傷を負ったことがあるという。さらに同氏は、傷はかすり傷のようなものなのでカニザイ君は海に入ることを怖がる必要はないと述べ、「ただ、そんなに長く水の中でじっと立っている人はいないだろうが」と付け加えた。』(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 7日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―「アムールトラの4つ子の赤ちゃんが初めて一般公開、ドイツのハーゲンベック動物園・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「ドイツ北部のハンブルクにあるハーゲンベック動物園で3日、アムールトラの4つ子の赤ちゃんが初めて一般公開・・」という話です。

独ハンブルクの動物園に4つ子のトラの赤ちゃんがお目見え

03

これまでは屋内の限られた一画でのみ飼育されていたが、母トラのマルーシュカに促され、外の世界への一歩を踏み出した

04

マルーシュカはロシア・シベリアのノボシビルスク動物園で2011年に誕生。父トラのヤーシャとは現在飼育されているハーゲンベック動物園で出会った

05

オス2匹、メス2匹のこれらの4つ子は、6月15日に園内で生まれた

06

地面のにおいをかぎながら、早速飼育エリアを探索

07

 ウィキによると出産は「1回に1 - 6頭の幼獣を産む」ということで、「4つ子の赤ちゃん」はごく普通のようです。

トラの赤ちゃんの生態情報:妊娠期間は96 - 111日。1回に1 - 6頭の幼獣を産む。メスのみで幼獣を育てる。授乳期間は3 - 6か月。出産直後の幼獣は眼も耳も閉じているが生後6 - 14日で開眼し、生後9 - 11日で耳が開く。生後4 - 8週間で巣から出るようになる。幼獣は生後18 - 24か月は母親の縄張り内で生活し徐々に独立する。生後2年で幼獣の半数は命を落とし、オスが幼獣を殺すことも多い。オスは生後4 - 5年、メスは生後3 - 4年で性成熟する。寿命は約15年と考えられ、飼育下では26年の記録がある。・・・(=ウィキペディア)

 ・・で、マップの探査によるハーゲンベック動物園の場所とストリートビューで見た動物園です。

ハーゲンベック動物園の場所

00

 園内には「世界の建物と庭園?」や水族館があり、当然、日本の神社と鳥居があります。最後が入り口です。

「世界の建物と庭園?」や水族館

02

01

話は別に:Four child tiger baby”(4つ子のトラの赤ちゃん)でネットを検索していると、今回のハーゲンベック動物園とは別に4つ子の可愛い赤ちゃんの写真を見つけたので紹介します。

 それも世界で始めての真っ白なライガー(ligers;ライオンとトラ)の4つ子の赤ちゃんで、サウスカロライナ州のマートルビーチサファリで生まれたものです。

真っ白なライガー(ligers;ライオンとトラ)の4つ子の赤ちゃん(2014.01

Xx

サウスカロライナ州のマートルビーチサファリ

Zz

Yy

 赤ちゃんたちが余りに可愛いので余計に悪く言いたくないのですが、「マートルビーチサファリ」の繁殖のやり方は好きではありません。

 『4つ子のトラの赤ちゃん、お目見え ドイツの動物園

2017.08.04 Fri posted at 18:26 JST

ベルリン(CNN) ドイツ北部のハンブルクにあるハーゲンベック動物園で3日、アムールトラの4つ子の赤ちゃんが初めて一般公開された。

オス2匹、メス2匹のこれらの4つ子は、6月15日に園内で生まれた。これまでは屋内の限られた一画でのみ飼育されていたが、動物園の発表によると母トラのマルーシュカに促されて今回、外の世界への一歩を踏み出したという。

4匹は草に脚を取られたり池の水のにおいをかいだりしながら、早速飼育エリアの探索を始めた。

マルーシュカはロシア・シベリアのノボシビルスク動物園で2011年に誕生。父トラのヤーシャとはハーゲンベック動物園で出会った。

4つ子は2、3週間後にヤーシャと対面する予定。動物園は現在、ソーシャルメディアを通じて赤ちゃんトラたちの名前への投票を呼び掛けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 5日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「少しでも幸せになれる条件・・のネコ!?」

ネットの“funnycatpix.com”から、最初のこの子たちを見て、思いついたのが「ネコが幸せになれる条件・・」で、今回はネコ物語・「少しでも幸せになれる条件・・のネコ!?」に相応しいと思える「いろいろな表情のネコたちの写真」を適当に選択・編集です。

少しの贅沢(食べ物)

03

少しの贅沢(住まい・遊び道具)

04

寛容な飼い主①(住まい【隠れ家】)

05

寛容な飼い主②(遊ぶ道具)

06

自由にお外・遠くにいける①(自由にテンベアー【小旅行】)

01

自由にお外・遠くにいける②(電車やバスに乗れる)

02

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 2日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・「自分用の入り口を作ってもらう・・のネコ!?」

ネットのイングリッシュ・ロシア“englishrussia.com”の「暗闇の中でも輝く飼いネコ用入り口を作ってあげる」:“Man Made a Separate Entrance for His Cat that Glows in the Dark”から、ネコ物語・「自分用の入り口を作ってもらう・・のネコ!?」です。

 ロシアのヴォルゴグラード出身のウラジミール・セメノフさんは、飼いネコのリジク(Ryzhik)が大好きで、そのため1階のアパートに別の入り口を作ってあげました。

ペットが容易にアパートに入ることが出来る階段と(何故か)素敵な? LED

01_2

02_2

途中には、ネコのための「休憩所」がある

03_2

04_2

通路と「休憩所」は3日の作業だそうですが、ネコは気に入っている・・みたい!

06_2

07

05_3

 ただ、大きなお世話かも知れませんが、「暗闇の中でも輝くLED」は人用、ネコには不必要なものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧