面白話・話のネタ

2017年9月24日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―世界で最もストレスの少ない都市、ベスト10・・!?」

ネットのCNNの旅行部門の記事、「世界各地の都市の住民が感じるストレスを比較した最近の調査」からですが、まず、本家の英語版CNNの「世界で最もストレスの少ない都市」と「世界で最もストレスの多い都市」のベスト10リストです。

「世界で最もストレスの少ない都市」:“The world's least stressful cities

 1. Stuttgart, Germany

 2. Luxembourg City, Luxembourg

 3. Hanover, Germany

 4. Bern, Switzerland

 5. Munich, Germany

 6. Bordeaux, France

 7. Edinburgh, UK

 8. Sydney, Australia

 9. (tie) Graz, Austria

  and Hamburg, Germany

「世界で最もストレスの多い都市」:“The world's most stressful cities

 1. Baghdad, Iraq

 2. Kabul, Afghanistan

 3. Lagos, Nigeria

 4. Dakar, Senegal

 5. Cairo, Egypt

 6. Tehran, Iran

 7. Dhaka, Bangladesh

 8. Karachi, Pakistan

 9. New Delhi, India

 10. Manila, Philippines

 ・・で、「ストレスの少ないベスト10にドイツから4都市が入った・・」ということです。

ストレスフリーの都市ランキングは、ドイツの都市の優勢を印象付ける結果に

01


独シュツットガルトにあるネオ・ゴシック建築の教会

02


アイスランドのレイキャビクは、身体的な健康と男女の平等という観点でトップに立った

03


独ハンブルクの市庁舎。同市はストレスの少ない都市ランキングで9位に入った

04


ハンブルクと同率の9位となったオーストリア・グラーツの街並み

05


欧州以外の都市で唯一のトップ10入りを果たした豪州のシドニー

06


英スコットランドの首府エジンバラは7位。ランキング対象の150都市中2位の緑地率を誇る同市だが、日照時間はスコットランドの都市らしく141位だった

07


6位に入ったフランスのボルドーは安全性の認知度でも3位とトップクラスの結果

08_2


家庭の購買力ではドイツのミュンヘンが最高位を記録

09


スイスのベルンは緑地率や人種間の平等などでの優勢が際立つ

10


独ハノーバーの名所、ヘレンハウゼン王宮庭園。バロック様式の庭として欧州でも屈指の見事さを誇る

11


ランキング対象の150都市中2番目に人口密度が低かったルクセンブルク市

12


ストレスの少ない都市ランキング、トップ10に独から4都市

(2017.09.14 Thu posted at 12:14 JST)

(CNN) 世界各地の都市の住民が感じるストレスを比較した最近の調査で、ストレスの少ないベスト10にドイツから4都市が入った。

調査は英国のクリーニング宅配サービス大手「ジップジェット」が世界500都市を対象に実施。都市基盤や公害、経済、福祉など17分野で全項目のデータがそろった150の都市をランク付けした。

具体的には道路の混雑や公共交通機関の状況、緑地率、住民の家計状況、心身の健康状態、年間の日照時間といった項目を総合して比較した。

その結果、ドイツ南西部のシュトゥットガルトが世界一ストレスの少ない都市と判定された。同国からはこのほかハノーバーが3位、ミュンヘンが5位、さらにハンブルクがオーストリアのグラーツと並んで9位に入った。

ベスト10の顔ぶれは2位がルクセンブルク市、4位がベルン(スイス)、6位がボルドー(フランス)、7位がエジンバラ(英国)。欧州以外の都市ではオーストラリアのシドニーだけが8位に入った。

最もストレスが多いとされた都市はイラクのバグダッド、ワースト2はアフガニスタンのカブール。総合的なストレスを示す指数はシュトゥットガルトの1.00に対し、バグダッドが10.00となっている。

シュトゥットガルトの強みは地元の経済だ。ポルシェ、ボッシュ、メルセデスベンツなど大手自動車メーカー、自動車部品メーカーの本社がある。その一方でブドウ園の丘や谷が広がり、市内の緑地率も首位に位置している。

人口密度が低い都市のトップはクウェート市。ルクセンブルク市がこれに続き、シドニーは6位、同じオーストラリアのメルボルンが7位だった。

公共交通機関への満足度が最も高かったのはシンガポールと台北。犯罪が少なく、安全な都市のトップはアラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ、2位が大阪だった。

日照時間はシリアのダマスカスが最も長かったが、この項目は総合ランキングとの関連性が低いとみられ、ベスト10の中で最も長いボルドーでも56位にとどまった。

大気汚染が少ない都市の上位には米国のマイアミ、シアトル、カナダのバンクーバー、そして米ボストンと、北米の都市が並ぶ。

失業率が最も低いのはカンボジアのプノンペンだった。

世帯収入の平均と生活費から算出した家庭の購買力は、ミュンヘンがトップ。ルクセンブルク市、シドニー、モナコ、シュトゥットガルトがこれに続いた。

住民の精神的な健康状態はルクセンブルク市とボルドー、グラーツ、身体的な健康状態はアイスランドのレイキャビクが最も良好とされた。

レイキャビクは男女の平等でもトップ。人種間の平等で上位に挙がったのは米サンフランシスコ、ボストン、シアトルだった。

世界の四大都市とされるロンドン、東京、パリ、ニューヨークはそれぞれ70、72、78、84位と、いずれも150都市のほぼ中位にとどまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月20日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―「世界を変えた日本の発明品25選 <後編>・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「世界を変えた日本の発明品25選」の<後編>です。

『世界を変えた日本の発明品25選 <後編>

(2017.09.18 Mon posted at 18:16 JST)

(CNN) 日本は発明家の国といえるかもしれない。日本がわれわれにもたらしたのはロボットやノートパソコンや信頼性のある車だけではない。日本は大衆文化にも多大な影響を与えている。

後編では、人々の生活を変えた「日本の発明品」のうち12品を見る。

源氏物語

B01

源氏物語は紫式部が11世紀に書いた日本の長編物語で、世界最古の長編小説と見る人も多い。

注)ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564426日(洗礼日)- 1616423)500年も前、しかも普通(平民・女官)の女性であるところが凄いのです。

電気炊飯器

B02

1955年に東芝が日本初の電気炊飯器を発売し、即座にヒット。労働者階級の繁栄のシンボルともなった。

新幹線

B03


新幹線は最高時速300キロを超える日本の高速鉄道で、1964年に東京駅、新大阪駅間に開業した東海道新幹線が初の路線だ。

注)51年以上人身事故死など重大事故ゼロ(無し)です

食品サンプル

B04


20世紀初頭に日本の実業家、岩崎瀧三氏が、テーブルの上のろうそくが溶けてポタポタと落ちる様子を見て、ろうで食品サンプルを作る方法を思い付いたとされる。今ではプラスチックで作られ、日本のみならず世界中で利用されている。

ポケモン

B05


ポケモン(ポケットモンスター)は、田尻智氏が1995年に制作したゲームソフトシリーズの名称で、アニメをはじめ、カードゲームや映画、漫画、キャラクター商品も大ヒットした。「ポケモンGO」の世界的ヒットも記憶に新しい。

LED照明

B06


1990年代初頭に、赤崎勇氏、天野浩氏、中村修二氏の3人の科学者が世界初の高輝度青色LED照明を開発した。消費電力の少ないLEDは、テレビや携帯端末、コンピューターのスクリーンなどに広く使われている。

ジェットスキー

B07


日本のオートバイメーカー、カワサキが1970年代にジェットスキーを初めて商品化し、成功を収めた。

ポケット電卓

B08


キヤノンは1970年に世界初の携帯型、電池式、印刷機能付き電卓「ポケトロニク」を発売した。

ノート型パソコン

B09


エプソンのHC-20(海外ではHX-20)は世界初のハンドヘルドコンピューターで、1982年に発売された。

航空母艦

B10


1922年竣工の日本海軍の航空母艦「鳳翔(ほうしょう)」は、空母の目的で建造された世界初の艦だ。(写真の2枚目以降はウィキより)

カーナビ

B11


ホンダが1981年に発売した「エレクトロ・ジャイロケータ」は世界初の商用カーナビゲーション・システムだ。

3Dプリンター

B12


3D印刷の世界初の試みは1980年代になされ、当時はラピッドプロトタイピング技術と呼ばれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月18日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―「世界を変えた日本の発明品25選 <前編>・・!?」

 ネットのCNNのニュースから、「世界を変えた日本の発明品25選」の<前編>です。

 余りにうれしい? というか、良い話なので今回は余計なコメントは控え、そのまま紹介・・と、思ったのですがCNNがこの時期に日の丸まで出して日本を持ち上げるのは何か怪しい? というか、下心がありそうです。

00


 ・・で、トランプが言うほどフェイク・ニュースとは思いませんが、オレオレ詐欺の兄ちゃんの電話の文言を聞くつもりで読んでみては・・という感じです。

『世界を変えた日本の発明品25選 <前編>

2017.09.17 Sun posted at 19:58 JST

(CNN) 日本は発明家の国といえるかもしれない。日本がわれわれにもたらしたのはロボットやノートパソコンや信頼性のある車だけではない。日本は大衆文化にも多大な影響を与えている。

たとえば、カラオケはいまでは世界的な人気を誇るが、誕生したのは日本だという。トヨタの「カローラ」は4000万台以上を売った世界的なベストセラーであり、ポケットに入る電卓や、世界初のハンドヘルドコンピューターも日本生まれだ。

そのほか、ゲーム機や食べ物、パズルなど、人々の生活を変えた「日本の発明品」を紹介する。

自撮り棒

01


自撮り棒がいつどこで誕生したかについては諸説あるが、最初に特許を取った自撮り棒(当初は「エクステンダー」と呼ばれた)は、1980年代に日本で作られた。

カラオケ

02_3


カラオケブームはいまや、世界に広がっているが、カラオケマシンは1971年、当時ドラム奏者だった井上大佑氏が、テープのプレーヤーとアンプを組み合わせることによって発明されたという。

絵文字

03


1990年代末に栗田穣崇(くりたしげたか)氏がiモードの携帯電話に絵文字を導入した。絵文字は当初、メッセージの送受信ではなく、簡単な天気予報やビジネス情報のために生み出された。

トヨタ・カローラ

04


世界のベストセラーカー、カローラは1966年に発売され、その信頼性とシンプルさで瞬く間に世界的人気を博した。カローラはいまや10代目で、販売台数は4410万台におよぶ。

インスタントラーメン

05


ラーメン自体は中国発祥の食べ物だと考えられているが、日本で初めてインスタントラーメンが1958年に発売され、今や国民食というより1つの文化となっている。

任天堂のゲーム機

06


任天堂は1889年創業。当時は花札を製造・販売していたが1970年代にビデオゲーム事業に進出し、ゲームボーイやNINTENDO64、Wiiなど数々のヒット商品を生み出した。

プレイステーション2

07


2000年にソニーが日本で発売したプレイステーション2は、累計1億5500万台以上の売り上げを記録した。

ソニー・ウォークマン

08


初代ウォークマンは1979年に発売された。世界中で人気を呼び、「ウォークマン」は携帯用テーププレーヤーの代名詞となった。

うま味

09


甘味、酸味、塩味、苦味に次ぐ第5の味とされ、1908年に化学者、池田菊苗氏が発見した。

四角スイカ

10


四角スイカは日本の高価な観賞用果物で、1978年に小野友之氏によって発明された

数独

11


数独は、1984年に鍜治真起氏が発明したパズルゲームで、頭の体操として世界的人気を博している。

VHS

12


VHS(ビデオ・ホーム・システム)は、日本ビクターが1976年に開発した家庭用ビデオ規格で、同年VHSビデオデッキ第1号が発売された。VHSは当初、別の規格「ベータマックス」と競争を繰り広げた。

柔道

13


「柔道の父」として知られる嘉納治五郎氏は、1882年に今日われわれが知る柔道を創始した。1964年の東京オリンピックで正式競技となり、世界の競技人口は約2800万人に上る。

 

注)写真の技の“内股”は、一見、完璧な技に見えますが、本来の“内股”からすると程遠いものです。引き手が、襟を持っている点です。このまま、無理に投げようとすると相手は体をヒネリ、手を付いて逃げようとするので大怪我(肩関節の脱臼など・・)になる可能性があります。どうでもよい事かも知れませんが・・? 

・・というか、何か? プレゼンの仕方がズレテイルと思いませんか? インスタントラーメンなら“チキンラーメン”だし、うま味ならまず“味の素”です。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月16日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―『持ち運び可能な家、「uBox」は広げると約60平方メートルになり、10分以内で完成・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「英企業のテンフォルド・エンジニアリングが作った持ち運び可能な家、「uBox」は広げると約60平方メートルになり、10分以内で完成・・」という話です。

土台も重機もいらず自動で組み立てられる移動式家屋「uBox」

01


展開した「uBox」の面積は約60平方メートル。貨物用コンテナと同様、保管や輸送のために積み上げることが可能だ

02


特許を取ったレバー構造により、個々のパーツが同時に展開する

03


移動式の居住空間を手に入れることは、様々な無駄や悪条件から解放される選択が可能になることを意味する

04


しまう際は密閉状態になり、内部に物を保管することができる

05_2


当初は住宅として開発されたが、オフィスや店舗、レストラン、展示場として使うことも可能だ

06


客席などの特殊な設備を収納するタイプも

07


コンテナ型に収納し、トラックに乗せてどこへでも移動

08


 以下はYouTubeの“TEN FOLD - Unfold Your Future”にその組み立て時の動画があり、それを編集しました。

Xx


Yy


『10分で完成、持ち運び式の家が話題に 英

2017.09.15 Fri posted at 15:58 JST

(CNN) 家を建てるのは一部の人にとって一生の夢だ。新しい組み立て住宅の登場により、この夢は実現可能なものになった。それも10分以内にだ。

英企業テンフォルド・エンジニアリングが作った持ち運び可能な家、「uBox」は広げると約60平方メートルになる。自動的に組み立てられ、土台を用意したり重機を使ったりする必要はない。

個々の家は特許を取ったレバー構造を使用しており、展開する際はそれぞれのパーツが同時に動く仕組みになっている。貨物用コンテナと同様、保管や輸送のために積み上げることが可能だ。

しまう際は密閉状態になり、内部に物を保管することもできる。

7年前に同社を設立した英国の建築家、デービッド・マーティン氏はこうした即席住宅を開発した狙いについて、所有者に柔軟性を提供するためだと説明。「われわれの新しい世界においては常に物事が変化しているため、機敏に動けることが必要だ」「現代生活に求められるスピードで動かせるものは他にない」と語った。

開発に当たり焦点となったのは、「使いやすく職場にもなり、必要な物を運べるほどの大きさを持った構造を実現できるか」という点だった。トラックのような従来型の交通システムを使って輸送でき、クレーンや作業員なしで荷下ろし可能なうえ、時間を浪費しないよう数分間で組み立てられるものを開発しようと試みたという。

当初は住宅として開発されたが、オフィスや店舗、レストラン、展示場として使うこともできる。重要なのはこうした柔軟性だという

マーティン氏は「冬は山、夏はビーチに設置することが可能だ」と指摘。「富裕層向けのような印象を与えるのは分かっているが、実際は違う。学校であれば学期中は教室として1カ所で使い、夏の間は別の場所に置いておくことができる。より多くの人により多くの機会を提供する一方、重複や無駄は減る」と話した。

テンフォルド社の事業開発責任者、アンドレア・デボア氏によれば、この案は今のところ小売りや住宅産業、イベント関連業界などで人気を博している。「個人の求めに応じて注文製作やオーダーメイド、もしくは大量生産もできる」という。

uBoxは製品として「ごく初期の段階」だといい、売上数は明かさない方針だとしている。同社の家の値段は最大で12万9000ドル(約1430万円)。

持ち運び可能な家には数々の利点があるとみられるが、テンフォルドは自社が従来の建築と対立しているとは考えていない。

デボア氏は「われわれの技術は従来のインフラ産業と相補的なもの、これを補助するものと見なされるべきだ」「こうした構造物は持ち運び可能な不動産だといえる」と説明。

マーティン氏は「誰もがこうした家を持つべきだと主張しているわけではない」と補足し、「われわれ皆の生活向上につなげるためのツールだ」と述べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月14日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―「iPhone Xについて知っておくべき10のこと・・!?」

ネットのCNNのニュースから、『米アップルは12日、カリフォルニア州クパティーノの新社屋で発表会を開き、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新製品「8」と大型の「8プラス」をはじめ、腕時計型端末「Apple Watch」の新モデルや、4K対応の「Apple TV」を披露し、今回の発表会で最も注目を集めたのは、「iPhone X(テン)」と呼ばれるプレミアム端末・・』という話です。

「X」はほぼ全面がスクリーンになっている=Apple

03

04

ほぼ全面がスクリーンだ=Apple

02

01

 基本的にスマホは所持していないので、その便利さの恩恵を知りませんが、『便利なものほど、不便なものは無い』という考えは変えないつもりです。

 便利なものは、その便利さに依存してしまうので、ときどき、もの凄い「しっぺ返しがある」というのをパソコンを使っていて感じ、最近、その思いは募るばかり、「このままでは、人はダメ(アホな人間)になってしまうのでは・・?」と、「余計なお世話・・!」と言われそうな心配をして心を痛めています。

 ところで“iPhoneX”ですが、「フェイスID」という顔認証技術を搭載ということです。

 何か? 素晴らしい認識技術のようですが、赤外線や「ドットプロジェクター」を使うと皮膚の下のメラニン色素の分布パターンが数値化できます。これなら双子などの似た顔も別と識別出来ます。

(昔、エンジンのオイルパンの機種認識に、色の濃淡(白黒)の分布エントロピーを数値化したことを思い出しました)

 ただ、これだけだと夏の間使用しないなど、使用の間隔を開けると別人と認識して使えなくなる可能性があるので、何かの工夫? がしてあるはずです。

話の続き:『便利なものほど、不便なものは無い』の一つの例ですが、電話番号の登録があります。あくまでも友人の話ですが、スマホや携帯を無くすと連絡方法(例えば、自宅とかも・・)が分からなくなり、場合によりますが恐ろしいことになります。

そして、どうしても必要があるときに限って、不所持・故障・電池切れが起こるものです。

もうひとつ、もの凄く複雑・精緻な、人手を労した道具(機械)で「便利なことが出来る」というのは当たり前、簡単で容易く作れる道具(機械)でもの凄いことが出来るのが文明的? にBestです。

『iPhone Xについて知っておくべき10のこと

2017.09.13 Wed posted at 19:45 JST

ニューヨーク(CNNMoney) 米アップルは12日、カリフォルニア州クパティーノの新社屋で発表会を開き、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の新製品「8」と大型の「8プラス」をはじめ、腕時計型端末「Apple Watch」の新モデルや、4K対応の「Apple TV」を披露した。しかし、今回の発表会で最も注目を集めたのは、「iPhone X(テン)」と呼ばれるプレミアム端末だろう。

携帯電話の販売価格が999ドル(約11万円)からというのは、以前だったら物笑いの種になっていたかもしれない。

アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は「X」について、スマートフォンの未来に他ならないと胸を張った。

「X」について押さえておくべき10の事柄について紹介しよう。

フェイスID

他のiPhoneだと、ロックを解除したりするのに指紋を利用する。「X」では顔認証技術を利用する。顔認証技術「フェイスID」を実現するために、アップルは新しいカメラシステムを使用している。赤外線や「ドットプロジェクター」を使って、顔の数学的モデルを作り出す。このモデルは時間経過による顔の変化にも対応するという。

アニモジ

あなたの声や表情を使った動くパンダの絵文字を送ることができずにがっかりしていたかもしれない。しかし、「X」の新しいアニモジ機能でそうした絵文字を送ることができるようになるだろう。

より長いバッテリー寿命

アップルによれば、「X」のバッテリー寿命は「7」より2時間長いという。

カラーバリエーションは少ない

「X」はシルバーとスペースグレイのわずか2色。「8」と「8プラス」はその2色に加えてゴールドもある。

ケーブルとはおさらば

「X」は「8」や「8プラス」と同じようにワイヤレスの充電に対応している。

発売日

「8」と「8プラス」は月内に発売される。「X」は予約開始が10月27日。発売は11月3日になるとみられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月13日 (水)

私の世界・面白い話のネタ―『ロンドン下水管に「怪物級」の油脂の塊 重さ130トン、長さ250m・・!?』

ネットのAFPの記事から、「英ロンドン(London)のビクトリア時代に造られた下水管で、重さ130トン、長さ250メートルもの油脂の塊が・・」というとんでもない話です。

英水道大手テムズ・ウォーターが提供した油脂の塊「ファットバーグ」の写真(2017912日公開)。(c)Thames Water

Aa

英水道大手テムズ・ウォーターが提供した作業員の写真(2017912日公開)。(c)Thames Water

Bb

英ロンドン中心部の下水道で、食用油脂の塊「ファットバーグ」の除去作業を行う水道大手テムズ・ウォーターの下水道管理者(20141211日撮影、資料写真)。(c)AFP/ADRIAN DENNIS

Cc

 ・・で、ホワイトチャペル(Whitechapel)の幹線道路の場所をマップとストリートビューで紹介します。

ホワイトチャペル(Whitechapel)の場所

02

ストリートビューで見たホワイトチャペル(Whitechapel)の幹線道路

01

 重さ130トン、長さ250メートルもの油脂の塊が道路の下、下水管の中に「モンスター(怪物)ファットバーグ」が詰っているのです。(気持ち悪う・・!)

『ロンドン下水管に「怪物級」の油脂の塊 重さ130トン、長さ250m

2017913 6:38 発信地:ロンドン/英国)

913 AFP】英ロンドン(London)のビクトリア時代に造られた下水管で、重さ130トン、長さ250メートルもの油脂の塊が見つかった。水道大手テムズ・ウォーター(Thames Water)が12日、発表した。

 下水管を詰まらせる油脂の塊は氷山(アイスバーグ)になぞらえて「ファットバーグ」と呼ばれるが、今回の塊は特に大きく、「モンスター(怪物)ファットバーグ」と呼ばれている。

 この塊が見つかったのは、ロンドン東部ホワイトチャペル(Whitechapel)の幹線道路の下を走る下水管。腐敗した食用油脂とウエットティッシュが混ざり合って岩のように硬くなっており、技師らによれば、除去作業には最長3週間かかる。

 テムズ・ウォーター廃棄物部門のマット・リマー(Matt Rimmer)部長は声明で、「このファットバーグは、われわれがこれまで見たものの中で最大だ。まさにモンスターで、あまりに硬くこびり付いているため、除去作業に多大な人手と機材とを要している」と明かした。

「要はコンクリートを壊そうとしているようなものだ。本来は避けられる状況なのに、台所のシンクから脂身や油を流したり、トイレでウエットティッシュを流したりするせいでこうなっているのだから、いら立たしい」と付け加えた。

 公開された画像には、ファットバーグが下水管を完全に塞いでいる様子が写っている。声明によると、現在は作業員8人が強力な高圧ホースで塊を崩してタンクローリーで吸い出し、連日平均2030トンを除去している。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月12日 (火)

私の世界・面白い話のネタ―ネコ物語・『養老鉄道、「ねこカフェ列車」運行・・のネコ!?』

ネットのBBC(bbc.com)のいつも見ているネコ関連記事に「日本でネコが地元列車に招待・・」:“Cats invited on to local Japan train”という話が載っており、調べてみると910日に養老鉄道が「ねこカフェ列車」を運行したということをネットのNHKニュースや毎日が報じています。

「ねこカフェ列車」のネコ(BBCの動画より)

Aa

 大垣⇔養老⇔池野間約40kmを2往復、2回の運行で計約80人の乗客が子猫との旅を楽しんだそうで、岐阜県各務原市の猫カフェの「こねこカフェ・サンクチュアリ(Sanctuary)【保護猫カフェ・子猫カフェ】」の協力によるようです。

こねこカフェ・サンクチュアリのHPより

01

『「ねこカフェ列車」が運行 養老鉄道

(NHK 910 1827分)

「ねこカフェ列車」のネコ(NHKの動画より)

Bb

岐阜県揖斐川町と三重県桑名市を結ぶ養老鉄道で、子猫と触れ合うことのできる「ねこカフェ列車」と名付けられたイベント列車が運行されました。

このイベント列車は養老鉄道が猫の保護活動に取り組む団体の協力を受けて、10日に1日限定で運行しました。3両編成の列車の車内では、保健所などから引き取られた20匹余りの子猫と触れ合うことができます。

およそ80人の参加者たちは終点に着くまでのおよそ2時間、子猫を抱いたり一緒におもちゃで遊んだりして楽しんでいました。

養老鉄道によりますと、このイベント列車は募集と同時に定員が埋まるほどの人気で、参加者の中には東京から来た人もいたということです。

愛知県から参加した女性は「もうメロメロになりました。いろいろな子猫に触れあえてとてもよかったです」と話していました。

この「ねこカフェ列車」の参加料の一部は、猫の保護活動に充てられるということです。

『養老鉄道 殺処分前20匹乗り「ねこカフェ列車」出発進行

(毎日新聞2017910 1834(最終更新 910 1947)

列車内で子猫と触れ合い 2回の運行で80人の乗客

「ねこカフェ列車」のネコ(毎日新聞より)

Cc

 岐阜県西部と三重県桑名市を結ぶ養老鉄道が10日、列車内で子猫と触れ合える「ねこカフェ列車」を運行した。2回の運行で計約80人の乗客が子猫との旅を楽しんだ。参加費の一部は、子猫の殺処分ゼロに向けた保護活動に充てられる。

イベントは養老鉄道が企画。岐阜県各務原市の猫カフェから、殺処分される前に保健所から引き取ったという約20匹を借り受けた。

 この日は大垣駅(同県大垣市)を出発して養老駅(同県養老町)を経由し、池野(同県池田町)に向かう約40キロの行程と、その逆の行程で、それぞれ約2時間かけた。(共同)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月11日 (月)

私の世界・知らない世界―「スイス南部にあるトリフト(Trift)氷河の一部が10日、崩壊・・!?」

ネットのAFPの記事から、「スイス南部にあるトリフト(Trift)氷河の一部が10日、崩壊・・!?」という話です。

 その場所をマップの航空写真とストリートビューで見たものですが、残念なことに方向が真逆になっているので見るとき気を付けて下さい。

01


 最初のストリートビューは北側から見た上が南の写真、向かって左側にサースフェー(Saas-Fee)の村、マップの航空写真は上が北で村は右です。

03


 ストリートビューの添付写真はスキーリゾートということでほとんど冬季の写真で、これを見ると「トリフト氷河が崩壊」は大変なことに思えますが、 今は夏の終わり、こんな感じなので「そんなに大したことはないのでは?」とも思えてしまうのです。

04


 夏なので、「雪崩は村まで到達しなかった・・」のかも知れません。

 

話の続き:AFPの参考写真の「スイスのトリフト橋を渡る観光客・・」は、マップでいろいろ見れば分かるのですが、現場付近には写真のような深い谷と水面なんて何処にもなく、“トリフト”という言葉が同じ? というだけ、トリフト氷河やサースフェー(Saas-Fee)村とは何の関係もない写真のようです。(これから、AFPには気をつけねば!)

スイスのトリフト橋を渡る観光客。Cultura Creative提供(撮影日不明、資料写真)。(c)Cultura Creative

02


『スイス南部のトリフト氷河が崩壊、地元住民らは事前に避難

2017911 10:12 発信地:ジュネーブ/スイス)

911 AFP】スイス南部にあるトリフト(Trift)氷河の一部が10日、崩壊した。地元バレー(Valais)州の警察によると、家屋の損傷や死傷者などは出ておらず、避難していた地元住民らも自宅に戻れるという。

 スキーリゾートのある「サースフェー(Saas-Fee)」では9日、山岳氷河が崩壊する恐れがあり、それをきっかけに氷河雪崩が発生して村が巻き込まれる可能性があるとして、当局が220人を超える住民を避難させていた。

 10日早朝には氷河下部が崩壊。ただ雪崩は村まで到達しなかった。そのため住民らは帰宅を許可され、地元道路の通行止めも解除されたが、ハイキングコースは今も通行止めになっていると警察は声明で述べている。

 地元当局によると、トリフト氷河周縁の「氷舌」沿いでは最近、1日最大130センチの大きな移動がみられることが地質学者らに確認されていた。

 警察は、トリフト氷河の不安定な氷舌のうち「約3分の1だけが残った」としており、同地区は監視下に置かれ、「状況は今後も継続的に再評価される」と述べている。(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月10日 (日)

私の世界・知らない世界―「ツァーリ・ボンバは使用するには大き過ぎた・・!?」

 ネットのBBC(bbc.com)のニュースから、「モンスター原爆は使用するには大き過ぎた」:“The monster atomic bomb thatwas too big to use”というツァーリ・ボンバの話ですが、ツァーリ・ボンバは以前に一度取り上げているのですが“nuclearweaponarchive.org”というサイトに投下時の写真があったので再度紹介します。

1961年にソ連は非常に強力核兵器をテスト、それは戦争で使用するには大き過ぎた。それは非常に異なった種類の広範囲の影響をもたらした。

 北極海の非常に離れた島のノヴァヤ・ゼミヤが目標に選ばれ、投下はTu-95 'Bear'爆撃機から行なわれた。」

(以下の写真はBBCより)

01_2

 ウィキにTu-95戦略爆撃機によって運搬・投下された様子が説明されており、大変なものだったことが伺えます。

ツァーリ・ボンバは特別な改修をうけたTu-95戦略爆撃機によって運搬・投下され、測定・撮影用にTu-16Vが随行していた。熱線による被害を最小限に抑えるため、この2機には特殊な白色塗料が塗られていた。また、ツァーリ・ボンバは重量27トン、全長8メートル、直径2メートルと巨大であり、Tu-95そのままでは搭載できなかったため爆弾倉の扉と翼燃料タンクは実験に際して取り外され、それでも全容を納めることはできず半埋め込み式に搭載された。Tu-95は当時のソ連製爆撃機の中では最大級であったことからも、ツァーリ・ボンバの巨大さをうかがい知ることができる。ツァーリ・ボンバには重量800kgにも達する多段階の減速用パラシュートが取り付けられた。これは、投下機が爆心地から45キロメートル程にある安全圏へ退避する時間を与えるためであった。このような対策をしない場合、猛烈な熱線と衝撃波が投下機を襲うか、弾頭が高速で地面に激突して一面に想像もつかない結果を引き起こしてしまう。アメリカも同様の理由で核実験時の一部の核爆弾にパラシュートを取り付けた・・

ノヴァヤ・ゼミヤ島と投下時の様子(“nuclearweaponarchive.org”より)

02

03

 あまりに凄過ぎ? というか、影響が大き過ぎで、さすがのソ連も使うのを諦めたのです。

ツァーリ・ボンバ(Tsar Bomba、「ツァーリの爆弾」の意)

ソ連が開発した人類史上最大の水素爆弾の通称である。正式名称はAN602であり、開発時のコードネームはイワン(Иван)であった。「ツァーリ・ボンバ」の名称は西側諸国が、クレムリンに展示されている世界最大の鐘ツァーリ・コロコル、世界最大の大砲ツァーリ・プーシュカになぞらえてつけたものであるが、現在はロシアでも広く用いられている。なお他国の文献で「正式名称」として使用される「RDS-220」「RN202」はキリル文字での正式名称「РДС-202」「РН202」をラテン文字に翻字したもの。

単一兵器としての威力は人類史上最大であり、19611030日にノヴァヤゼムリャで、唯一の大気圏内核実験が行なわれ消費された(以後製造されていない)。TNT換算で99,000キロトン(約100メガトン)、実際の出力は後述のように、50メガトンに制限されたが、それでも広島型原子爆弾「リトルボーイ」の3,300倍(リトルボーイは15キロトン)に達する。第二次世界大戦中に全世界で使われた総爆薬量の10倍の威力を持つといわれるこの100メガトン級(実際は50メガトン)核爆弾の核爆発は2,000キロメートル離れた場所からも確認され、その衝撃波は地球を3周した。・・・

04


(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年9月 7日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―『チェコのクライマー、「世界最高難度の崖」を征服 ノルウェー・・!?』

ネットのCNNのニュースから、「チェコ出身のロッククライマー、アダム・オンドラさん(24)がこのほど、世界で最も登頂が難しいとみられるノルウェーの崖を登りきる快挙を成し遂げた。」という話、その『写真特集:「世界最難関」の崖に挑む』からです。

チェコのロッククライマー、アダム・オンドラさんが「世界最高難度」のルートを制覇

Aa

オンドラさんは登頂に向け、2013年から岩にボルトを打ち付けるなどの準備を進めてきた

Bb

オンドラさんは今回の登頂について、難易度最高を更新する「9c」に相当する初の成功例との見方を示す

Cc

世界最高難度に挑むにあたり、プレッシャーはほとんどなく、ひたすら気持ちを高めてきたと語るオンドラさん

Dd

成功に至るまでの道のりは楽しいものだったとオンドラさんは振り返る

Ee

 是非ともそのフラタンガル(Flatanger)にある「ハンシェルレン」と呼ばれる洞窟、“The cavern Hanshelleren”の絶壁の全容が見たくてネットでいろいろ調べましたが“https://climbflatanger.com/photos/#!”というサイトの写真に少しだけ載っています。

02

 ・・で、“Flatanger Hanshelleren”でマップを検索すると大体の場所が分かり、ストリートビューの添付写真には絶壁の全容が載っています。

03

00

04_2

 なお、ウィキの”Flatanger”にも“The cavern Hanshelleren known worldwide for the climbing route Change (9b+), set by Adam Ondra in 2012”として絶壁が載っていました。

01

『チェコのクライマー、「世界最高難度の崖」を征服 ノルウェー

2017.09.07 Thu posted at 12:20 JST

(CNN) チェコ出身のロッククライマー、アダム・オンドラさん(24)がこのほど、世界で最も登頂が難しいとみられるノルウェーの崖を登りきる快挙を成し遂げた。

オンドラさんが挑んだのは、ノルウェー中部の都市トロンへイムから車で北へ3時間のフラタンガルにある「ハンシェルレン」と呼ばれる洞窟の絶壁。2013年から現地を何度も訪れて準備を進めていたオンドラさんは今月4日、崖に設定した45メートルのルートを20分で登ることに成功した。

オンドラさんは今回の登頂について、ロープを使ったクライミングの難易度(フレンチグレード)での最高を更新する「9c」に相当する初の成功例との見方を示す。

登りきった瞬間には「今までにないほどの奇妙な感情が湧き起こった」としたうえで、「叫ぶことさえできなかった。ただロープにぶら下がっていただけだが、目に涙があふれるのを感じた。ものすごい喜びと安堵(あんど)、興奮がすべて入り交じった気持ちだった」と振り返った。

「プロジェクト・ハード」と名付けた今回のクライミングの計画については「ノルウェーで過ごしたすべての時間、ジムでこなしたあらゆるトレーニングが完全に報われた」と強調。成功に至るまでの道のりは楽しいものだったと語った。

大きく張り出した崖で知られるハンシェルレンは熟練のクライマーたちの間で人気が高い。オンドラさんにとっても「お気に入りの場所」の1つで、これまでの最高難度とされる「9b+」のルート登頂もここで達成した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧