健康

2017年10月 9日 (月)

私の世界・面白い話のネタ―『3日で痩せる? 人気の「軍隊ダイエット」・・!?」

ネットのCNNのニュースから、『短期間で体重を落とせる簡単なダイエット・・と言われる、「軍隊ダイエット」』の話です。

 私も糖尿病性合併症で足の壊疽や目のレイザー治療を受けなければならないほどになり、退院後は、10年間ダイエット(現在65kg)と低カロリー食(インスリン注射や薬は飲まなくともよい)で何とか元気? なので、「軍隊ダイエット」は興味があるのです。

 ただ、後遺症的に残っている足の潰瘍が悪化して抗生剤のお世話になることが何回かあります。この間(3日前)も、熱が出たので「それかも・・?」と検査を受けに行くと足からのものではないようで、形成外科の先生に「風邪でもなりますよ・・!」と言われました。

 CRPは高いのですが、尿や血液構成(白血球や好中球などの変化)など他の検査値に問題はなかったのですが、“Ca”が少しLOWだったので日ごろ飲まない牛乳を思い切り飲み、今は元気です。(思い付きが短絡的過ぎ・・!?)

 3日間の「軍隊ダイエット」のメニューが紹介されています。

ネットで評判の「軍隊ダイエット」が推奨する1日目のメニュー

01

2日目は夕食にホットドッグなどが食べられて合計1193カロリー

03

「軍隊ダイエット」で最も過酷な3日目のメニュー

02

 ダイエットの秘訣は、バランスの良い食事(ご飯・パン等と肉、魚、野菜、果物、その他)を「基礎代謝分+α(その人の運動必要量より少)」を取り、あたり前のことを長く続けることに尽きます。

『3日で痩せる? 人気の「軍隊ダイエット」を検証<1> 気になる献立の中身とは

2017.10.07 Sat posted at 09:00 JST

(CNN) 短期間で体重を落とせる簡単なダイエットを探してはいないだろうか。もしインターネットで検索していれば、恐らく「軍隊ダイエット」なるものにたどり着いたことだろう。

名称については「海軍ダイエット」や「陸軍ダイエット」のほか、「アイスクリームダイエット」と呼ばれることもある。3日間のプログラムで、ホットドッグやツナといった主菜に加えて、毎日アイスクリームを食べることができるためだ。

軍隊ダイエットは人気の3日間ダイエットの一種。こうしたダイエットでは通常、計画を忠実にこなせば3日から1週間で約10ポンド(約4.5キロ)痩せることができるとうたっている。献立はたいていまったくの必要最小限で、カロリーも厳しく制限されている。

だが、こうしたダイエットは健康的なのだろうか。落とした体重がリバウンドすることはないのだろうか。

糖尿病患者の食生活についての著書があるエレーヌ・マギー氏は「この種の低カロリー、低炭水化物ダイエットでは主に水分を失っており、筋肉の一部を失う恐れもある」と指摘。通常の食事を再開すれば体重は元に戻ってしまうだろうとの見方を示す。

軍隊ダイエットの場合は事情が異なるという可能性はあるだろうか。以下では軍隊ダイエットの1~3日目に推奨されている食事をまとめた。カロリーは米農務省の計算ツールを使って算出している。

まず1日目。朝食はカフェイン入りのコーヒーまたは紅茶を1杯、スプーン2杯分のピーナツバターを塗ったトースト1切れとグレープフルーツ半分というメニュー。これで308カロリーだ。

昼食はコーヒーまたは紅茶もう1杯に加え、何も塗らないトースト1切れとツナの缶詰を半分。わずか139カロリーとなっている。

夕食は何らかの肉3オンス(約85グラム)、サヤインゲンを1皿、バナナ半分と小さなリンゴ1個のほか、カップ入りのバニラアイス1個も食べることができる。メーン料理として脂身の少ない鶏胸肉の代わりにステーキを選んだ場合、619カロリーになる。

1日わずか1066カロリーの計算だ。

2日目は高脂肪のオプションを一部に選んでもわずか1193カロリーとなる。

朝食は何も塗らないトーストを1切れ、どんな料理の仕方でも構わないので卵1個とバナナを半分。卵を油で揚げるとすれば、これで223カロリーだ。

昼食は固ゆで卵を1個、塩味のクラッカー5枚にカッテージチーズを1皿分。全脂肪カッテージチーズを選んだ場合、計340カロリーとなる。

夕食はバナナ半分、ニンジンを皿半分、ブロッコリー1皿分のほかホットドッグを2本。さらにバニラアイスのカップ半分も付いている。高脂肪豚肉あるいは牛肉のホットドッグを食べると計630カロリーになる。

『3日で痩せる? 人気の「軍隊ダイエット」を検証<2> 専門家からは懸念の声

2017.10.08 Sun posted at 09:00 JST

(CNN) 3日間のプログラムで体重を落とせるという触れ込みの「軍隊ダイエット」。実際の献立を概観して効果を分析する連載の2回目だ。

1~2日目はトースト1切れやクラッカー5枚といった簡素なメニューが中心ながら、夕食には肉類を食べることができた。1日分のカロリーはそれぞれ1066カロリーと1193カロリーだった。

3日目は最もカロリー制限が厳しく、わずか862カロリーの摂取が許されるのみだ。

朝食はチェダーチーズ1切れに塩味クラッカー5枚のほか、小さなリンゴ。これで232カロリーとなっている。

昼食は何も塗らないトースト1切れと卵1個のみ。2日目に続き卵を揚げても計170カロリーだ。

夕食は460カロリーで、バナナ半分とツナ1缶のほか、1~2日目と同様アイス1カップが付いてくる。

3日間の特別メニューを乗り切った週の残りは、1日1500カロリー以下の範囲で好きなものを食べる。その後、3日間の食事制限を再開するという流れだ。運動は全く必要ないとされている。

糖尿病患者の食生活についての著書があるエレーヌ・マギー氏はこれらの食事制限について「健康的もしくは維持可能な体重減につながらない新手の流行ダイエットだ」と強く指摘。そのうえで、運動は「体重減を持続させるうえでの鍵」だと付け加えた。

また同氏は、ここまで食事を制限するダイエットでは体や精神に影響が出る可能性もあると言及。「素早く体重を落としてはリバウンドするという循環につながりかねない。免疫系を弱めたり、代謝率の乱れを引き起こしたりしかねず、胆石や心臓の不具合など他の健康問題が生じるリスクを高める恐れもある」と述べた。

こうした流行のダイエットが軍隊と結びつけられているのはなぜだろうか。各種記事やブロガーらによると、このダイエットは基準に達しない入隊者の体重を落とすため米軍の栄養士により開発されたものだとしている。

ただ、米軍保健科学大学の教授は「軍と30年間仕事をしてきた中で、これについて耳にしたことはない」と指摘。「こうしたダイエットを軍は開発も使用もしていない。実際の軍の食生活とは似ても似つかない。軍の食事の方がもっと健康的であり、栄養面でより健全なくらいだ」と述べた。

軍隊ダイエットについてインターネットで検索すると、上位に表示される「themilitarydiet.com」というサイトにたどり着くだろう。写真やダイエット成功のための助言とともに、詳細な説明を見ることができる。Q&Aやブログ、カロリー計算コーナーなどもある。

ただ、ページのどこにも著者や専門家、栄養関係の権威は登場しない。この情報の所有権を主張する人はおらず、専門知識を裏付けるいかなる証明も得られない。

CNNで栄養関連の記事を執筆するリサ・ドレイヤー氏は「これは警告対象だ」と言及。効果的なダイエット計画はいかなるものであれ、信頼できる人物や情報源、団体によって作成されるか、その協力を得なければならないと述べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月21日 (月)

私の世界・知らない世界―「代替療法選んだがん患者、死亡リスク2倍に・・!?」

ネットのCNNのニュース記事から、「治療可能ながんに対して代替療法を選んだ患者は一般的な治療を受けた患者に比べ、死亡リスクが2倍になるという研究結果が米国立がん研究所の専門誌に・・」という話です。

代替療法を選択したがん患者の死亡リスクが一般治療の2倍に上ったとの研究結果が出た(CNNより)

01


代替療法により、がんの進行や転移が起こるケースがみられるという

02


注)代替医療(alternative medicine):「通常医療の代わりに用いられる医療」を指す用語である。Medicineは医療とも医学とも訳されることがあるので、代替医学とも呼ばれる。近代ドイツ医療社会史専攻の服部伸は、代替医療(オルタナティブ医療)とは、科学的・分析的な近代医学の限界を指摘し、時には霊の力を援用しながら、患者の心身全体の調和を取り戻そうとする医療であり、中国医学や漢方医学、アーユルヴェーダもこれに含まれると述べている。今のところ、通常医療に取って代わるような代替医療は存在しない。帝京大学の大野智は、科学的に有効性が裏付けられた医療は通常医療に組み込まれるため、代替医療という言葉自体に矛盾があるのかもしれないと指摘している。日本でも一部の漢方薬は通常医療に取り入れられている。・・・

<日本の代替医療の例>

・中国医学、漢方医学(一部の薬が日本薬局方に収録されている)・鍼灸(国家資格としてはり師ときゅう師がある)

・柔道整復術(国家資格として柔道整復師がある)

・指圧、マッサージ(国家資格としてあん摩マッサージ指圧師がある)

・その他の東洋の各種伝統医学(アーユルヴェーダなど)

・オステオパシー(保険適用外)やカイロプラクティック(保険適用外)のような欧米発信の手技療法

・アロマセラピー(保険適用外)

・各種療術、民間療法(保険適用外)

・宗教的なヒーリング(保険適用外)

・ホメオパシー(保険適用外)(=ウィキペディア)

 CNNの代替療法の記事を読んで、直ぐに小林麻央さんのことを思い、NEWSポストセブンにその記事があるので後ろに載せています。

 当初、「乳がんが発覚したのは201410月のこと。そのときすでにリンパ節への転移も確認・・」ということで「乳ガンのステージ」は良くてステージⅡ、悪いとステージⅣです。

 それなのに「麻央さんのがんが発覚した前後に海老蔵さんが知り合った人の中に、切らないでがんを治す自然治癒や免疫療法を提案する人がいたそうです。しばらくはその人の方針に従って、数百万円の治療費をかけたと聞いています」と代替医療に頼ってしまったのです。

 実は私も、少し以前に近藤誠医師の「患者よ、がんと闘うな 」(文春文庫、2000/12/1)を読んで一時期、信者になりかけたことがあり、たしか彼の専門は麻酔科だと思います。

 当時、がん治療を麻酔医として横で眺めていて、無駄? というか、単なる金儲けのための治療が横行していたのも事実で、それを糾弾したという意味もあった思うのです。(「単なる金儲けのための治療が横行」は、今でもかも・・?)

 彼は「がんは治療せず放おっておくとどうなるか?」(そんな野蛮なことは現代では出来ません)を統計的に調べようと、がん治療がなされていない古い西欧の統計を持ち出して「乳がんは放おっておいてもいても、ほとんど大丈夫(みたい?)」と言っていました。

 ただ、後で私もいろいろ調べてみると、彼の言う“戦わなくとも良いがん”だけではない“がん”もあることを知りました。

 その後も「抗がん剤だけはやめなさい」 (文春文庫)や今回の201212月に著した『医者に殺されない47の心得』(文春文庫)があるようです。

 一番頼りがい、相談仕甲斐のあった先輩、都市科学の近藤さんも、私と同じに近藤誠医師の「患者よ、がんと闘うな 」の信奉者だったのですが、胃がんの手遅れで亡くなりました。

『代替療法選んだがん患者、死亡リスク2倍に 米研究

2017.08.21 Mon posted at 15:10 JST

(CNN) 治療可能ながんに対して代替療法を選んだ患者は一般的な治療を受けた患者に比べ、死亡リスクが2倍になるという研究結果が米国立がん研究所の専門誌にこのほど発表された。

一般的ながんの治療法には、手術や化学療法、放射線療法などが含まれる。これに対して医師ではない人物による効果が実証されていない療法は、代替療法に分類される。

研究チームを率いる米イエール大学のスカイラー・ジョンソン氏によると、一般的な治療法を拒んだり遅らせたりして代替療法を選ぶ患者は増える傾向にあるという。

そうした患者は結果として、がんが進行して大きくなったりほかの部位に転移したりしているとジョンソン氏は指摘し、「がんが大きくなって拡散すれば、回復の可能性は低くなる」と危惧する。

例えばステージ1の乳がん患者の5年後の生存率はほぼ100%。しかしステージ4まで進行すると、20~25%に低下する。

研究チームは2004~13年にかけて米国でがんと診断され、米国立がんデータベースに登録された患者840人の情報を集め、米国で患者数の多い乳がん、前立腺がん、肺がん、結腸直腸がんの症例について調査。代替療法を選んだ280人と、一般的な治療を受けた560人の生存率を比較した。

その結果、代替療法を選んだ患者が5年半後に死亡している確率は、一般的な化学療法・手術・放射線治療を受けた患者の2.5倍に上っていた。

特に乳がん患者の場合、代替療法を受けた患者が死亡するリスクは一般的な治療を受けた患者の5倍に上る。結腸がん患者は4倍、肺がん患者は2倍だった。一方、前立腺がんではリスクが上昇する傾向はみられなかった。

代替療法を選ぶ理由は人によってさまざまだが、一般的な治療と同じ効果があって副作用はないと信じたり、体験談を披露している患者が実は一般的な治療も受けていることが知られていない場合もあるとジョンソン氏は指摘。病院や医師に対する不信感もあるかもしれないと推測する。

代替療法を選ぶのは、高収入、高学歴で健康状態の良い患者の方が多いことも分かった。

ジョンソン氏はこの研究について利益相反はないとしている。一方、論文の共著者3人のうち2人は製薬会社から研究費の助成を受けている。

この研究についてがん専門医のデービッド・ゴースキ氏は、「同様の結果を示している研究はほかにもあるが、残念ながら比較的数は少ない」とコメントしている。「代替療法はがん患者を殺す」と同氏は断言。「実質的に一切の治療を拒むに等しく、費用もかさんでトラブルを招く」と解説している。同氏は今回の研究に関与していない。

<NEWSポストセブンより>

2度転院していた小林麻央さん、がん治療法選択の難しさ

2017.06.29 16:00

28か月にわたる闘病生活のすえ、旅立った小林麻央さん(享年34)。麻央さんの命を奪った根本である乳がんが発覚したのは201410月のこと。そのときすでにリンパ節への転移も確認された。当時、麻央さんが通っていた都内のA総合病院では、「早めに切るべき」という治療方針が示されたというが、麻央さんと夫・市川海老蔵(39才)は切らずに治す方法を模索していた。

 昨今、セカンドオピニオンという言葉の広まりから、より自分に適した治療を受けられる選択肢が格段に増えた。医療関係者が語る。

 「世界中のがん治療の統計によって導き出された最も有効とされる治療のガイドラインでは、切除(手術)・薬物・放射線治療が『標準治療』の3本柱とされています。程度の差によって、これを組み合わせていくのが治療の基本です。ところが、ネットなどに膨大な医療情報があふれている現在では、この標準治療を“最低限の治療”と誤解している人も少なくない。お金さえ出せば、ゴッドハンドと呼ばれる医師の元を訪ねれば、別の“特別な治療”を受けられるのではと考え、いつまでも治療方針が定まらないケースもあるのです」

 ある著名な女性医師は、次のように警鐘を鳴らしている。

 「標準治療というネーミングが悪いイメージにつながっているのではないか。特に有名人の場合、標準治療とは一線を画した“スペシャルな治療法”が残されているのではないかという考えに陥ってしまうケースもある」

 芸能関係者が明かす。

 「麻央さんのがんが発覚した前後に海老蔵さんが知り合った人の中に、切らないでがんを治す自然治癒や免疫療法を提案する人がいたそうです。しばらくはその人の方針に従って、数百万円の治療費をかけたと聞いています」

 望むような治療方針を示されなかった麻央さんが転院したのはB病院だった。同院もまた、都内にある屈指の大病院といっていい。

 「最先端の放射線治療や抗がん剤投与を受けながら、『緩和ケア科』に通い、QOLを優先した治療を受けていたそうです」(B病院関係者)

1)緩和ケア(palliative care):とは、生命(人生)を脅かす疾患による問題に直面している患者およびその家族のQOLQuality of life, 生活・人生の質)を改善するアプローチである。苦しみを予防したり和らげたりすることでなされるものであり、そのために痛みその他の身体的問題、心理社会的問題、スピリチュアルな問題を早期に発見し、的確なアセスメントと治療を行うという方法がとられる(WHOの定義文2002より)。

2QOL:クオリティ・オブ・ライフ(quality of lifeQOL)とは、一般に、ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質のことを指し、つまりある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念である。QOLの「幸福」とは、身心の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な住環境、十分な教育、レクリエーション活動、レジャーなど様々な観点から計られる。

 20167月には、さらに別の都内の有名大学付属のC病院に移っている。3つの病院はいずれも日本の最高峰の医療を受けられる大きな病院だが、乳がん治療に詳しいベルーガクリニック院長の富永祐司氏(乳腺外科)は「大病院を3つも変えるというのは、非常に稀なことというほかありません」と指摘する。

 2度の転院は、麻央さんと海老蔵の揺れる心を表していたのかもしれない。その陰には、当時、医療界に吹き荒れていた風潮が影響した可能性もあるのだろう。

 元慶応大学医学部講師の近藤誠医師が201212月に著した『医者に殺されない47の心得』は110万部を超えるベストセラーになった。近藤氏はがんを「積極的に放置」する治療法の第一人者といえる。

「近藤医師によれば、がんには本物のがんとニセモノの『がんもどき』があり、本物は発見した時点で転移しているため手術の効果はなく、がんもどきは転移しないので放置すればいいというものです。それどころか手術することによってがんが増殖や拡散するケースもあり、手術や抗がん剤治療は無意味とまで断じています。

 賛否両論が渦巻く近藤理論ですが、がん患者に与えるインパクトは強く、2年ほど前は手術や抗がん剤治療を拒む患者が続出しました。そうした風潮の中でがんに関するあらゆる情報を集めた麻央さんが“放置”に傾いた可能性は否めません」(医療ジャーナリスト)

 さまざまな要因が重なって手術を回避した麻央さんだったが、気がついた時には治療の選択肢が限られていた。昨年春には骨や肺への転移が進み、手術もままならない状態になった。海老蔵は今年1月に放送された密着特番『市川海老蔵に、ござりまする。』(日本テレビ系)で当時の様子をこう明かしている。

 「早かったら345月でたぶんダメだった。夏は絶対無理だと思った」

 そのシーンが撮影されたのは昨年10月。奇跡のような状況の一方で、麻央さんの命は着実にがんに蝕まれていった。今年4月、麻央さんはがんが顎に転移したことを公表した。

 「5月末に退院して在宅医療に切り替えた頃には、ひどい頭の痛みにも苦しんでいたみたいです。それでも麻央さんは生きようとしていた。もし、もっと麻央さんに合った治療を最初からできていれば…。そう考えると後悔してもしきれません」(梨園関係者)

 綿密な研究に裏打ちされた最新の治療法から、根拠に乏しい民間療法まで、世の中には数え切れないほどの情報が氾濫している。ごく限られた一例が大々的に話題になることで、それまでの治療法の一切が否定されたようなブームとなることさえある。私たちに必要なのは、統計や調査、研究の上に立った正確な情報を取捨選択し、耳当たりのいいだけの不確かな煽り文句に踊らされないことなのだろう。※女性セブン2017713日号

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年8月 8日 (火)

私の世界・面白いけど怖い話のネタ―「海に漬かって血だらけに、足に原因不明の無数の穴・・!?」

ネットのAFPの記事から、「オーストラリア・メルボルン(Melbourne)郊外で、10代の少年が夜間、海に30分ほど入っていたところ、足に無数の小さな穴が開き、血だらけに・・」というなんとも気色の悪い話、もしかして海にも寄生虫がいるのでは? と思ったのですが、海生動物の専門家は「傷はかすり傷のようなものなのでカニザイ君は海に入ることを怖がる必要はない・・」と、大した問題ではないようです。

豪メルボルンで、足から原因不明の出血があったサム・カニザイ君。カニザイ君の父親提供(201787日撮影)。(c)AFP/JARROD KANIZAY(写真は他にもありますが省きます)

04

 誰でも海に入ると経験すると思うのですが、小魚が体毛や皮膚片を食べようと「つんつん」と体を突っつくのは、小魚に限るとある意味うれしいものです。

 ただ、“こそばい”(“くすぐったい”の意)ので思わず体を動かしたり、払ったりしてしまい逃げられて後悔、又来てほしいのでジッと待ったりりします。

 海にもドクターフィッシュいて、余りにジッと動かな過ぎで、思い切り齧られたのかも知れません。

ドクターフィッシュ(Doctor fish)

コイ亜科の魚ガラ・ルファ(学名 Garra rufa)の通称である。

水中に人間が手足などを入れると、その表面の古い角質を食べるために集まって来るとされ、古い角質を安全に除去できるため美容に、それらを食べる刺激が神経を活性化するとして、健康に効果が有ると言われている。

 海にはアニサキスのように魚に寄生するものは多くいますが直接人の体に忍び込む寄生虫は皆無です。(なお、アニサキスは-20℃で保存(24時間以上)後や処理をきちんとして取り除いてあれば心配は入りません)

話の続き:人の寄生虫の話が出たので、ウィキによるそのリスト(主なもの)でその性質上“外部寄生虫”と“内部寄生虫”に分けられます。

【ヒトの寄生虫】

<外部寄生虫>

節足動物:ヒトノミ、アタマジラミ、コロモジラミ、ケジラミ、ニキビダニ、ヒゼンダニ

<内部寄生虫>

環形動物:ハナビル

節足動物:イヌシタムシ

線形動物:カイチュウ、ギョウチュウ、フィラリア

扁形動物:肝臓ジストマ、肺臓ジストマ、横川吸虫、日本住血吸虫、有鉤条虫、  無鉤条虫、エキノコックス、広節裂頭条虫

 普通に皆が罹っているかも知れないものに、「ニキビダニ」や「ハナビル」、「イヌシタムシ」、「トキソプラズマ」(原虫=単細胞で分類に入っていない)などがあります。

  一番恐ろしいと言われる「芽殖孤虫」は死亡率100%のまだ未解明の寄生虫で、例はもの凄く少ないのですが日本国内が主というのが気になります。

 誰もそんなことしないはず? ですが、カエルや蛇・トカゲ、カタツムリ(日本産)、ナメクジなど、「食べ慣れないものは食べない」が無難です。

<ニキビダニ>

ヒトでは特に顔面で皮脂腺が発達しており、顔における寄生密度が高いので「顔ダニ」とも俗称され、学名をかな書きしたデモデクスの名でも呼ばれることがある。人体では、毛包の皮脂腺の導管部が開口している部分か、それより浅い部分には体長約290μmのニキビダニ D. folliculorum がしばしば6 - 8個体の群を成して、皮脂腺内部には体長約200μmのコニキビダニ D. brevis が単独で寄生する。ニキビダニの餌は毛包上皮細胞で、コニキビダニの場合は皮脂腺の細胞であると考えられている。

01


<ハナビル>

人里には出ないものであり、山間渓流域で野生動物を宿主とするものである。したがって、そういう場所に入って渓流で顔を洗ったり、水を飲んだ際に幼生の寄生を受ける。幼生は上記のように細くて白っぽいため、見つけるのは困難である。寄生する部位は多くの場合に下・中鼻道である。感染初期には自覚症状はほとんどない。しかし虫体が成長し大きくなるにつれ、その運動を異物感や痒痛感として感じるようになり、また蛭が吸血部位を変える度にそこからの出血が見られるようになる。ヒル類は吸血のための傷口から血液凝固阻止剤を注入するので、出血は止まりにくく、極端な例ではそのために貧血が起きる。

03


<イヌシタムシ>

基本的には中間宿主は草食哺乳類、終宿主は肉食哺乳類なのだが、幅が広く、終宿主としては、イヌ、キツネ、オオカミなどの他に、ウマ、ヒツジ、ヤギなどの草食動物からも知られる。ヒトの感染も知られており、ヨーロッパではイヌを溺愛する人に多いとか、ベルリンでの調査結果で幼生の寄生率が10%を越えていた例も知られている。

02


<トキソプラズマ>

トキソプラズマ(Toxoplasma gondii)による原虫感染症である。世界中で見られる感染症で、世界人口の3分の1が感染していると推測されているが、有病率には地域で大きな差がある。健康な成人の場合には、感染しても無徴候に留まるか、せいぜい数週間のあいだ軽い風邪のような症状が出る程度である。

05


<芽殖孤虫>

ヒトに寄生する人体寄生虫の1種。条虫綱擬葉目裂頭条虫科に属する扁形動物。成虫は同定されていないため、孤虫の名が付けられている。ヒトの体内に入ると、急速に分裂して全身に転移しながら増殖し、宿主を確実に死に至らしめるという、非常に危険な性質を持つ。

発症者には両生類、爬虫類の喫食経験者が多い事から両生類、爬虫類が原因となっている可能性を示唆している。

世界的に感染報告が少なく、明確なことはわかっていないが、日本での感染報告例が多い。2000年の時点で14例の症例が報告されている。そのいずれもが死亡例であり、内訳は日本が6例、台湾3例、アメリカ2例、カナダ、パラグアイ、ベネズエラが各1例である。

寄生した幼虫は皮下で増殖し、やがて全身の皮膚に膨隆が見られるようになり、内臓や脳へ至り慢性化する。臓器や脳の破壊により、喀血、嘔吐、下痢、腹痛、胸痛、脳障害などさまざまな症状を呈する。

治療法は確立していない。幼虫移行症を起こす寄生虫は手術で幼虫を摘出するしかないが、芽殖孤虫は体内に残った幼虫が分裂して再び増殖するため困難である。現在までに、芽殖孤虫に寄生された患者の救命に成功したという報告はない。つまり、現段階での致死率は100%である。(=ウィキペディア)

 少し寒気がして涼しくなりませんでしたか、夏の怪談話なら怖い寄生虫の話です。

『海に漬かって血だらけに、足に原因不明の無数の穴 オーストラリア

20170807 22:00) 

87 AFP】オーストラリア・メルボルン(Melbourne)郊外で、10代の少年が夜間、海に30分ほど入っていたところ、足に無数の小さな穴が開き、血だらけになっていた。少年を診察した医師らは原因が何か説明できていない。

 サム・カニザイ(Sam Kanizay)君(16)は5日夜、腰までの深さしかないメルボルン郊外のブライトンビーチ(Brighton Beach)で、海に入って30分ほどじっと立っていた。だが、海から上がると、ふくらはぎから下にかけて大量に出血していた。カニザイ君は7日、地元ラジオ3AWに対して「水が冷たくて脚の感覚がなかった。ピンや針でもあるのかなと思っていたけれど、単なるピンや針じゃなかったみたいだ」と語った。

 家族は海に生息する虫によるものではないかと疑う一方、シャワーで脚を洗っても出血は続いた。「足首や足の甲のあちこちにピンで刺したような小さな穴というか、かみ痕みたいなものが何百とあった」という。

 駆け込んだ病院の医師らも何が原因か特定できなかった。エイやクラゲの仕業ではないかという専門家の推測を引用した報道もあったが、イルカ調査研究所(Dolphin Research Institute)のジェフ・ウィアー(Jeff Weir)氏は、腐りかけの植物や動物性の物体に付着して分解を促進する極小の甲殻類ではないかとみている。

 ウィアー氏はAFPに対し、そうした甲殻類は「人を食べる恐れはないが、時々、蚊やヒルなどのようにかむことがある。カニザイ君は冷え切ってしまっていたため、感じることができなかったのではないか」と語った。ウィアー氏も40年前、夜中にダイビングをした際、額に似た傷を負ったことがあるという。さらに同氏は、傷はかすり傷のようなものなのでカニザイ君は海に入ることを怖がる必要はないと述べ、「ただ、そんなに長く水の中でじっと立っている人はいないだろうが」と付け加えた。』(c)AFP

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年7月28日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―「欧米男性の精子の数が過去40年ほどで急減・・で、日本でも・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「北米や欧州、豪州に住む男性の精子の数は近年減少の一途をたどっている・・」という話ですが、わが国も草食系男子を言うまでも無く、男性の中性化=女性化が進んでいて、北欧同様なのでは? と思うのです。

 それにしても気になるのは思わぬところで女性ホルモンを摂取して女性化している可能性があるのです。

欧米男性の精子の数が過去40年ほどで急減したという

01


精子の濃度は妊娠の可能性を引き下げる水準にまで低下しているという

02


 環境問題の研究では「英国の河川でのオスの魚のメス化現象は、英国環境庁の結論では女性の尿中の女性ホルモンが原因・・」という話や、日本でも「東京湾や瀬戸内海に見られる“魚のメス化現象”の主な原因は、下水処理水に含まれる天然女性ホルモンの可能性が高い・・」ということで、下水処理では女性ホルモンは分解処理不能なのです。

 それと日本人はエストロゲン(=女性ホルモン)と似て、同様の生理的作用を促す食物やサプリメントをかなりの量摂取していて、例えば、健康に良いといわれる大豆のイソフラボンがそうです。

 「イソフラボン(=大豆製品)の摂取は女性更年期障害の改善に・・」というほど効果が認められており、安価だからと男性が大豆プロテインを筋肉増強の為に多量に摂取していると胸が大きくなり、筋肉と思っていたら女性化の豊胸だったということで慌てることになります。1

 精子の生産は高温に弱く、男性の睾丸は空冷機能を生まれながら備えていますが、気温が低い地域では精子濃度が高く、気温の高い地域では低くなる傾向があるということで、睾丸を暖めると精子濃度が顕著に低下するのです。

 つまり、温暖化現象はこんなところにも禍(わざわい)して、先進国の出生率を減少させている可能性があるのです。(「蔓延る」は「禍(わざわい)」なり)

1)半分は冗談の話で、肝機能がまともであればエストロゲンは普通に分解処理されます。仕事や運動のし過ぎでの過労・睡眠不足、過度の飲酒癖・喫煙、偏食で肝臓機能障害など問題があると、「エストロゲン分解能力が低下、慢性的エストロゲン濃度の上昇を引き起こし、男性では乳腺肥大(女性化乳房)、女性では性周期の乱れなどが生じる・・」ということです。

なお、(私など)性的機能を気にしなくてもよい年齢の人は男女ともイソフラボン(=大豆製品)の摂取は健康に良いものです。

『欧米男性の精子数、「40年でほぼ6割減」 国際研究

2017.07.27 Thu posted at 18:38 JST

(CNN) 北米や欧州、豪州に住む男性の精子の数は近年減少の一途をたどり、40年ほど前の6割近くまで落ち込んだという研究結果が27日までに発表された。

イスラエルのエルサレムにあるヘブライ大学のハガイ・レビン博士とブラジル、デンマーク、イスラエル、スペイン、米国の研究者らによる共同チームが、過去に報告された185件の研究結果を分析し、生殖医療の専門誌に論文を発表した。

1973―2011年に精液を提供した50カ国の男性計4万2935人について、精子の総数と濃度(精液1ミリリットル当たりの数)を調べた。

すると北米や欧州、オーストラリア、ニュージーランドの先進諸国に住む男性のグループでは、精子の濃度が毎年平均1.4%ずつ下降し、全体ではマイナス52.4%。総数は同1.6%ずつ減少し、全体で59.3%減になっていることが分かった。

チームによると、南米やアジア、アフリカに住む男性のグループでは目立った変化がみられなかった。

先進国グループの激減ぶりには、レビン博士自身も「信じられない」とコメントしている。特に濃度が1ミリリットル当たり4000万以下と、妊娠の可能性が低くなるとされるラインを下回っている点が懸念されるという。

精子の数については、1992年にデンマークの生物学者が報告した研究でも減少傾向が指摘されていた。91年までの50年間を対象に61件の研究結果を分析したが、1件の大規模な研究で全被験者の3割を対象にするなど偏りがあり、批判も多かった。それ以来、精子は本当に減少しているのかどうかという論争が続いてきたが、「これでかなり確実な答えが出た」と、レビン博士は強調する。ただ減少の理由については依然としてさまざまな説がある。環境ホルモンや肥満の影響を示唆する意見があるほか、精子の数は気温に左右されることから、「温暖化の影響」と言い切る専門家もいる。

レビン博士は「これまでの研究で、出生前にさらされた化学物質、成人後に摂取した農薬、喫煙、ストレス、肥満といった環境要因や生活習慣との関連は分かっている」と指摘。先進国の男性らに禁煙や減量、ストレス軽減などの努力を勧めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月18日 (日)

私の世界・知らない世界―「ルイボスティー(茶)って・・!?」

朝のテレビの話ですが、「ルイボスティー(茶)が毛細血管の再生に良い・・」というのです。以前に「シナモンは毛細血管の再生に良い・・」というので続けていて、朝のトーストには必ずシナモンパウダーを振りかけているのです。

シナモンの効果はかなり顕著に出て来て(テレビでは1~2週で効果が出始めると言っていた)、糖尿病性神経症の後遺症? で、去年は夏でも手袋が必要な程手が冷たかったのですが、今はしなくても良くなりました。

・・で、「ルイボスティー(茶)を飲めば相乗効果で、足の潰瘍も良くなるのでは・・?」と、ネットのウィキなどで少し調べてみました。

マメ亜科の一種、ルイボス(Aspalathus linearis)(ウィキより)

00

乾燥させたルイボスの葉

01

ルイボス茶

02

ルイボス入りのリキュール(左)と、ルイボス茶のティーバッグ(右)

03

ルイボス農園、南アフリカ共和国のクランウィリアム(en)、20059月の風景

04

「セダルバーグ山脈(“Cedarberg Mountain”)以外での栽培は失敗・・」ということで、その南アフリカ共和国西ケープ州のケープタウン北に広がるというセダルバーグ山脈(“Cedarberg Mountain”)の場所です。

セダルバーグ山とその山脈の場所

06

08

 ストリートビューの写真を見ると、特殊な地形や風景は観光にも適しているようです。

Bb

Cc_2

 

Dd

ウィキのルイボス茶の説明では、「ケープ地方の先住民コイサン人は古くからルイボス茶の効能を知っていた」ということです。

コイサン人はカポイドともいう、「南部アフリカに居住するコイコイ人(ホッテントット)とサン人(ブッシュマン)の2民族を総称した人種」のことで、私的にはホッテントットやブッシュマンは映画「コイサンマン」のニカウさんで馴染み深いもの、彼らが古くから使っていたのだから信用します。

カポイド

05

 私的には、ルイボスリキュールが手に入ればよいのですが・・!?

ルイボス(Aspalathus linearis

マメ亜科のアスパラトゥス属の一種(1種)。

針葉樹様の葉を持ち、落葉するときに葉は赤褐色になる。南アフリカ共和国は西ケープ州ケープタウンの北に広がるセダルバーグ山脈一帯にのみ自生する。乾燥した30度以上の温度差の高い場所を好むため、セダルバーグ山脈以外での栽培は失敗に終わっている。

<利用>

乾燥させた葉は、茶(ルイボス茶)として利用されるほか、リキュール(ルイボスリキュール)としても楽しまれている。

<ルイボス茶>

葉を乾燥させて作る飲み物は「ルイボス茶(ルイボスティー)」と呼ばれる健康茶の一種である。南アで年間12,000トン(ティーカップ48億杯分)が生産され、半分が輸出されている。ルイボス茶は、現地では rooibos tea もしくは bush tea の名で、また、イギリスでは redbush teaSouth African red teared tea などの名で呼ばれている。

茶は紅茶のように赤く、ほのかに甘みがある。カフェインを含まず、タンニン濃度もごく低いので妊婦や乳児に与えても問題ない。

ルイボスは、フラボノールやフラボンやジヒドロカルコンやビテキシンなどのフラボノイドを含めた多数のフェノール系化合物を含んでおり、抗酸化作用があるとされている。フラボノールとしてクェルセチンを、フラボンとしてルテオリンも含んでいる。ルイボス茶は試験管内でキサンチンオキシダーゼを阻害することが知られているが、生体内での阻害についてははっきりしない。キサンチンオキシダーゼはプリン塩基を尿酸に変換する役割を果たしており、キサンチンオキシダーゼ活性の減少は尿酸の生産量の減少に繋がるため痛風治療の手助けになる。試験管内実験における濃度依存検定実験においてルイボス抽出物は、痛風治療においてキサンチンオキシダーゼ活性阻害に典型的に用いられる薬剤であるアロプリノールの半分以下の阻害効率であった。また、血糖調整作用をもつピニトールも僅かに含む。ビテキシンにはヨード吸収阻害作用があり、多飲するとヨード欠乏症状が発現するおそれがあることがラット実験で証明されている。

ケープ地方の先住民コイサン人(古くは西欧人からはブッシュマンと呼ばれた種族)は古くからルイボス茶の効能を知っており、薬草として採集していた。ケープ地方に入植したオランダ移民はルイボス茶を紅茶の代用品として用いた。南アフリカ共和国では牛や山羊の乳と砂糖を入れてミルクティーにして飲むのが一般的であるが、世界のその他の地域ではそのまま飲むことが多い。南アフリカのカフェでは、ルイボスのエスプレッソやカフェ・ラッテ、カプチーノも人気がある。

カポイド(Capoid

南部アフリカに居住するコイコイ人(ホッテントット)とサン人(ブッシュマン)の2民族を総称した人種概念である。コイサン人種とも呼ばれる。

5人種説ではモンゴロイド、コーカソイド、ネグロイド、オーストラロイドと共に人種群の一つに分類されたが、コンゴイドと共にネグロイドの2大区分の一つとする場合もある。

近年の研究ではミトコンドリアDNAを見ると15万年前から9万年前に他の人種から分岐した形跡があるという。初期ホモ・サピエンスの特徴を残しており、アフリカ最古の人種ともいわれる。

かつてはアフリカ大陸南部に広く分布していたが、バントゥー人の南下に押され、今日ではナミビアからボツワナ、アンゴラ、南アフリカなどカラハリ砂漠周辺に居住する。

<特徴>

他の南部アフリカの人種と同様に頭髪は縮れており、鼻筋が存在せず、広鼻。肌の色は黄褐色。女性の臀部の脂肪が非常に多い「脂臀」という特殊な形質を有する。ただし今は他人種との混血も進んでいる。

身体的特徴ではないが、コイサン語族と呼ばれる吸着音という肺からの呼気に依らない音素を持った特徴的な言語を共通して話す。男性は狩猟、女性は採集の移動生活を営む。

アフリカの最古の住民であると考えられており、最も古くに分岐したY染色体ハプログループA系統が高頻度に見られる。(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年6月 5日 (月)

私の世界・知らない世界―「たばこによる死者、世界で年間700万人・・!?」

ネットのCNNのニュースから、『世界保健機関(WHO)が、「世界では年に700万人が喫煙が原因で死亡」とする報告書を発表・・』という話です。

喫煙が原因で死亡する人は毎年700万人に上るという

01

ところで、その死亡原因ですがWHOの死亡原因トップ10(2017年1月)では世界全体5640万人の半分以上(54%)がトップ10の原因によるもので、中でも虚血性心疾患と脳卒中は1500万人と最大の死亡原因となっています。

タバコのニコチンは血管を収縮させる性質があり、虚血性心疾患や脳卒中には完全にアウト、NGです。

死亡原因トップ10(2017年1月)

Bb

 15年前に比べると、下痢性疾患や結核、HIVエイズに代わり、気管、気管支、肺がんや糖尿、アルツハイマーその他認知症が出てきています。

所得別では低所得経済圏の人たちは、上位が下気道感染症と下痢性疾患、単に風を拗らせたりお腹を壊して死ぬのがほとんど、という悲しい現実があります。

 高所得経済圏のトップは虚血性心疾患、いわゆる高コレステロールの贅沢三昧の上、動脈硬化で“ぽっくり”なのです。

 信じられないことですが、お医者さんがタバコについて「体に良くない!」と言い出したのは近年のこと、その証拠写真集が「写真特集:医師が推奨? 往年のたばこ広告を見る」です。つまり、彼らはタバコ産業に乗せられたのです。(参考に数例載せました)

 これまで「石油はなくなる」や「原発は安全」、「人口増で飢餓が・・」注)などなど、嘘だらけのプロパガンダがあるので絶えず用心が必要です。

注)世界の食料は相当余っていて、偏在しているだけです。

『たばこによる死者、世界で年間700万人 WHO報告書

2017.06.01 Thu posted at 14:09 JST

(CNN) 世界保健機関(WHO)は31日、喫煙が環境に与える悪影響に関する報告書を発表した。世界では年に700万人が喫煙が原因で死亡しており、医療費と生産性低下による経済的損失は年に1兆4000億ドル(約155兆円)に達するという。

またタバコは、栽培や製造においては森林伐採や環境汚染の原因になり、大量のごみを地球環境にもたらしてもいる。

例えば栽培地ではタバコ以外の作物は作られないことが多いため、タバコも土壌も病害虫に弱くなっており、栽培には大量の農薬が必要となる。

また専門家によれば「タバコは土壌から大量の栄養素を吸い上げるため、大量の肥料が必要となる。これにより、土質の悪化や砂漠化を招き、生物多様性や野生生物に対してマイナスの影響をもたらしている」という。

タバコの葉の加工には大量の材木が使われている。熟成に使われる材木の量は世界で年に1140万トン。木を燃やして葉の乾燥が行われるケースもある。タバコ300本あたり1本の木を消費している計算だ。

また、吸い殻などのごみの量は毎年3億4000万〜6億8000万キロに達しているという。

WHOの試算によれば、2012年に毎日たばこを吸っていた人の数は約9億6700万人。消費されたたばこは6兆2500億本近くに達するという。

たばこ税の徴収額は世界で年に2700億ドルに達しているが、WHOはたばこ消費を減らすためにさらなる増税や値上げを提案している。例えば1箱あたり80セントの増税を行えば、世界のたばこ税収は現在の2倍になるという。

『写真特集:医師が推奨? 往年のたばこ広告を見る

2017.06.01 Thu posted at 14:05 JST

たばこがもたらす健康被害が広く知られた今日では考えられないことだが、1935年ごろから60年代前半にかけては医師や看護師、著名人がたばこの宣伝広告にたびたび登場し、人々に喫煙を呼び掛けていた。ここではそうした往年のたばこ広告を紹介する。

医師の証言を基に、のどへの負担が少ない製品であることをアピールする広告

02


のどの炎症やせきの原因になるとされていたたばこだが、歯科や咽喉科の医師が広告に登場することで、売り上げは伸びたという

03


医師の間で人気の銘柄には、より安全な製品というイメージが付いた

04


広告に登場する医師らは本物ではなく俳優。当時、医師が広告に出ることは倫理的に好ましくないとみられており、宣伝に関わった医師は免許を失う恐れがあった

05


こちらは実際の医師を起用した珍しい広告の例。シカゴやロサンゼルスで開業していたこの医師は肺がんで亡くなったという

06


女性に喫煙の習慣が広まったのは1900年代初めごろ。結果的に看護師もたばこの広告を飾るようになった

07


歯科医に扮した俳優が、歯にやにがつかないという銘柄を勧める広告

08


| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月13日 (金)

私の世界・知らない世界―「インドの奇病、原因は果物のライチ? の低血糖症・・!?」

ネットのAFPの記事から「インド北東部で子どもたちを苦しめ、時に死にも至らせている原因不明の脳疾患について、米疾病対策センター(US Centers for Disease Control and PreventionCDC)は29日、果物のライチに含まれる有害物質に関係がある可能性を指摘した・・」という話です。

インド北東部トリプラ州の州都アガルタラで、ライチを販売する地元の住民(2004521日撮影、資料写真)。(c)AFP/STR

Photo

ただ、食品安全委員会によると“メチレンシクロプロピルグリシン(MCPG)”の毒性は2015(平成27)515日には分かっていたようです。

02

 ウィキによると、“メチレンシクロプロピルグリシン(MCPG)”は、元々有毒成分として知られるヒポグリシンAがアミノ酸の一種で、リジンと構造が似てリジンの異化に使われる酵素に競合的に結合、これがヒポグリシンやその代謝物であるMCPA(メチレンシクロプロピル酢酸)が毒性を示す理由・・だそうです。

「重度の低血糖症などの症状の原因」ということで、糖尿病であった私と真逆のことのようですが、当初、血糖を下げる薬を飲んでいた頃、一番気をつけなければいけないことは低血糖症でした。いつもその為のアメなど(血糖値を正常化する糖分)を持って行動していました。何しろ、低血糖症は怖いのです。

友人が低血糖症で眠っている間に死を向かえていますが、お酒が好きで深酒をしてしまい、血糖値があがらないようにインシュリンを打って寝てしまったのです。肝臓がアルコールの解毒に手一杯(肝臓が元々良くなかった!)になると、グルコースを生成して血糖値を上げなくなります。

『インドの奇病、原因は果物のライチ?

20150130 14:19 発信地:マイアミ/米)

130 AFP】インド北東部で子どもたちを苦しめ、時に死にも至らせている原因不明の脳疾患について、米疾病対策センター(US Centers for Disease Control and PreventionCDC)は29日、果物のライチに含まれる有害物質に関係がある可能性を指摘した。

 この脳疾患では、患者の3分の1以上に脳卒中や精神状態の異変がみられ、中には死亡するケースもある。調査チームは、この病気の原因特定にはさらなる調査が必要としている。

 CDCが発表した「週間疾病率死亡率報告(Morbidity and Mortality Weekly Report)」によると、印ビハール(Bihar)州ムザッファルプル(Muzaffarpur)県とその周辺では、1995年からライチの栽培が行われており、約1か月間にわたるライチの収穫時期と患者の増加時期が一致しているという。

2013年には子ども133人が、地元の医療機関で脳卒中や神経症状と診断された。患者の大半は15歳で、その半数近い44%が死亡。死亡した患者は、血糖値が下がる低血糖症と診断されるケースが他の患者に比べて2倍以上高かった。

患者の髄液テストでは、日本脳炎や西ナイル熱など、この地域で過去に確認されている感染症のウイルスは陰性だった。また病気の子どもは健康な子どもに比べ、ライチの果樹園や農地で2倍以上の時間を過ごしていた。

ムザッファルプルの2か所の委託病院では、20145月末から7月中旬にかけて、前年に使用された症例定義に当てはまる疾患と診断された小児患者が390人に上り、このうち31%が死亡した。

 研究チームは、動物実験で低血糖症の原因となることが知られているライチの種子で発見された成分、メチレンシクロプロピルグリシン(MCPG)化合物の詳細な調査を行っている。患者らの自宅近くで栽培されているライチの果実を使った実験の他、自宅や飲料水から採取した環境サンプルを使用した残留農薬の調査なども行われている。

MCPGは、有毒成分ヒポグリシンA同様に重度の低血糖症などの症状の原因になると考えられている。CDCはヒポグリシンAについて、「西インド諸島と西アフリカでは、ライチと同じ科に属する果実、アキーを熟す前に食べた後に急性脳症を発症した例がある」と述べている。(c)AFP/Kerry SHERIDAN

ヒポグリシン(hypoglycin、ヒポグリシンA

アキー (Blighia sapida) に含まれる天然有機化合物の一つである。特に果実に蓄積されている。ヒポグリシンは摂取した場合毒性を示し、ジャマイカ嘔吐病(英語版)の原因物質である。アミノ酸の一種であり、リジンと構造が似ている。ヒポグリシンはリジンの異化に使われる酵素に競合的に結合する。これがヒポグリシンやその代謝物であるMCPA(メチレンシクロプロピル酢酸)が毒性を示す理由である。

代謝物のMCPAもまたアシルCoAデヒドロゲナーゼの強力な阻害剤であり、脂肪酸の代謝を妨げる。ヒポグリシンA摂取による症状は、長期の絶食に対する不耐性(グルコースから脂肪酸酸化へとエネルギー産生経路を切り替えることができないため)、ケトン生成障害、嘔吐、けん怠感、意識消失、昏睡、死、ジカルボン酸の尿中排せつの増加(ERで起こるω酸化のため)である。

リシン(lysine

α-アミノ酸のひとつで側鎖に 4-アミノブチル基を持つ。リジンと表記あるいは音読する場合もある。 タンパク質構成アミノ酸で、必須アミノ酸である。略号は Lys あるいは K である。側鎖にアミノ基を持つことから、塩基性アミノ酸に分類される。リシンは、クエン酸回路に取り込まれてエネルギーを生み出すケト原性アミノ酸である。・・・(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2017年1月 6日 (金)

私の世界・面白い話のネタ―「こむらがえりに芍薬甘草湯・・!?」

私的な感想ですが、漢方薬は科学的検証が少ないというか、何か得体が知れないので、親しい友人が“良い”と進めても避けていたのです。

ところが、糖尿病の後遺症(合併症の神経症?)の所為で、何かというとふくらはぎなどの足がつる(こむらがえりが起こる)ので困っていたのですが、最近はその場所が足から上の方に上がってきて、腹筋やわき腹、背中も変?(こむらがえりが起こりかける・・)になりだし、仕方がないので、とりあえず漢方薬が効くか? “芍薬甘草湯”を試してみました。

 愕くことに、劇的効果があり飲んで10分もすると、こむらがえりが起こりかける=“引きつれ感”がなくなりました。夜中に“こむらがえり”で目を覚ますこともありません。

芍薬甘草湯は「急激に起こる筋肉の麻痺を伴う疼痛」に効果がある漢方薬で芍薬と甘草を主に作られています。

Photo


芍薬の有効成分はペオニフロリン(モノテルペン)と呼ばれる成分で鎮痛、鎮静作用を持ち、筋肉に緊張をやわらげたり血管の働きを良くするといった効果、甘草の成分であるグリチルリチン酸およびその加水分解物には、ショ糖の150倍の甘さがあり、緊張を緩和させる作用を持っているそうです。

どちらも、肝臓や腎臓の悪い人は不向き(副作用)で、グリチルリチンは「血中グルコース濃度を上昇させる」ということで“血糖値を上げる”ので(私のような)血糖値が一応管理出来ている人でも、糖尿病の人は使用時に医者と相談するなどの注意が必要です。

話は別に:「こむら返り」と「こぶら返り」はどちらが正解か? 昔から疑問に思っていました。今回のことで調べてみると、「こむら」とは、古語の時代から月に非と書き“ふくらはぎ”のことだそうです。ただ、その頃からも「こぶら」とも言ったそうで、どちらも正解です。

<芍薬>

ボタン科シャクヤクの根を乾燥したもの。

効能:鎮痛・鎮痙(ちんつう・ちんけい)、収斂(しゅうれん)、緩和作用などに効果があります。

成分:ベンゾイル基を含むモノテルペン配糖体のペオニフロリン、アルビフロリン、ベンゾイルペオニフロリン、タンニンなどが含まれています。

<甘草>

マメ科カンゾウ属植物の根や根茎を乾燥したもの。

効能:諸々の急迫症状を緩和し、鎮痛、鎮痙(ちんけい)、解毒、鎮咳(ちんがい)などに効果があります。

成分:主成分はトリテルペノイド系サポニンのグリチルリチン。その他成分として、リクイリチンやイソフラボン系のリコリコンなどが含まれています。(=武田薬品工業株式会社のタケダ健康サイトより)

モノテルペン

「テルペン」の語源はテレピン油であるが、実際はテレピン油に限らず多くの植物の精油の主成分である。それらは形式上2つ以上のイソプレン単位 (C5) から構成されており、イソプレン単位の数に応じて、それぞれモノテルペン (C10)、セスキテルペン (C15)、ジテルペン (C20)、セステルテルペン (C25)、トリテルペン (C30)、テトラテルペン (C40) と呼ばれる。

モノテルペンはバラや柑橘類のような芳香を持ち、香水などにも多用される。例えばリモネンはレモンなど柑橘類に含まれる香気成分であり、溶剤や接着剤原料などとしても利用される。メントールは爽やかな芳香を持ち、菓子や医薬品に清涼剤として用いられている。香り以外にもテルペノイド誘導体には生体において重要な役割を果たしているものが多い。すなわち、モノテルペン類より大きなテルペノイドは生理活性を示すものが多い。スクアレンやコレステロールはイソプレノイドより生合成される。また、植物色素として知られるカロテノイドもテルペノイドである。同様にビタミンADEK、コエンザイムQあるいはクロロフィル、ヘム、胆汁酸もテルペノイドに由来する。またテルペノイド由来の天然物にも重要なものが多い。イソプレンが多数連なって重合すれば、天然ゴム(イソプレンゴム)が得られる。セスキテルペノイドのアブシジン酸は植物ホルモンとして作用し、ジテルペノイドであるパクリタキセルは抗癌剤として使われる。

グリチルリチン (またはグリチルリチン酸)

甘草の根に含まれる有効成分である。スクロース(砂糖)の30から50倍の甘みを持つといわれる。化学的には、グリチルリチンはトリテルペン配糖体で、CAS番号は1405-86-3。遊離の酸は水に溶けないが、アンモニウム塩はpH4.5以上で溶ける。

グリチルリチンの甘さは砂糖より遅く立ち上がり、後に引くため、砂糖の甘さとは異なる。また、特徴的な甘草の味があるため、砂糖の代用としてそのまま使用するには不適当である。高熱下でも安定している点が人工甘味料のアスパルテームとは異なる。

アメリカ合衆国においては安全性の認められた調味料ではあるが、甘味料としてではなくキャンディーや薬、タバコの味付けに用いられる。

日本では、1970年代に人工甘味料の安全性への懸念から植物由来のグリチルリチンが代用甘味料として、同様に植物由来のステビアと共に一般的に使用されるようになった。しかしながら、グリチルリチンに薬理学的な副作用(アルドステロン様作用)が発見され、日本政府は国民に対し1日の摂取量を200ミリグラムに制限した。

健康上の効果

グリチルリチンや他の甘草の根に含まれる成分は多数の薬効があり、特に消化性潰瘍や去痰薬としての効果がある。グリチルリチンのアグリコンであるグリチルレチン酸は、消化性潰瘍の治療に効果がある。その人工代替品であるカルベノキソロンはイギリスで開発された。グリチルレチン酸とカルベノキソロンは共にギャップ結合チャネルを通して神経信号を調節する効果がある。最も広く報告されているグリチルリチンの副作用は高血圧(偽性アルドステロン症)と浮腫(むくみ)である。

高血圧の原因

グリチルリチンはコルチゾールをコルチゾンに変化させる酵素、11-β-ヒドロキシステロイド脱水素酵素 (11-β-hydroxysteroid dehydrogenase) の効果を抑制し、その結果コルチゾールが集合管で増加する。コルチゾールは元来、糖質コルチコイドとしての特性を持ち、タンパク質の分解を促進して血中グルコース濃度を上昇させる。(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年6月18日 (土)

私の世界・知らない世界―「緑茶成分、脳の機能向上に効果か・・!?」の茶カテキン

ネットのCNNのニュースから、「スペインのゲノム制御センターの研究チームはこのほど、緑茶に含まれる成分にダウン症の症状を改善する効果があるとの論文を発表・・」という話しです。

緑茶に含まれる成分でダウン症の認知症状が軽減できるかもしれない(CNNより)

Photo

・・で、「その緑茶の有効物質のEGCGって、何なんやろ・・?」と調べると、何んと! あの高名な“茶カテキン”の主要成分の1つ、エピガロカテキンガラート(epigallocatechin gallate、没食子酸エピガロカテキン、EGCgという物質で、今回のダウン症の認知症状以外にも、ヒト免疫不全ウイルス (HIV) 感染や脳腫瘍、前立腺がん、子宮頸がん、膀胱がん等の癌、シェーグレン症候群を含むある種の自己免疫疾患・・等、疾病の予防や治療の有効性が研究されています。

その余りにも有効な薬事的性質は両刃の剣の意味があり、抗がん剤を併用している場合にその効きを殺ぐ(バイオアベイラビリティを低下)場合や一部、発癌性の可能性も指摘されています。

生物学的利用能(バイオアベイラビリティ:bioavailability

薬剤学において、服用した薬物が全身循環に到達する割合をあらわす定数である。定義上、薬物が静脈内に投与される場合、そのバイオアベイラビリティは100%となる。・・

・バイオアベイラビリティFは、投与された薬物量DOSEのうち、未変化体のまま全身循環に到達した薬物量XBの割合である。(=ウィキペディア)

最も大切な話しとして、妊婦の人は胎児への影響を考えると濃いコーヒー(カフェイン)や緑茶(カテキン)は避けるのが懸命です。もちろん、アルコール類もです!

それと、“良いから”といって「多量に摂取は“禁物”」は当たり前の話です。

注)蛇足ながら没食子酸エピガロカテキンを(私のように)“ぼっしょく”と読むのではなく“もっしょく”だそうです。

『緑茶成分、脳の機能向上に効果か ダウン症治療への道も

2016.06.17 Fri posted at 15:53 JST

(CNN) スペインのゲノム制御センターの研究チームはこのほど、緑茶に含まれる成分にダウン症の症状を改善する効果があるとの論文を発表した。

ダウン症は21番染色体が1本多いことで発症する。染色体が多いために細胞内に発現する遺伝子も生成されるタンパク質も多くなり、それがさまざまな障害の原因となる。

「遺伝子の過剰発現を抑制する方法はない」と、同センターの研究者マラ・ディエルセン氏は言う。ディエルセン氏らは症状の大きな原因となっている遺伝子を突き止めるとともに、この遺伝子の活動を制御すればダウン症の認知症状を軽減できるのではと考えた。

そこで目をつけたのが緑茶に含まれるEGCGという物質だ。研究チームは87人のダウン症患者に1年間にわたって認知能力の訓練をする一方で、半数にはEGCGを、残る半数には偽薬を与えた。するとEGCGを投与された人々は視覚記憶や計算能力が改善し、脳の画像診断でも神経細胞間の連携や言語に関する脳の部位の機能に改善がみられたという。

ディエルセン氏は「ダウン症の薬物療法に道が開けた」と語る。

緑茶やその抽出物の健康効果に対しては世界各地の研究者が注目している。スイス・バーゼル大学のシュテファン・ボルクバト教授は2014年、健康な被験者12人に緑茶抽出物を投与する実験を行ったところ、脳内のワーキングメモリーに関係のある部位の連携がよくなったという。

もっとも、現時点で治療効果を期待するのは楽観的に過ぎるとボルクバト教授は言う。効果の範囲が不明であり、患者の症状も多岐にわたるため、「患者にとって完全に適切と言える薬」になるかどうかは分からないからだ。

カテキン (catechin)

狭義には化学式C15H14O6で表される化合物であり、フラボノイドの1種である。分子量は 290.27

広義にはその誘導体となる一連のポリフェノールも含み、この意味での使用例の方が多い。広義のカテキンは茶の渋み成分である。これらは酸化によって重合しタンニンとなる。・・・

<茶カテキン>

一方、日本人になじみの深い茶のカテキンは、1929年から辻村みちよらによって結晶状に単離されていった。茶カテキンの主要成分は、エピカテキン(epicatechinEC) とそのヒドロキシ体のエピガロカテキン (epigallocatechinEGC)、およびそれらの没食子酸エステルであるエピカテキンガラート (epicatechin gallate、没食子酸エピカテキン、ECg) エピガロカテキンガラート(epigallocatechin gallate、没食子酸エピガロカテキン、EGCg4つである。これらの化合物は緑茶の渋み成分として含有量は EGCg>EGC>ECg>EC の順であり、合計すると茶葉中の水分を除いた総重量中の1330%程度を占める。紅茶を作る際の発酵の工程では、カテキンはポリフェノールオキシダーゼ(polyphenol oxidase)によって酸化重合し、テアフラビンやテアルビジンへと変化する。・・・

高濃度茶カテキン

日本国内では、茶カテキンを有効成分として、消費者庁により「体脂肪が気になる方に」という、その機能性を示唆する表示が許可された特定保健用食品が販売されている。カテキンが体脂肪の蓄積を抑える機構は未解明であるが、一説には飲用したカテキンが、肝臓や筋肉中の脂肪消費酵素の活性を増強させ、脂肪をエネルギーとして消費しやすくする、胆汁酸の排出を促進すること等に起因するものと言われている。また、高濃度のカテキンを含有した各種サプリメントも、日本や欧米にて販売されている。

茶カテキンの安全性

カナダ、フランス、スペインなどでは緑茶カテキン摂取が原因と疑われる肝臓障害が報告されている。またこれまでに、カテキンは従来ヨーロッパにおいて一般医薬品として販売されていたが、肝臓移植まで必要とするような重症例がみられたことを受けて販売禁止措置がとられた。

日本でも茶カテキンを利用した製品は販売されているが、現時点では類似の健康被害の報告は見当たらない。ただし、一度に多量のカテキンを摂取する場合には、飲用方法などに注意する必要がある。

没食子酸(もっしょくしさん)エピガロカテキンエピガロカテキン、Epigallocatechin gallateEGCG

エピガロカテキンと没食子酸のエステルであり、カテキンの一種である。エピガロカテキン 3-ガラートとしても知られている。

EGCGは、植物の中で特に茶に最も豊富に含まれているカテキンである。また強力な抗酸化活性を示し、がんを含む多くの疾患に対して治療効果を有するのではないかと言われている。緑茶に含まれており、紅茶ではEGCGがテアルビジンに変換されているため含まれていない。高温環境では、エピメリ化が起こる可能性が高いが、30秒間沸騰する水に曝されていてもEGCGの全量の12.4%しか減少せず、短い時間での減少は統計的に有意ではなかった。実際に、沸騰水以上の温度の特殊な条件でも、量の減少はわずかにしか増大しなかった。EGCGは多くのサプリメントに用いられている。

EGCGHIV

緑茶中のEGCGが、ヒト免疫不全ウイルス (HIV) 感染の治療において有益であるとの研究がある。EGCGは、実験室においてAIDS関連認知症と関連しているプラークを減少させ、gp120の働きを阻害した。

しかしながら、これらの効果はヒトにおける臨床試験では実証されておらず、緑茶がHIV感染を治療あるいは予防することを示してはいない。しかし、副作用と関係がない限りは、ウイルス量の制御を助ける可能性がある。これらの研究で使用されているEGCGの濃度は、実際に飲まれる緑茶では到達することが出来ない。EGCGHIVに関するさらなる研究が進行中である。

EGCGとがん

その他のフラボノイドと共にEGCGが、脳腫瘍、前立腺がん、子宮頸がん、膀胱がんの治療に有益ではないかとする研究結果が増えてきている。EGCGは、がん細胞と正常細胞の生存に共に関与している抗アポトーシスタンパク質Bcl-xlに結合し阻害する。

EGCGとシェーグレン症候群

米ジョージア医科大学での研究によると、EGCGはシェーグレン症候群を含むある種の自己免疫疾患に対して予防効果があるのではないかとされている。研究結果から、(例えば緑茶中の)EGCGは、全身性炎症に関与しているTNF-αタンパク質に対する人体の防御機構を活性化することが示唆された。

薬物相互作用

南カリフォルニア大学でのマウスモデルを用いた最近の研究で、緑茶および緑茶抽出物(green tea extract, GTE)と一般的に関連付けられている多種多様の恩恵と対照的に、EGCGが抗がん剤ボルテゾミブに結合し、顕著にバイオアベイラビリティを低下させ、治療効果を無くしてしまうことが明らかにされた。この研究を指揮したSchönthal博士は、多発性骨髄腫およびマントル細胞リンパ腫の治療中の患者に対しては、緑茶および緑茶抽出物製品の摂取は強く禁忌とすべきとしている。

発癌性の可能性

茶ポリフェノールの中、EGCGは化学抗がん剤であるエトポシドおよびドキソルビシンと同様に強力なトポイソメラーゼ阻害剤であることが明らかにされている。この性質は抗発癌活性に必要であることが考えられるが、一方この活性によってEGCGが発癌性を示す可能性も考えられる。妊娠中のポリフェノール化合物の多量の摂取は新生児白血病のリスクを増大させることが疑われている。バイオフラボノイドサプリメントは、妊娠中の女性に使用してはならない。妊娠中の茶の大量摂取と小児悪性中枢神経 (CNS) 腫瘍のリスクの増大との間に強い相関があることが明らかにされている。(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年4月23日 (土)

私の世界・知らない世界―「世界に広がる「バナナ危機」・・で、バナナが高価になる!?」

ネットのCNNのニュースから「バナナを壊滅させた病気が再び世界各国の生産地に広がりはじめた・・」という話しですが、糖尿病の合併症から足の壊疽で入院して食事療法(低カロリー食)か環境の変化(病院生活)の為で便秘になり、退院してからはずっと便秘解消のために毎朝バナナを食べています。

つまり、バナナの値段が上がるというのは、大袈裟に言えば私にとって死活問題なのです。

もう、10年近くバナナを食べ続けているのにバナナにキャベンディッシュ種など色々品種というものがあるのを考えもしませんでした。

・・で、今回は英語のウィキの写真からバナナの品種を紹介します。

Cavendish_3

まず、キャベンディッシュ(Cavendish)ですが、ウィキによると「世界で生産されるバナナのほぼ半数を占め、日本のスーパー等で一般に売られている品種。日本では主にフィリピンから輸入される・・」ということで大型の皮が厚く黄色いみんながいつも食べているバナナです。

Lakatan

次は、ラカタン (Lakatan)という「色と形はキャベンディッシュとほぼ同じで、大きさは少し小さい。クエン酸が多く含まれ、やや酸味が高く味が濃い。フィリピンではキャベンディッシュよりも味が好まれ、最も流通量が多い品種となっている・・」ということで、少し小ぶりで皮が薄く黒くなりやすいようで、私がよく食べているのは見栄えのする高いキャベンディッシュ(Cavendish)より黒くなった“お勤め品”はラカタン (Lakatan) のようで、ポリフェノールは熟れたバナナに多いと聞きますから黒い斑点があっても安い方を買います。

Photo

レディ・フォンガー (Lady Finger)は読んで字のごとく女性の指に似て先が細くなっているもので、日本ではいわゆるモンキーバナナとも呼ばれているものです。

Simabanana

シマバナナは沖縄など南西諸島でよく見かけるバナナです。

Photo_2

プランテンは青いバナナで果物としてそのままは食べませんので略します。

Photo_3

他に、レッドバナナなどがあります。

バナナにとって極めて有害な病気が世界的に猛威を振るっている

Photo_4

バナナ生産への依存度が高い途上国の経済は、病気の流行で大きな打撃を被る

Photo_5

『世界に広がる「バナナ危機」、新型の伝染病で生産体制崩壊

2016.04.20 Wed posted at 15:34 JST

ロンドン(CNNMoney) かつて最も人気の高かった種類のバナナを壊滅させた病気が再び世界各国の生産地に広がり、バナナ輸出に大きく依存する中南米を脅かす事態になっている。

このほど開かれた国際バナナ会議の会場は、直前になって中米コスタリカから米マイアミに変更された。出席者の靴に付いた汚染土から、中南米に病気が広がる恐れがあるという理由だった。

問題の病気は「パナマ病」。「萎凋(いちょう)病」とも呼ばれ、アジアからオーストラリアの一部、アフリカ、中東へと広がっている。特に欧米で消費されるキャベンディッシュ種のバナナが影響を受けやすい。

国連食糧農業機関(FAO)は今月、パナマ病について「世界で最も破壊的なバナナの病気の1つ」と指摘。この病気に対抗するため、360億ドル(約4兆円)規模のバナナ業界が行動する必要があると強調した。

パナマ病はかつて、1960年代に最も人気があったグロスミシェル種のバナナを壊滅させた。代わって台頭したのが、病気に強いとされたキャベンディッシュ種だった。

しかし新型のパナマ病によって、アジアの一部でバナナの生産が崩壊。バナナの研究者や生産者は現在、キャベンディッシュ種に代わる新種のバナナの開発に力を入れている。

台湾ではキャベンディッシュの変異種が何種類も開発され、フィリピンや中国で試験が行われている。ベルギーの専門家インゲ・ファンデンベルク氏はこうした新種について「極めて有望」だとしながらも、味が必ずしも良くなかったり、長距離輸送に向かないものもあると説明した。

中南米は今のところ影響を免れており、欧米でバナナが値上がりする事態にはなっていない。

しかし今後パナマ病が中南米に広がれば、北米や欧州に輸出されるバナナの種類や値段が変わる可能性はあるとファンデンベルク氏は言う。

最大の危険にさらされるのは途上国だ。パナマ病は最高で40年も土壌の中に残る可能性があり、巨額の資金と何十億トンものバナナが危険にさらされかねない。新種のバナナの栽培には多額のコストがかかる。

FAOの植物病理学者は、「萎凋病が広がれば、生産者や流通業者、バナナ業界に依存する世帯に重大な影響を与えかねない」と警鐘を鳴らした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧