沖縄

2017年1月28日 (土)

私の世界・面白い話のネタ―「米ボーイング、新型宇宙服を・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「米ボーイング社は25日、最新デザインに基づいたとする青色を基調とした新型の宇宙服を公表・・」と言う話です。

米ボーイング社が青色を基調とした新型の宇宙服を公表

01


 ネットの“techcrunch.com”と言うサイトに、今回の宇宙服の写真がもう少し紹介されていました。

02


 ただ、米ボーイング社の新型の宇宙服は宇宙船内で着用する船内服(与圧服)のようで、本来の宇宙服の船外活動時に着用する船外服ではありません。

<宇宙服>

宇宙飛行士が宇宙空間で安全に生存するために着用する、生命維持装置を備えた気密服のこと。宇宙船内で着用する船内服(与圧服)と、船外活動時に着用する船外服に大別される。(=ウィキペディア)

 以下がNASAの開発している最新の船外服です。

03


 ウィキよりロシアの宇宙服です。

ロシア製(宇宙服製造でもっとも歴史の長いズヴェズダ社製)の宇宙服。一体型。背中側を開けてそこから入りこむ方式になっており、ひとりで着ることができ、しかも数分で着ることができる。ただしサイズは基本的にはひとつ(調整は可能)。

04


『米ボーイング、新型宇宙服を披露 真っ青で軽量化

2017.01.26 Thu posted at 17:33 JST

(CNN) 米ボーイング社は25日、最新デザインに基づいたとする青色を基調とした新型の宇宙服を公表した。従来タイプと比べ、大幅な軽量化を図り、宇宙飛行士の体との密着感を強め、よりシンプルなデザインを追求したと強調した。

重さは20ポンド(約9キロ)で、現行のものより10ポンド軽い。タッチスクリーンに対応可能な手袋、遮光装置やヘルメットは宇宙服と一体化し、ひじやひざ部分は宇宙飛行士の活動がよりしやすくなるよう改善した。

通気口は水蒸気が服内部から漏れやすいようにしたが、内部の空気補給に問題はないと説明。この結果、服の内部の低気温状態は一段と保たれ、安全性に問題も生じないとしている。

今回の新型宇宙服は同社が開発する有人宇宙船「スターライナー」に合わせて開発された。同宇宙船は国際宇宙ステーション「ISS」に飛行士を運ぶ計画で、最初の試験飛行は2018年に予定している。

米航空宇宙局(NASA)が開発した宇宙服はこれまで数々の変遷を遂げてきており、過去には大きさがかさばるようなオレンジ色のものもあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2013年7月14日 (日)

私の世界・面白い話のネタ―「今夏こそ行きたい、世界の厳選ビーチ100」、「阿嘉島の58位」って?

ネットのCNNのニュースからです。

「世界の厳選ビーチ100」で、日本は阿嘉島の58位です。「少し、馬鹿にしているのでは?」と1位から5位までと、阿嘉島をマップで比較してみました。

社内旅行の沖縄行で、慶良間諸島にキャンプに行って、阿嘉島は知っています。ただし、20年ほど前で、見るまでは若干不安でした。

那覇の泊まり港から慶良間に最初に着く港辺りです。友人の煙草好きの前田のマスターは、港で「船から“消しガラ”を捨てようとして、底まで透き通っている海が余りにもきれいで、思わず呑み込んだ?」という逸話があるほどです。

01_3

02_3

阿嘉島は慶良間諸島の座間味村にある島ですが、向かいの渡嘉敷島に阿嘉ビーチがあります。阿嘉島に西浜ビーチもあるようですが、行ってキャンプしたのは阿嘉ビーチです。

03_4

浜の美しさについての比較は余り言いたくありませんが、1位のグラン・アンス・ビーチ(セーシェル・ラ・ディーグ島)以外に“負けた”と言う感じはありません。でも、“グラン・アンス・ビーチ”は、マップの見た目は別格のようです。

『今夏こそ行きたい、世界の厳選ビーチ100

(CNN) 輝く太陽と青い海、白い砂。日常の喧騒を忘れて、今年の夏こそはビーチで贅沢な時間を過ごしたい人へ。世界の厳選ビーチ100カ所を紹介。

1.グラン・アンス・ビーチ(セーシェル・ラ・ディーグ島)

ここは人里離れた場所にあり、来るのに多少労力を要するため、観光客には敬遠されがちだが、他のビーチを評価する上で基準となるビーチの「典型」といえる場所だ。

Photo

2.ラビット・ビーチ(イタリア・ランペドゥーザ)

まばゆいばかりの白い崖、鮮やかな青の海、温暖な気候、乾いた砂の陸地。ここが世界のビーチランキングで度々1位に選ばれるのも納得だ。

Photo_2

3.グレイス・ベイ(タークス・カイコス諸島・プロビデンシャルズ)

このビーチは、レストランやリゾート施設が豊富で観光客も多いが、観光客相手の勧誘はほとんどなく、静かでくつろげる場所だ。

Photo_3

01_4

4.スースダルジャン岬(セーシェル・ラ・ディーグ島)

セーシェルで3番目に大きなラ・ディーグ島にあるこのリボン状のビーチは、白とピンクの砂が入り混じる、世界で最も多くの写真が撮られているビーチの1つだ。

01_5

5.グランド・サリーン・ビーチ(セント・バーツ島)

セント・バーツ島は裸になることが禁じられているが、島には自然主義者たちに人気(恐らく市街地から離れているため)のビーチが2つあり、ここはそのうちの1つ。

Photo_4

01_6

以下、65位の一色海岸(日本・葉山)までですが、途中は略しています。

6.キャベッジ・ビーチ(バハマ・パラダイス・アイランド)

このビーチは、その名が似つかわしくないと思えるほど非の打ち所のない美しさだ。にぎやかな場所から少し東に歩くと、誰にも邪魔されずにくつろげる場所が見付かる。

7.ワイングラス・ベイ(オーストラリア・タスマニア)

タスマニアの州都ホバートの北東に位置するフレシネ国立公園内にあり、白い砂浜、桃色の花こう岩、緑の山頂がタスマニアで最も美しい海岸風景を演出する。

8.マティラ・ビーチ(タヒチ・ボラボラ島)

人気の観光スポット、ボラボラ島の中でも特に素晴らしいのがこのマティラ・ビーチだ。ここでサメの餌付けや黒真珠探しを楽しむもよし、砂浜でのんびりくつろぐのもいい。

9.シャンパン・ビーチ(バヌアツ)

海底の火山岩から出るガスにより、干潮時に浅瀬が泡立ち、ビーチが泡で覆われているように見えることからこの名が付いた。

10.パラウイ島(フィリピン・カガヤン・バレー)

白い砂浜に火山岩、青緑色の海にサンゴ礁など、パラウイ島は手付かずの自然にあふれている。ここはリゾート施設やホテルがないので、宿泊はキャンプかホームステイに限られる。

11.ホワイトヘブン・ビーチ(オーストラリア・クイーンズランド)

12.トゥルム(メキシコ)

55.プラナン・ビーチ(タイ・ライレイ)

56.ディアニ・ビーチ(ケニア)

57.アバカ・ベイ(ハイチ)

58.阿嘉島(日本・沖縄)

59.ナアマ・ベイ(エジプト・シャルム・エル・シェイク)

60.北戴河(ベイダイホー)(中国)

61.エッサウィラ(モロッコ)

62.ハートリン(タイ・パンガン島)

63.プラウ・デラワン(インドネシア)

64.ラーダーナガル・ビーチ(インド・アンダマン諸島)

65.一色海岸(日本・葉山)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月16日 (火)

私の世界・小出裕章氏の沖縄講演②―レイモンド・チャンドラーの「言葉」

小出さんは、レイモンド・チャンドラーの『プレイバック』(Playback)の中の「言葉」を引き合いに出されました。レイモンド・チャンドラーはアメリカのハードボイルド作家で『プレイバック』(Playback)は1958年の作品です。

"If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive."

「しっかりしていなかったら、生きていられない。やさしくなれなかったら、生きている資格がない」(清水俊二訳)(=ウィキペディアより)

「ハードでなければ生きていけない、ジェントルでなければ生きていく気にもなれない」(矢作俊彦訳)(=ウィキペディアより)

小出さんは、

「強くなければ生きられない。優しくなれないなら生きる価値がない。」

としています。

小出さんの思いが強く出た解釈だと思うのですが、ハードボイルド作家のレイモンド・チャンドラーの言葉としては、矢作訳が素敵です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月15日 (月)

私の世界・小出裕章氏の沖縄講演より

813日、小出裕章氏の講演が沖縄県西原町立中央公民館にて行なわれました。小出裕章氏は7年前の813日に米軍ヘリが墜落したときに、現地に足を運び調査されたそうです。

http://hiroakikoide.wordpress.com/より

「放射能と子どもたち」 パート1

http://www.ustream.tv/recorded/16608302

「放射能と子どもたち」 パート2

http://www.ustream.tv/recorded/16610562

原発以外に、米軍ヘリが沖縄国際大学に墜落し放射性ストロンチウム90をまき散らしたことを説明しています。

公演の最後に、

「優しいということに」について、

「強いものに付きしたがうことではない。

自分以外に、生きることに困難を抱えている生き物に対して、

どんな眼差しをを向けることができるか?」

だと話しました。

人や人間と言わないで、「生き物」と言ったことにも共感します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年8月 1日 (月)

私の世界・面白い話17―与論島の話③

ホテルの食事に辟易していたので、沖永良部の友人の実家へ行ったときや与論で外食したときは、おいしいものが沢山あるので感動するのです。中でも市街地の食堂で食べたモズクそばは魅力的な食べ物で、家内や子供たちも感激しました。冷やしモズクそばにいろいろな具を乗せたものです。

「なんや、与論島っておいしいものがいっぱいあるやん!・・」

が僕達家族の感想です。

「今度、行くときは短期間でも良いホテルにしよう!・・」

と決めたのです。

次の年の夏、また懲りずに与論を目指したのです。ホテルはプリシアリゾートにしました。赤崎と比べると、天国のようなところでした。瀟洒なコテージ風の建物を一家族だけで利用します。もちろん、シャワーやお風呂も付いているし、いつもお湯が出ます。(当たり前ですが)

良いのはジャグジーがプールの横にあって、泳ぎ疲れたらいつでも入れるのです。食事も満足いくものでした。

そして、例のモズクそばを思い出して、食べに行きました。

お店は直ぐに分かったのですが、メニューにモズクそばが載っていません。

「あのー、モズクそばはやってないのですか?・・」

と聞くと、

「あれは、今はめんどうなので出していないのですよ!・・」

「でも、作ってあげましょうか?・・」

と言うことで、あこがれのモズクそばにありつけました。

でも、食べてみるとおいしいのはおいしいのですが、あの感激的な味わいがないのです。

「そうや・・おいしいもの食べていないせいや?!・・」

人間、おいしいものを食べようと思うときは粗食が一番なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月31日 (日)

私の世界・面白い話15―与論島の話②

最初の格安旅行で行った与論島のホテルは、赤碕にあるパシフィック・ホテルと言う所でした。後で、「囲い込み型ホテル」と命名しました。旅費が半端なく安いので無理もないのですが、問題点を列記すると、

○部屋が汚い

(一応、申し訳におばさんが箒?で掃除しますが、当然ながらホテル中砂だらけです。部屋は絨毯かと思ったら髪の毛の織り込みだった。)

○いろいろなものが故障している

(風呂付の部屋なのにお湯が出ない。お風呂はなく、夕方5時~6時に入口にある海水を流すシャワーでお湯が出るだけ。)

○クーラーはあるがお金を入れないといけない

(ラーメンのお湯もお金を取られる)

○他の店や町の施設は遠くにあり不便で使えない

(タクシーを勝手に呼ぼうとしたら支配人がホテルを通せと苦情を言う)

 ○食堂を浜辺の近くで経営しており高い

(高いので有名な京都のうどんやどんぶりを食べている私の感想です)

注)15年近く以前のはなしです。

でも、子供たちは平気で楽しそうでした。朝食のパンとハムエッグ(Sは付かない)にレタスやトマトを挿んでお気に入りでした。

夕食も一応は、得体の知れない魚(ブダイの類)のお刺身も出ましたが、粗食であることは否定できません。

Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月26日 (火)

私の世界・面白い話11―与論島の話①

15年近く前の話ですが、友人の故郷が沖永良部島にあって、社内旅行でみんなで訪ねて行こうと言うことになりました。何か安い方法はないか、いろいろ検討しました。九州の鹿児島まで飛行機で行って、後は飛行機か船の乗り継ぎが普通のルートです。残念なことに高くつきます。

いろいろ探してみると大島海運のフェリーが南港から那覇まで出ていて、途中に沖永良部や与論に寄港していることに気が付きました。そして、「船で行く与論・那覇79日の旅」というのが3万円台であったのです。南港からフェリーで3日かけて与論島に行って、与論で4泊して帰りは那覇で1泊して那覇空港から飛行機で帰るものです。与論の4泊は朝夕食事つきです。

どう考えても安過ぎのツアーで、

「ホテル代があらへんやん・・・?」

と大ちゃんやみんなはビビリました。

私は安いと聞くとマスマス行きたくなって、

「面白いし、行ってみよ!沖永良部は与論島から船が出てるねん・・」

と決めてしまったのです。

フェリーは「全食事なし」のB等でフロアーにごろ寝です。南港を夕方6時頃に出て、一泊した朝に九州の宮崎に寄港して、順次沖縄まで種子島などの主な島に寄港しながら行くのです。与論島には、三日目の朝の5時過ぎに着きます。

多分、船会社は空いている客船部分を使わせて、飲み食いさせて儲ける腹づもりのようです。こちらも、そうはならじとクーラー・ボックスを用意して乗船前にスパーで、食料とビール、氷、酒をおもいきり買い込みました。

乗船してみんなの場所をフロアーに確保して、一息ついて辺りを見ると意外なことに気が付きました。女の子だらけなのです。多分1005くらいに女学生くらいの子に溢れていました。

そして発見したのが

「女は群集になると男の存在が5%以下では、その存在を無視出来る。」

と言うことです。

目の前で平気で着替えをしたり、パジャマやパンツもあらわに寝そべったりするのです。大ちゃん等は、僕も含めて内心大変喜ばしいことでした。

注)今は大島海運は社名も変更(マルエーフェリー株式会社)して、与論島には年に数度しか寄港していないそうです。ただ、今年は817日に寄る便があります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月19日 (火)

私の世界・真面目な?話⑧―沖縄の台風

沖縄旅行には仕事や遊びで随分沢山(多分20回は越えている)行っていますので、台風にも何回か遭遇しました。沖縄の台風は本土と違うことを知る必要があります。本土では台風は一晩で、「台風一過の快晴」と言う様にいなくなります。沖縄の台風は一日や一晩では何処かに行きません。下手をすると居座ったり、戻ってきたりします。

旅行で、「ホテルヤギ」のような食事なしの安宿で、台風に遭遇すると悲惨な目に会うことがあります。食事がないし、馬鹿高いホテルのビールで過ごさなければなりません。

「ホテルヤギ」のような宿で、台風が来ると聞いたら、まずコンビニにいって買出しをすべきです。予算が許せば設備の整った少し高級なホテルに代わるべきです。雨漏りの心配のない、豪華で安全・快適なホテルのラウンジでオリオンビールでも飲みながら、台風の様子を観察するのは楽しいものです。

ただし、空港が閉鎖になると、ホテルはその日の朝までの客をもう一度引き受けるので、早く行動を起こしかつ運が良くないと、ホテル変更の野望は不可能です。

注)10年以上前の話です。「ホテルヤギ」が改装されて、高級ホテルになっていたらごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月17日 (日)

私の世界・心の育児日記19―2年9ヶ月と10ヶ月目の某日・初めての沖縄旅行続き

名護の海洋博記念公園に行って、ロイヤルビュー・ホテルに泊まったのですが、お母さんは豪華なので非常に気に入った様です。

無理もないので、今回の旅行は例によって格安旅行を探したもので、前日までのホテルはシティー・ホテルクラスでした。運の悪いことに、彼女がお風呂に入っていたら、バスの排水の穴からからゴキブリがちょろちょろ出てきたのです。

「ギャーッ、キャー・・ギャーッ」

は当然の反応です。

名護に以前お世話になった村田さんを訪ねたのですが、仕事で大阪に行って留守でした。代わりに奥さんが歓待してくれました。名護の小さな酒場で沖縄料理で古酒の焼酎を飲むのは最高でした。

 旅行から帰って気が付いたのですが、大変なことをやってしまいました。ヤドカリさんを拾った貝殻にまぎれて、拉致して帰って来てしまったのです。一応元気に生きていて、動いているのですが、生のイカをあげると食べました。

話しは別に:村田さんは若い頃、フィンランドに私費留学していました。お金がないので友人4人と相談して、止せば良いのにグループサウンズをやろうと言うことになります。まずいことにまともに上手に歌えるのが二人、ギターを弾けるのが一人、つまり村田さんは何もできなかったのです。仕方がないので、口パクで弾く格好だけにしました。

そんなグループなのに、テレビに出て「さくらさくら」を歌ってしまうところがすごいのです。フィンランドに旅行に行って、「昔の日本人は唄が余りうまくない・・」と言ううわさ(多分もうかなりの年齢の人の話)を聞いたら、それは彼等のせいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2011年7月16日 (土)

私の世界・心の育児日記19―2年9ヶ月と10ヶ月目の某日・初めての沖縄旅行

沖縄旅行は長男にとって始めての、泊りがけの飛行機旅行です。飛行機に乗ったらどんなに感動するだろうか?と期待していたのですが余り感心を示さなくて、椅子の横にある車内放送のラジオのつまみやイヤフォンが気に入って遊ぶのです。なにしろ「モンテッソリー教育」ですから、「興味を示したものを自由に」させなくてはならないので若干ガッカリです。

気圧の変化には大丈夫なようでした。

沖縄旅行で長男が喜んだものは、「イルカのおきちゃん」、「ステーキハウスのコックさんの曲芸」、「ヤドカリ」、「私の旧友の備瀬のおじさん」、「玉泉洞の洞窟」、「アナコンダのヘビ」などです。

海は少し怖いようでした。

貝拾いは余り興味がなくて、拾うと「ポイ・・」とほかすのが好きです。

後半は風邪を引かせてしまい少しダウン。旅行が長すぎたのかもしれません。

お母さんは、「国際通りの公設市場」と「ロイヤルビュー・ホテル」、「玉泉洞」が良かったようです。

話しは別に:私が面白かったのは、ステーキハウスの若いコックさんがベニハナ流に目の前で、包丁や胡椒入れで曲芸のように料理をします。肉もお皿に飛ばし入れるのですが、新米で余り上手とはいえないものなのです。

でも、長男は「ウワーッ、スゴーイ・・」と感嘆の声を上げ、手を叩いて喜びました。そんな小さな子に褒められて、若いコックさんは照れてしまい、余計にうまく出来ないで困っているのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|