ムカツク話

2017年1月17日 (火)

私の世界・面白い話のネタ―「世界の富、上位8人の富豪が下位50%の合計分を独占・・!?」

ネットのCNNのニュースから、「世界で最も裕福な8人が、人口全体の下位50%を合わせた額と同じだけの資産を握っている・・」という話ですが、富裕層トップ8人の資産の合計は約49兆円(4260億ドル)に上るのです。

格差の拡大が一段と進んでいる現状が明らかに=CNNMONEY

Bb

世界の総人口は約73億人ですから下位50%の人口は365千万人、世界で最も裕福な8人の資産はⅠ人平均約51千億、下位50%の人の資産はたったの平均13千円ということになります。

以下、ウィキによりトップ8人を適当に編集して紹介しますが、最初は米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、正式名をウィリアム・ヘンリー・"ビル"・ゲイツ3世(William Henry "Bill" Gates III19551028 - )と言うのだそうです。

アメリカ合衆国の実業家、慈善活動家、技術者、プログラマ、作家、教育者。マイクロソフトの共同創業者兼元会長兼顧問、ビル&メリンダ・ゲイツ財団共同創業者兼共同会長。カスケード・インベストメント共同創業者兼CEO兼会長、コービス共同創業者兼CEO兼会長、bgC3共同創業者、マイクロソフトリサーチ共同創業者兼会長、テラパワー会長、ResearchGate共同創業者兼名誉理事長。・・・アメリカの雑誌フォーブスの世界長者番付で、1994年から2006年まで13年連続の世界一となった。2006年の個人資産は推定530億ドル(日本円で約62000億円)で、2007年、ビル・ゲイツの資産は、さらに50億ドル膨らんで資産総額580億ドルとなった。

一緒にいるのは妻のメリンダ・ゲイツ(2009年)

Photo

ネットの“forbesjapan.com”と言うサイトに邸宅が紹介されている人は載せました。

ビル・ゲイツ邸:ビル・ゲイツの自宅の“一部”である。なぜ“一部”なのかというと、シアトル郊外ワシントン湖畔にある自宅敷地は人工河川も流れるほど広大で、面積にして約140平方kmもあるからだ。これがどれほどの広さか。面積100平方km余りのパリ市全体よりもさらに広いといえばイメージしやすいだろうか。邸宅は水中に音楽が流れるプールやバー付きの図書室、守衛室まで完備し、推定価格は80億円。

Photo_2

次は米著名投資家ウォーレン・エドワード・バフェット(英語: Warren Edward Buffett1930830 - )氏。

アメリカ合衆国の投資家、経営者、資産家、慈善活動家。世界最大の投資持株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主であり、同社の会長兼CEOを務める。大統領自由勲章を受賞している。1952年にスーザン・トンプソンと結婚し、スーザンとの間に長女スーザン・アリス(リトル・スージー)、長男ハワード、次男ピーターの3人が生まれた。1977年に子育てを終えたスーザンはバフェットと別れて暮らすようになった。しかし離婚はしておらず、バフェットもスーザンの自由な生き方を支持していた。バフェットの遺産を受け継ぐことになっていたが、2004年に先立たれたために資産を複数の財団へ寄付することになった。2004年にスーザンが亡くなり、バフェットは2006年にアストリッドと再婚した

Photo_3


ウォーレン・バフェット邸:ネブラスカ州オマハにある邸宅は1958年に約300万円で購入したもの。2015年に約4,000万円を投じてセキュリティを高めたが、現在もこの普通の一軒家から中古車で会社に通う。

Photo_4


メキシコの大富豪カルロス・スリム・エルー(Carlos Slim Helú, 1940128 - )氏。

メキシコの実業家、慈善家。テルメックス、テルセル (Telcel) 、アメリカ・モービル (América Móvil) を所有し、ラテンアメリカの通信産業に多大な影響を持つ。

Photo_5


カルロス・スリム邸:ニューヨーク5番街の一等地にある地上5階、地下2階、560坪の大邸宅を約48億円で購入。12寝室14バスルームでペントハウスは二世帯住宅。しかし、本人はこの邸宅に住んでいない。

Photo_6

米アマゾン最高経営責任者(CEO)のジェフリー・プレストン・ベゾス(Jeffrey Preston Bezos, 1964112 - )氏。

アメリカ合衆国の実業家、作家、教育者。Amazon.com の共同創設者でありCEO、取締役会長、社長。出生名はジェフリー・プレストン・ジョーゲンセン(Jeffrey Preston Jorgensen)。世界有数の資産家であり、フォーブスの長者番付によると2014年時点で320億ドルの資産を有する。 米有力新聞ワシントンポストを買収しオーナーとなった。

妻マッケンジー・ベゾスと

Photo_8



 米フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ(マーク・エリオット・ザッカーバーグ、Mark Elliot Zuckerberg1984514 - )氏。

アメリカ合衆国のプログラマであり、実業家である。ハーバード大学在籍中にソーシャル・ネットワーキング・サービスサイト、「Facebook」を開設した。開設に際しては、同大学計算機科学部生のアンドリュー・マッコラム、ルームメイトだったダスティン・モスコヴィッツやクリス・ヒューズなど、他のハーバード大学の学生が協力した。現在、ザッカーバーグはFacebookCEOに就いている。2010年のTime誌「Person Of The Year」に選ばれた。2012519日、1歳年下の中国系アメリカ人、プリシラ・チャンと結婚したことを発表した。チャンとはハーバード大学の同窓生で、ザッカーバーグと出会って以来9年間にわたって生活を共にしていた[3]。結婚式は、チャンのカリフォルニア大学サンフランシスコ校医学校卒業と博士号取得を祝うパーティを装って、ザッカーバーグの家の裏庭で行われた。また、ザッカーバーグはプリシラの親類と付き合うため、中国語を勉強している。2010年、経済誌『フォーブス』が発表した「世界で最も若い10人の億万長者」の第1位に当時25歳の最年少でランクインした。推定総資産額は約40億ドル。同年、寄付啓蒙運動のギビング・プレッジに参加。20113月、『フォーブス』が世界長者番付を発表し、推定総資産額135億ドル(日本円で約11,475億円)で52位にランクインした。この額は前年の40億ドル(日本円で約3,400億円)の約3倍にあたる数字であり、ランクも前回の212位から52位に大幅アップとなっている。今回の大幅アップの要因は映画『ソーシャル・ネットワーク』のヒットが関係しているようであるという。

Photo_9

ファッションブランドZARAの創業者アマンシオ・オルテガ・ガオーナ(Amancio Ortega Gaona1936328 - )氏。

スペイン・レオン県生まれの実業家。ZARAで知られるアパレルメーカーのインディテックス社の創業者。2011719日に社長の座をパブロ・イスラに譲るまで同社を率い、世界的企業に育てた。1986年にはビジネスパートナーでもあったロサリーア・メラと結婚、その後離婚、2001年にフローラ・ペレス・マルコーテと結婚。

Photo_11

米オラクル会長のローレンス・ジョセフ・エリソン(Lawrence Joseph Ellison1944817 - )氏。

データベースソフトをはじめとする大手ビジネスソフトウェア企業オラクル・コーポレーションの共同設立者であり、元CEO、会長、CTOである。4度の離婚歴を含む私生活や、幾多の訴訟や買収、ビル・ゲイツとの関係など、様々な話題に事欠かない。また、自宅を和風建築にするほどの親日家としても知られている。近年では、中堅中小規模向けSaaS型ビジネスアプリケーション企業のNetSuite社設立メンバーの一人としても知られる。2014年現在の総資産は500億ドルで、世界で5番目の富豪である。フィランソロピー活動でも有名である。エリソンは4度結婚していて、4度共離婚している。3人目の妻 Barbara Boothe との間には息子のデヴィッドと娘のミーガンをもうけた。エリソンは20031218日、恋愛小説家メラニー・クラフトと結婚した。結婚式では友人のスティーブ・ジョブズがカメラマンを務めた。2010年破局。

Photo_12

ラリー・エリソン邸:カリフォルニア州ウッドサイドの28,000坪を超える土地に、日本の離宮を模して建てられた。立派な日本庭園付きの邸宅の建設費は200億円ともいわれる。京都にも別荘を所有する。

Photo_13

前ニューヨーク市長のママイケル・ルーベンス・ブルームバーグ(Michael Rubens Bloomberg1942214 - )氏。

アメリカ合衆国の実業家、政治家。前ニューヨーク市長(第108代)。証券会社大手のソロモン・ブラザーズに勤務し、同社共同経営者(partner)に上り詰めたが、同社が商品取引会社フィブロに買収されたのに前後して退社。1981年に通信会社ブルームバーグを設立し、ウォール街の企業へ金融情報端末を販売して巨万の富を築き上げた。(パートナー:ダイアナ・テイラー2000年から)

Photo_14

 最後に、愕くべきことですがこれらの人は自分一代でその資産を築いています。もっと愕然とするのは私と同じ時代を同じ仕事で生きている人がいることです。

『世界の富、上位8人の富豪が下位50%の合計分を独占

2017.01.16 Mon posted at 15:11 JST

ロンドン(CNNMoney) 世界で最も裕福な8人が、人口全体の下位50%を合わせた額と同じだけの資産を握っている――。国際非政府組織(NGO)オックスファムが15日、経済格差に関する今年の報告書を発表した。

それによると、トップ8人は米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏、米著名投資家ウォーレン・バフェット氏、メキシコの大富豪カルロス・スリム氏、米アマゾン最高経営責任者(CEO)のジェフ・ベゾス氏、米フェイスブックCEOのマーク・ザッカーバーグ氏、ファッションブランドZARAの創業者アマンシオ・オルテガ氏、米オラクル会長のラリー・エリソン氏、前ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグ氏。資産の合計は4260億ドル(約48兆7000億円)に上る。

オックスファム・アメリカのポール・オブライエン副社長は、こうした経済格差のために「何百万人もの人々が貧困から抜け出せず、社会は引き裂かれ、政治にも害が及んでいる」と指摘する。

オックスファムは毎年、世界経済フォーラム(WEF)の年次総会(ダボス会議)に先立ち、米経済誌フォーブスの長者番付とスイスの金融大手クレディ・スイスの資産動向リポートに基づいた報告書を発表している。

2015年以降、富裕層の上位1%がそれ以外の人々より多くの富を独占する状態が続いているという。米国内では上位1%が富の42%を手にしている。

WEFは4年前、社会の安定を脅かす主な要因として経済格差の拡大を挙げた。オックスファムによると、世界の指導者らは格差縮小を共通の目的として掲げているにもかかわらず、問題は深刻化する一方だ。

過去30年間で格差が拡大した国に住む人の数は、世界人口の7割を占める。また過去25年間にわたり、上位1%は下位50%の合計を上回る所得を手にしてきた。

報告書は「富裕層が豊かになれば富が全体にしたたり落ちる」とされる「トリクルダウン」理論に言及し、「所得と資産はしたたり落ちるどころか、驚くべき勢いで吸い上げられている」と警鐘を鳴らした。

さらに男女間の格差にも注目し、10億ドル以上の資産を持つ世界の億万長者1810人のうち、89%を男性が占めると指摘している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2016年7月18日 (月)

私の世界・ムカつく話―「最近、ふと思ったこと・・!?」

今のネット社会といわれる世界は、一見、ハト達の安穏で平和な社会のように見えます。オオカミは徹底的に社会から否定・排除されているのです。

学校の“いじめ”や“暴力”を排除する風潮の根底に、ハト社会の論理があります。オオカミは暴力装置、殺傷能力の牙を持つが故に、他者に対しての手加減、仲間を死に至らしめない“程”を覚え知っています。

ところが、ハトは暴力装置、牙を持っていません。他者を攻撃する時、死ぬまで、または社会的に抹殺するまで相手を突っつき、それを悪いと思わないのです。

今の社会に本当に必要なのは、自己克己したオオカミです。自分の凶悪性を知らないハトだけの管理社会はその背後にキツネが蔓延ることを知るべきです。

また、ハトと同じに一見優しいと思える草食動物(例えば、鹿)の増殖が過ぎると、今、日本の山や森に起こっているように、辺り一面が食料なし(樹皮まで食べてしまう)の根絶やし状態になり他の動物が排除され取り返しが付かない問題が起こっています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年8月 4日 (火)

私の世界・ムカつく話のネタ―ネコ物語・「強く大きく威厳に満ちた百獣の王、ライオンのセシル、最後の写真・・のネコ!?」

ネットの“The Telegraph”から「ライオンのセシルを9年間に渡って、愛情を込めて写真を取り続けた男性(ブレント・ステープルカンプ:“Brent Stapelkamp”)の「威厳に満ちた百獣の王、セシル」の最後の写真、エリコとセシル(手前の横たわっている方)・・」で、殺される一月前に撮影されたものだそうです。

セシル(横たわっている方)の最後の写真(PhotoBrent Stapelkamp

01 

ブレント・ステープルカンプ氏はセシルを最もよく知るであろう、英国オックスフォード大学の研究者です。

セシル(手前の横たわっている方)とジェリコ(奥)はそれぞれ1つずつ群れを率い、共に行動、2つの群れにはメスが計6頭、子ライオンが24頭いると推定されるそうですが、「群れに残されたセシルの子どもたちは、新たなリーダーとなるオス、(もしかすると、ジェリコ!?)に殺される危険がある・・」ということです。

セシルと一匹のメス(そのハーレムの)

02 

“ムカつく話し”で、取り上げるのも厭なので“止め”にしていたのですが、セシルの写真が余りにも素敵なので仕方なくです。

以下は、ナショナルジオグラフィックの「【追悼】セシル・ザ・ライオン写真集」から、同じくブレント・ステープルカンプ氏の“セシル”です。

03 

また、ムカついて来るよなあ・・チップ!(家の飼いネコ) そういえば、あんたは若い頃に何か良く怒っていた・・思い出した? あんなぁー、この頃、知り合いがよく亡くなるんよ・・!?。もう年やし、仕方がないのかも・・?

若い頃の怒りの・・チップ!【再掲】

1016 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年7月30日 (木)

私の世界・ムカつく話のネタ―ネコ物語・「イギリスのRSPCA、“ネコに毒物を与えるのは、懲役6ヵ月又は£20,000の罰金”と警告・・のネコ!?」

ネットのBBCニュースからですが「イギリスのカーディフ郊外のセブンオークス(“Sevenoaks”)通り付近で、この2ヵ月の間に7匹のネコの不審死の調査で毒物の投与が疑われる・・」という話し、事件を調査した英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)は「懲役6ヵ月又は£20,000(約400万円:1£194円)の罰金となる・・」と警告しています。

Sevenoaksroad02_2 

英国王立動物虐待防止協会

The Royal Society for the Prevention of Cruelty to Animals (RSPCA)

英国の非営利団体である。動物福祉を推進するために設立された。記録によると2009年、141280件の動物虐待に関わる問題を調査し、135293頭の動物を救出した。RSPCAは世界最大の動物福祉団体で、また最古とされている。英国の数ある慈善団体の中で最も大きなもののひとつであり、2008年の記録によれば1505人の従業員を雇用している。・・・(=ウィキペディア)

「セブンオークス(“Sevenoaks”)通りに住む市民の知らせで、英国王立動物虐待防止協会(RSPCA)はペットの飼い主に警告している・・」ということですが、今回がそうかどうかは分かりませんが、イギリスでは夏に除草剤や冬用の不凍液を飼い主の知らぬ間にネコが間違って呑む? というか、舐めてしまう事故(たまたま、撒いた除草剤や漏れた不凍液の付着物をなめる・・)や事件(故意に、餌の魚に混ぜる・・)がよくあるのです。もちろん、ネコ好きの多い国のイギリスにもネコに悪意を持つ人が居て、故意に毒餌を与える場合があります。

ネコが除草剤や不凍液などの毒物を舐めた兆候は、食欲不振や嘔吐、下痢を繰り返すことですが、最後は呼吸困難に至るのです。

カーディフ郊外の“Sevenoaks”通り、マップとストリート・ビューから

Sevenoaksroad0_2 

Sevenoaksroad01_2 

7匹のネコの死を悼むわけではないのですが、イギリスのカーディフ郊外の空は気のせいなのか、妙に陰鬱です。

一周間ほど前も、「サウスポートの飼い主に、18匹ものネコが毒物汚染を受けていると警告・・」:“Southport pet owners warned after 18 cats 'poisoned'”(23 July 2015From the section Liverpool)と言う記事が出ています。

毒物汚染の体調不良で保護施設に収容されたネコは、困ることに飼い主が居るのか、居ない“野良”なのか? 分からないことです。

Sevenoaksroad03_2 

警告:「あんたら、ええかげんにしなはれ!」・・のネコ!?(“funnycatpix.com”より)

Sevenoaksroad04_2 

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年7月27日 (月)

私の世界・ムカつく話―ネコ物語・「“殺処分目前、抱き合っておびえる犬・・”、この国では子ネコに1番過酷な運命!・・のネコ!?」

ネットのCNNのニュースから、「殺処分が目前に迫った2匹の犬が、檻(おり)に入れられ、おびえ切った様子で固く抱き合っているように見える写真? がネットで大きな反響を呼んでいる」という話しです。

悲しげな表情としぐさに多くの反響が寄せられた=Malena Evans

Photo 

2匹の犬、「カラ」(:茶色い両前足をケイラの首に回して固くしがみついている方)と「ケイラ」(しがみ付かれた方)は保護団体に救出され無事なようでホッとします。

・・で、ネコの話しですが、ウィキによると「日本国内での殺処分数は、犬は年間約5万頭、猫は約14万頭(2011年度)」ということで、ネットの“ALIVE”の「全国動物行政アンケート」:2012年度版は、「前年度より約1万頭減少の17万608頭(犬:4万9323頭、猫:12万1470頭)」となっています。

野良ネコのことを考えてみれば当たり前のことですが、返還・譲渡される割合、いわば生存率(2012年度)は全体で22.5%、犬が46.6%、猫が10.6%となりネコは非常に低いのです。

そして、収容されたネコの大半は子ネコ、その多くは何も出来ない乳飲み子ということです。

『殺処分目前、抱き合っておびえる犬 投稿写真に大きな反響

2015.07.27 Mon posted at 13:28 JST

(CNN) 殺処分が目前に迫った2匹の犬が、檻(おり)に入れられ、おびえ切った様子で固く抱き合っているように見える写真が保護団体のフェイスブックに掲載され、大きな反響を呼ぶ出来事があった。

写真に写っている茶色と黒白の犬は「カラ」と「ケイラ」。処分施設の檻の中で、カラが茶色い両前足をケイラの首に回して固くしがみついている。2匹とも、まるで自分たちの身にこれから何が起きるか分かっているかのように、おびえ切った表情に見える。

この写真は、殺処分施設から犬や猫を保護する活動を展開している米アトランタの非営利組織(NPO)「エンジェルズ・アマング・アス」が20日にフェイスブックに掲載した。

2匹は引き取り手が現れない限り、その日のうちに処分される予定だったという。このため同団体は投稿の中で、「もしも里親になりたいと思いながらためらっているのなら、今こそ決断すべき時です」と訴えた。

写真はインターネットで瞬く間に広まり、共有や「いいね」は数千に上った。この反響のおかげで投稿からわずか2時間のうちに2匹の引き取り手が見つかり、殺処分施設を出ることができたという。

同団体は、男性に抱きかかえられて甘えるカラとケイラの2枚目の写真をフェイスブックに掲載。「2匹はもう安全です!」というコメントに添えて、ペットの避妊と去勢を促し、「ペットは生涯を通じて責任を果たさなければならないことを分かって下さい」と呼びかけている。

【殺処分】

法律上は家畜伝染病予防法のみに書かれている用語だが、近年は以下にある政令「動物の殺処分方法に関する指針」などの表題に用いられたため、「不要な、もしくは人間に害を及ぼす動物を殺害すること」という広い意味で使用されるようになった。

日本においては殺処分方法は政令に定められており、対象となる動物は動物愛護法第444項に定められた家庭動物、展示動物、実験動物、産業動物が対象であり、すなわち人が所有する動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するものが対象となる。

例えば動物実験が終了した後の実験動物、伝染病まん延防止の目的で狂犬病予防法や家畜伝染病予防法に指定された伝染病に罹患している家畜・家禽を殺す場合、もしくは非常事態において人間の管理下に置けなくなる(なった)猛獣等を殺す場合にもちいられる。

なお、食用を目的として家畜を殺す場合には「と殺」または「と畜」と表現され、殺処分という表現は使用されない。

<方法>

政令「動物の殺処分方法に関する指針」で、「化学的又は物理的方法により、できる限り殺処分動物に苦痛を与えない方法を用いて当該動物を意識の喪失状態にし、心機能又は肺機能を非可逆的に停止させる方法によるほか、社会的に容認されている通常の方法によること。」と定めている。また「苦痛」とは省令で「痛覚刺激による痛み並びに中枢の興奮等による苦悩、恐怖、不安及びうつの状態等の態様をいう。」(同省令 第24))と定められている(具体例については後述する)。

<実態>

日本国内での殺処分数は、犬は年間約5万頭、猫は約14万頭である(2011年度)。

あるいは、ペットにおいて怪我や病気などで治癒の見込みが絶望的である場合などに、苦痛からの解放などを願って安楽死という選択がなされることがある。

愛護動物に関する殺処分は、法令により「処分することができる(狂犬病予防法)」「譲渡し及び殺処分とする(犬及びねこの引取り並びに負傷動物等の収容に関する措置)」と自治体に処分する権利を与えているだけであり、必ず殺処分しなければならない義務があるわけではない。

201463日、日本の環境省は、年間約16万頭が殺処分されている犬・猫について、将来的にゼロにするための行動計画を発表した。・・・(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2015年3月 9日 (月)

私の世界・ムカつく話し―「年が行く・・」と起こるもの!?

私の場合に限った話しですが(人のことは分からない世界なので・・)、『年が行く』と人やもの、自分や自分の体を含めて、私の世界である自分を取り巻く周りの環境が言うことを聞かなくなって来る? というか、「思ったように動いてくれない・・」や「思わぬように動く・・」ことが多くなって来ます。

単純な話し、足が妙に躓いたり、ちゃんと「置いた・・」と思うものがこけたり、落ちたりするのです。

『年が行く』と「注意散漫になる」とか、“自分勝手”が高じて来て「気兼ねしない、周りを気にしなくなる」ことや、「運動能力の低下」があると思うのですが、本質的に「何か大切なもの・・」が無くなっていく気がします。

人はほとんどの行為を、無意識の内に行います。普通時の日常生活では、多分99%以上の行動が無意識で行われます。その無意識行動に齟齬が起こるのです。

それは脳の無意識の記憶行動(無意識パターン行動)と実感覚情報のフィードバックに「誤差が生じている」のに、“脳が意識しない”ということです。

自分でも不思議に思うのですが、シャツのボタンが留まらないとき(神経症で若干、指先が少し不自由)、意識してボタンの穴を見る、つまり、「脳にここだよ・・」と穴の位置を教えてあげるとうまく行きます。つまり、指の穴に対する“感じ”と脳の“思い”の差を見た目で調整する(脳が意識する)のです。

話の続き:『年が行く』と、やたらと持ち物が増えます。確か、二十歳(はたち)の頃は、ハンカチ1つ持たず、お袋に「あんた、汗やトイレの手洗い、どうしてるの・・?」と不思議がられました。(どうして、いたのやろ・・?)

お札と小銭をポケットに一緒くたで、財布ナシです。(そのころ、“札束のクリップ止め”がカッコ良かった)

今は、財布と小銭入れ、眼鏡(2つ、1つは予備)、ハンカチ(2つ、1つは予備)、タオル、手袋(指の出るやつ)、携帯電話、ボールペンやメモ用紙などです。財布には、お札以外に診察券、健康保険、カード、病院予約表、病院バス運行表が入っています。(まだ、他にも何かありそうなのか怖い・・)

それと全部はポケットには無理! なので、ポーチを外出時に身に付けるので、ポーチも持ち物です。

そして毎日、何かが消え? 何処かに行ってしまうので、日常的に探しているこの頃です。非常にムカつきますが、まあ“暇つぶし”でもあるわけです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年12月15日 (月)

私の世界・ムカツク話―「自民圧勝・・!」って言うけど、支持率は25%!?

ネットの日本経済新聞ニュースから、今回の選挙結果の話です。

マスコミ各紙は、“自民圧勝”を報道していて、議席数は下図のような結果、当然と言えば当然です。

Photo_2 

ただ、投票率は戦後最低52.66%なのです。

そして、自民党は得票率が48%の過半数以下であるのに、今回の衆院選で295ある小選挙区のうち76%にあたる223議席を確保してしまったのです。

酷いことに投票率を掛け合わせた有権者全体に占める得票割合は25%にしかならないのにです。

たった25%の支持で、憲法をも変えることが出来る3分の2以上の議席を与えたのです。それが今の日本、私たち有権者の認めている政治的現状であることを知るべきです。政治システムが基本的なところで間違っています。

その中で、沖縄では自民党は誰一人議席を得ることが出来ませんでした。いったい、彼らは反省するのやろか? と心配です。

私的立場を言うと、“政治力学的システム論”から、いつも反与党が原則、絶対投票に行き、棄権はしません。

『衆院選投票率、戦後最低の52.66% 総務省

2014/12/15 11:52 (2014/12/15 13:39更新)

 総務省が15日発表した衆院選の投票率は小選挙区が52.66%、比例代表で52.65%となり、いずれも戦後最低を記録した。これまでの最低は2012年の前回衆院選で、今回はそれぞれ6.66ポイント低い水準となった。

 都道府県別では東京都を除く46道府県で過去最低を更新した。さらに東京を含むすべての都道府県で12年の前回衆院選の水準を下回った。

 野党の選挙態勢づくりが遅れて安倍政権への批判票の受け皿が不明確だったほか、日本海側で雪が降るなど寒波に見舞われたのも響いたとみられる。

 菅義偉官房長官は15日午前の記者会見で、戦後最低の投票率について「残念だ。そうした中で(与党に)大きな支持をいただいた。謙虚で誠実にしっかりと対応していきたい」と述べた。

 総務省は15日、期日前投票の最終結果を訂正した。熊本県選挙管理委員会などからの訂正による。投票者数は13151962人で、12年の前回選に比べ9.2%増加した。有権者数に占める割合は12.6%。過去最多だった09年の13984085人(有権者の13.5%)に次いで多かった。

『自民、得票率48%で議席76% 得票数は微減

2014/12/15 13:30

自民党は今回の衆院選で、295ある小選挙区のうち76%にあたる223議席を確保した。得票率は48%。得票率に比べて議席獲得率が高くなる小選挙区の特性を生かした形だ。一方で総得票数は2012年の前回選に比べてわずかながら減少。有権者全体に占める得票割合は25%となり、投票率が過去最低に落ち込んだ影響を映し出している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年8月28日 (木)

私の世界・面白い話のネタ―ロシアの諭し? 「急がば回れ!・・」と“GRAD”の強面

ネットの“englishrussia.com”の「急がば回れ!?・・」:“More Haste Less Speed”からです。

ロシアのオムスクでの車事故で、踏み切りを渡るときスピードの出し過ぎで、横の車止めのアームが刺さったようで、それで、お題が「急がば回れ!?・・」:“More Haste Less Speed”です。

Photo_5 

ところが、車が「日産」なのです。

Photo_6 

つまり、日本の外交的対応? をやんわり揶揄したもののようです。ヤッさん(やす、キヨの)でなくとも、「怒るで、しかし・・」というものです。

そして、その一方で以下の記事を載せ、強面? というか、“脅し”をしているのです。

注)強面:こわい顔つきで他人をおびやかすこと。相手に対して強い態度に出ること。

When a Multiple Launch Rocket System Grad Hits The Target”と「複数のロケット発射システムの攻撃目標にされると!?・・」なんていう“題”です。

GRADの攻撃

Photo_7 

そのケット攻撃の演習場所? ですが、サハリンの西海岸の都市シャフチョルスクの近くのようで、余計に厭な感じです。

シャフチョルスク

Photo_8 

Photo_9 

何しろシャフチョルスクは、昔は“塔路町”だったのです。

ウクライナの問題以降、“englishrussia.com”はロシアの軍事的威力を見せ付ける記事が多くなったのですが、「吼える犬は弱い・・」と言います。

もしかして、小さくともウクライナの方が本当は強い!? と思ってしまうのです。

シャフチョルスク

サハリンの西海岸に位置する都市。ロシア連邦サハリン州に属する。日本統治時代(1905年~1945年)の塔路町にあたる。]シャフチョルスクは、サハリン西海岸のウグレゴルスク地区にある町である。ユジノサハリンスクから北北西へ376キロメートル(234マイル)、町の人口は、10,643人(2002年人口調査)。1905年以降の日本統治時代に生まれた町で、もともとは恵須取町(現在のウグレゴルスク)の一部であったが、1941年に分離し、「塔路町」が成立した。19458月、ソ連が、サハリン南部に対する支配を再び手にすると、サハリン州に属することとなった。1947年、現在の名称が命名された。ユジノサハリンスクとはサハリン航空で結ばれている。

塔路町

日本の領有下において樺太に存在した町。現在はロシア連邦がサハリン州シャフチョルスクとして実効支配している。恵須取町の一部であったが、炭鉱の町として急速に発展し、1941年に分離独立する。町となった当時の人口は30,270人で、樺太の市町村としては、豊原市、恵須取町に次ぐ規模であった。(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年7月14日 (月)

私の世界・知らない世界―気球の冒険旅行、資産家のチャールズ・ブランソンの島!?

チャールズ・ブランソンさん(くれぐれも、ブロンソンちゃいます)は私より少し若いのに、もの凄い資産家でヴァージン・グループの創設者・会長、彼は「飛行機による無着陸世界一周飛行や熱気球での太平洋や大西洋横断や世界一周飛行」をしているのです。

サー・リチャード・チャールズ・ニコラス・ブランソン(Sir Richard Charles Nicholas Branson, 1950年7月18日~)

イギリスの実業家。コングロマリット、ヴァージン・グループの創設者で会長を務める。・・

「近年は飛行機による無着陸世界一周飛行や熱気球での太平洋や大西洋横断や世界一周飛行、民間宇宙旅行など、空の冒険へ積極的に参画し、特に1991年に行われた気球での太平洋横断チャレンジの際は、自らが搭乗者として乗り込むなど、他の大企業の経営者には決して見られないアグレッシブさを持つ。・・・」(=ウィキペディア)

気球の冒険旅行

Nicholasbranson 

 彼に嫉妬? は、“おこがましい”のですが、彼が持っている島の紹介を可也躊躇っていました。(何しろ、見るほどにすばらしくて・・ムカツクのです。)

 生まれや、才能を羨んでも仕方ありません。“ふんぎり”がつき、やっと紹介で、彼の島のHPと、ヴァージンのHPです。

01 

 島はイギリスの、それもヴァージン諸島にあります。当然ですが、マップで詳細は見えなくしてあります。

Nicholasbranson01 

 以下は、島のHPから適当に選択・編集です。(HPの写真は沢山あります)

02 

03 

04 

 彼のやり方は、趣味と実益をうまくミックスしており、今度は宇宙旅行を商売に! と考えているようです。なお、自分の島をHPで詳細に紹介しているのも、今のうちに付加価値を付け、売るつもり? かも知れません。(余計なお世話ですが・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2014年4月15日 (火)

私の世界・知らない世界―スワジランド? のドラ息子国王のトンデモ!?

ネットで南アフリカに寄生虫のようにへばり付いているスワラジランドという国があることを知りました。

01_4 

ソブーザ2世という、「61年間近く即位し崩御するまで君主として世界最長不倒記録(1982年当時)保持者」のもの凄い? 国王が統治していた後、今はマコセティブ・ムスワティ3世(45歳)という国王です。

スワラジランド王国のHPより、国王親子

03_2 

(ウィキより)

3_2 

ソブーザ2世のお家がドラミニ家というのも変なのですが、何が凄いか? というと「100人を超す妻と、600人近い王子女がいた」のです。

当然、息子も真似をしていますが、たった13名の妻です。「たった・・」と思わず言いましたが、親父が凄過ぎなのです。

このドラミニ家のドラ息子国王は全権掌握をいいことに、「処女のみが参加を許されるリード・ダンスという国王のためのダンス儀式も行われ、毎年恒例となっている」を思いつくのです。

Lobamba”にあるリード・ダンス会場

01_5   

彼等の“Lobamba”にある宮殿は特定出来なかったのですが、近くにある競技場やショッピングセンターがマンジニの近くの飛行場やバスターミナルに比較すると余りに瀟洒で不釣合いな建物過ぎです。自分の家族連中のためにだけ、金を掛けているみたいです。

競技場

04_3 

ショッピングセンター

02_3 

飛行場

05_2 

バスターミナル? 近辺

06_2 

余り言いたくないのですが、スワラジランドのエイズは「1519歳の女性のHIV有病率は28%2529歳の女性では驚くべきことに56%にまで達していたことが知られている」ということです。ドラ息子が処女に拘るのはその為です。本当に、ムカツキます。

エイズ流行状況

スワジランドは世界で最もHIV/AIDSの蔓延した国家の1つで、1986年に国内で初の患者が見つかって以来長らく流行し続けており、同国の経済発展の足枷となっている。妊婦管理を目的とした定期健診からは、妊婦におけるHIV有病率は一貫して上昇し続けていることが明らかとなっており、1992年に4%であった妊婦のHIV有病率は、2004年の資料では実に42.6%となっている。また、1519歳の女性のHIV有病率は28%2529歳の女性では驚くべきことに56%にまで達していたことが知られている

ソブーザ2世(Sobhuza II, 1899722日~1982821

スワジランドの第7代国王。現国王ムスワティ3世の父。61年間近く即位し崩御するまで君主として世界最長不倒記録(1982年当時)保持者であった。政情不安なアフリカにあって長期間にわたり政権を維持し続けた有能な政治家であった。

6代国王ヌグワネ5世の王太子として生まれる。生後4ヶ月後に父王が崩御し、直ちに王位継承者として指名されたが、成人するまで祖母ラボツィベニ・ムドルリが摂政となり国政を看た。1921年に戴冠。1968年にスワジランドの独立を宣言した。1973年。イギリスの指導によって制定された憲法を停止し、国王親政に体制を戻した。これによりソブーザ2世とその側近が国政全般にわたり全権を掌握し、首相以下全閣僚を国王自身が指名することとなった。

100人を超す妻と、600人近い王子女がいた。ソブーザ2世が崩御すると王家の会議に後継者選定が託され、ゼリーウェ王妃及びヌトンビ王妃の摂政時代を経て1986425日にムスワティ3世が即位した。

マコセティブ・ムスワティ3世(Makhosetive Mswati III1968419日~)

スワジランドの第8代国王。本名はマコセティブ・ドラミニ(Makhosetive Dlamini)。父ソブーザ2世の死後、ゼリーウェ王妃及びヌトンビ王妃の摂政時代を経て1986425日に即位。正式に権力を掌握。アフリカ最後の絶対君主として君臨し、議会(立法権無し)を復活させながらも民主化運動を抑圧している。国民の1/3が貧困層であるという事実を軽視し、王室費だけでは飽き足らず、僅かな国家予算にまで手をつけて自家用のセスナ機やダイムラー製の高級車、マイバッハを購入したり、13名の妻のためにいくつもの宮殿を建設したりするなど、その散財癖が各国の非難を呼んでいる。

また、処女のみが参加を許されるリード・ダンスという国王のためのダンス儀式も行われ、毎年恒例となっている。2008年のリードダンスには実に7万人もの処女が参加した。参加した女性は、国王の14番目の妻に選ばれて宮殿を賜りたいなどと発言している。(=ウィキペディア)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

より以前の記事一覧